シングルマザーが実家はストレス!と感じたら、即やるべき4つの行動

この記事では、

実家暮らしって、ほんっとストレスがたまる!

と感じてしまったシングルマザーへ

そのストレスを和らげて、実家で穏やかに暮らすためには、下の4つの行動をすぐ実践した方がいいですよ。
 

  1. 親への感謝
  2. 家事ごとに役割を決める
  3. 稼ぐ意識を強くする
  4. 自立する準備

というお話をします。

実家暮らしのシングルマザーは、親からガミガミ言われて、どうしてもストレスが溜まりがちです。

しかし、そんな中でも上手く関係を築くポイントさえ分かれば、

  • 身体的な負担
  • 精神的な負担
  • 経済的な負担

この3つの負担を背負わずに、生活することができます。ぜひ、参考にしてみてください。
 

シングルマザーが実家はストレスと感じたら、するべき行動① 親への感謝

実家暮らしでストレスを感じてしまったシングルマザーが、まず実践すべきは「親への感謝」です。

いやいや、何をいまさら

と思うなかれ。

親は、本当はあなたが家を離れた後、やりたかったことがたくさんあったはずです。

なのに、それらを犠牲にして、子育て・家事・お金の支援をしてくれていることを忘れてはいけません。
 

シングルマザーの実家暮らしで、親が犠牲にしたこと

あなたが最初に家を出た後、本当は親がやりたかったことには、こんなことがあるでしょう。

  • 旅行
  • 趣味
  • 習い事の挑戦
  • 友達とのパーティー
  • 夫婦水入らずの時間 etc

これら老後の楽しみために、こつこつ貯めてきた貯金も、あなたや孫のために使ってくれているんです。

いろいろ口うるさく言われて、ストレスが溜まるのもわかりますが、そのことへの感謝の気持ちは、忘れずにいたいところです。
 

シングルマザーが実家で暮らすことのメリット

「実家はストレスだ」というシングルマザーは、実家で暮らせることのメリットを改めて認識することでも、親への感謝の気持ちを思い出して、優しくなれるはずです。

生活費が下がる

シングルマザーが実家で暮らすメリットは、何といっても「生活費が下がる」ことでしょう。

特に大きいのは、家賃がいらないことです。賃貸だったら、毎月3〜6万くらいを自分で払っていかないといけないですからね。

次は食費です。自分と子供だけの少量の食材を買うよりも、親と自分と子供、家族大勢の人数の食材を買ったほうが、当然食費は安く済みます

その他、水道光熱費・日用品にかかるお金もカットできます。スマホの通信費や、それ以外のサービスでも、「家族割」が適用されて、費用が安くなることだってあります。

もちろん、「親にお金を渡している」というシングルマザーも多くいますが、それでもトータルの出費はかなり抑えられるはずです。
 

子育ての負担が減る

シングルマザーにとっては「子育てをしてくれる存在が自分以外にいる」というのも、実家暮らしのメリットです。

自分が

  • 疲れたとき
  • 仕事が忙しいとき
  • 眠いとき
  • 少し出かけたいとき
  • 風邪をひいたとき

賃貸暮らしなら、こんなときでも自分で子供の面倒を見ないといけないですが、実家なら親にお願いできます。
 

家事の負担が減る

賃貸で暮らしているシングルマザーは、仕事と育児に疲れすぎて、家事を丁寧にする余裕なんてなかったりします。

それが実家だったら、親が美味しい料理を作ってくれたり、ホコリがたまる前に部屋の掃除だってしてくれます。

もちろん、子供の面倒を親に見てもらっていれば、逆にあなたが家事を、しかも丁寧にする余裕だってあるでしょう。
 

大人の話し相手がいる

実は、シングルマザーの実家暮らしの最大のメリットは、「大人の話し相手がいる」なのではないでしょうか。

シングルマザーの中には、

私が、仕事と育児を両立させないと!

と、1人で孤独に頑張りすぎてしまい、結果的に身体的にも精神的にもボロボロになってしまう、という方が少なからずいます。

そんな孤独を抱えやすいシングルマザーにとって、気軽に相談できる相手がいるということが、どれほど心強いことか。

それが、自分のことをよくわかっていて、一番に心配してくれる親なら、安心できる気持ちもより一層ではないでしょうか。
 

これら、シングルマザーの実家暮らしの恩恵は、親が認めてくれたおかげで、あなたは受け取ることができています。

それを今一度理解することができれば、たとえストレスを感じたとしても

そうはいっても、親がいてくれてるから、今ちゃんと暮らせているんだよね

と思えるはず。

そうすれば、あなたの親への態度も少し優しいものとなり、それを見て親にも、

また、応援してあげないと

と思ってもらえるはずです。
 

シングルマザーが実家はストレスと感じたら、するべき行動② 家事ごとに役割決め

次に、シングルマザーが実家で、これ以上ストレスを溜めないためにすべきことは「家事ごとに役割を決める」ことです。

家事は、気づいた方がやる」というルールにしている家族もいますが、これだと

  1. 両方とも疲れている or やる気が出ない
         ↓
  2. 「いつも私の方がしてるじゃん!」と口論になりやすい

ので、オススメしません。

一番良いのは、細かく家事の内容によって、役割を決めることです。

【例】家事の役割の決め方

洗濯機を回して干す:親
洗濯物を取って畳む:あなた

   ホコリの掃除:親
   水回りの掃除:あなた

       料理:親
      皿洗い:あなた

こんな感じの分担制にしておくと、お互いに「自分たちで決めた役割だから」と少しやる気がないときでも、責任感が生まれて頑張ることができます

そうすれば、家事で口論になることも少なくなるでしょう。
 

シングルマザーが実家はストレスと感じたら、するべき行動③ 稼ぐ意識を強くする

実家ぐらしのシングルマザーが、親からガミガミ言われてストレスを感じないようにするためには「稼ぐ意識」も大切です。

急に精神論っぽいですが、親があなたや孫に出してくれているお金は、もしかしたら、本当は老後の楽しみのために貯めていた貯金だったのかもしれないのです。

それなのに、あなたが頑張って稼ごうとせずにダラダラしてたら、そりゃ親だってストレスを感じます

なので、しっかり稼いで、できれば月収のいくらかは親にお金を入れてあげたいところです。

また、「収入UPを目指してスキル習得のために勉強する」といったことも、とても大切です。

それは、単に生活が楽になるというだけでなく、あなたが頑張っている姿を見て、親も喜んで応援しようと思えるからです。
 

シングルマザーが実家はストレスと感じたら、するべき行動④ 自立の準備

実家暮らしのシングルマザーに対して、親が心配なのは

この子、いつかはまたちゃんと自立できるのかな?
まさか、ずっと家に居続けるつもりじゃないでしょうね?

ということです。

孫疲れ」という言葉もあるくらい、親だって、あなたと孫の面倒を見て、疲労とストレスは絶対に感じています。何より、この先あなたが自立して生きていけるのか、心配しています。

今は何も言われてなくても、ゆくゆく

あなた、この先はどうするつもりなの?

と、小言のように言われることになっていきます。そうなれば、あなたもイライラを覚えるはず。

そうなる前に、「どうすれば実家を出て、自立して暮らしていけるのか」考えておいて、その準備だけは今のうちからしておきたいところです。

とはいえ、

1人で家賃や生活費を、稼いでいけるのか不安。。

というシングルマザーも、きっと多いはず。

そこで、2つの自立の方法をオススメします。
 

シングルマザー向け支援制度の活用

シングルマザーがもらえる手当・支援制度で、有名なのは

  • 児童手当
  • 児童扶養手当

ですが、この2つ以外にも、国や自治体が用意している支援制度は、もっとたくさんあることをご存知でしょうか?

その中には、きっと

え、そんな手足もらえるんだ!

え、その料金が無料になるの?!

というような、驚きもあると思います。

それらを活用できれば、シングルマザーが実家を出て暮らすときに大きな助けになるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。
 

シンママ向け支援制度① 住宅手当

シングルマザーが実家を出ようと思ったら、絶対知っておくべきなの「住宅手当」です。

自治体が決めた条件に該当すれば、おおよそ5,000〜15,000円を家賃の援助として、受け取ることができます。 ※制度がない自治体もあります

この住宅手当、もらえる金額も大きいのに、「制度を知らない」というシングルマザーは7割もいるそうです。参考:アットホーム調査

「私も知らなかった」というシングルマザーがいたら、下の記事に詳細をまとめているので、ぜひご覧ください。
≫ シングルマザーの家賃目安と、7割も知らない住宅手当・助成について

  

シンママ向け支援制度② 資格取得にかかる費用の手当

シングルマザーが実家を出ようと思ったら、

資格をとって、もっと稼げる仕事に就きたいな

と思う人もいるはず。

そんなシングルマザーは、資格を取るための学費・生活費の支援制度があることも、知っておきましょう。

条件はありますが、学校へ通う2〜4年間でざっと300〜500万も、しかも無償で受け取ることができます。ものすごい金額ですよね。

看護師・保育士・栄養士などを目指したいのであれば、絶対に一度は確認しておいた方がいいです。こちらも詳しくは下記の記事にまとめているので、ぜひご覧ください。
≫ 【シングルマザー向け】資格を取るなら絶対知るべき、学費の支援制度

 

生活費の手当

シングルマザーへの手当・支援制度は、他にもこんなものがあります。

手当 内容
ひとり親の医療費控除 家族の通院費・薬代が減額
子供の医療費控除 子供の通院費・薬代が減額
寡婦控除 所得税が安くなる
児童育成手当(東京都のみ) 子供1人につき、月々13,500円
電車・バス代の割引 無料の場合も
水道料金の割引 無料の場合も

これらについても、詳細を下の記事にまとめているので、ぜひご覧ください。
≫ 【有益】シングルマザーがお金がない時に助かる15の手当・支援制度【確実に生活が楽になる】

  

再婚

実家暮らしのシングルマザーが自立する方法として、「再婚」も一つの選択肢です。

とはいえ、これは相手がいないと始まらない話なので、実家にいる間に再婚活が必要になってきます。

ただ、実家暮らしのシングルマザーが再婚活をする場合

異性との出会いを理由に、親に子供を何回も預けるのは気が引ける。。

ということもあるかと思います。

なので、大切なのは「いかに少ない出会いで、再婚相手を見つけるか」です。

そこで、筆者からは、マッチングアプリでの婚活を一番にオススメします。理由はこちら。

  • 忙しくても、隙間時間に相手を探せる
  • 出会える相手の候補が、とても多い
  • 女性は無料で出会える
  • 相手のプロフィールが、事前にわかる

しかし、こう言うと

けど、アプリって、ヤリモクとか既婚者が多いイメージ。。

という意見が出てきます。

ただ、断言します。それは「マッチングアプリ選びを間違えているから」です。

ペアーズ(pairs)・Omiai・with(ウィズ)・タップル誕生(tapple)など、会員の多さ・有名度だけで、マッチングアプリを選んでいませんか?

実は、あなたのようなシングルマザーとの出会いを、真剣に希望してくれる男性が多いアプリは、別でちゃんとあるんです。

そのマッチングアプリについては、下の記事をぜひご覧ください。
≫ シンママが再婚するならマッチングアプリを勧める3つの理由【シンママに合ったアプリも紹介】

 

まとめ

シングルマザーが実家暮らしで、ストレスを感じてしまったら

  • 実家のメリットを再確認し、感謝の気持ちを思い出す
  • 家事はモメないように、役割を決める
  • 親に負担軽減のために、稼ぐ
  • 自立の準備もする(手当の活用・再婚活)

この中でも、やっぱり一番大切なのは「親への感謝の気持ち」を忘れないことです。

子育てのことで、いろいろガミガミ言われて「イラッ」とくることもあるとは思いますが、それを補って余りあるだけの援助を、親はしてくれています

それでも「ストレスを感じる!」という場合は、実家を出る準備をいち早く進めましょう。その際はぜひ、紹介したシングルマザー向けの手当や、マッチングアプリを活用してみてください。

この記事が、一人でも多くの、実家暮らしでストレスを抱えているシングルマザーに、お役立ちできれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました