【注意】シングルマザーが強く生きるために捨てるべき、3つの考え方

シングルマザーとして強く生きるには、どうしたらいいの?

という方へ、「今すぐ捨てたほうがいい3つの考え方」をお話します。

具体的にはこちら。

  1. 「強い」=「孤独感に耐えて頑張ること」
  2. 児童扶養手当を多くもらうために、収入は上げないほうがいい
  3. 子供は元夫なんかに会わせず、私一人で育てる

これらの考え方を捨てるだけで、シングルマザーの生活はグッと楽になります。

それによって心身ともに健康になれて、結果「シングルマザーが強く生きること」へと繫がっていきます。

逆に、これらの考え方を捨てきれないと状況が好転しなかったり、本当の意味での幸せを感じにくいので、要注意です。
 
 

シングルマザーが強く生きるために捨てるべき考え方

①「強い」=「孤独感に耐えて頑張ること」

まず、シングルマザーが強く生きるために捨てるべきなのが、「強く生きる」=「孤独感を感じても、一人で耐えて頑張ること」という考え方です。

なぜなら、孤独感は人間にとって、とても有害だからです。「百害あって一利なし」レベルで有害です

いやいや、タバコと一緒かよ

と思ったシングルマザーの方、そのとおりです。

アメリカの研究によると、なんと「孤独の健康被害」は、「タバコを毎日15本吸い続けること」と同じだそうです。

あなたはタバコの煙が自分に向かってきたら、その場で耐えようとしますか?

しないですよね。

それと同じで、シングルマザーが健康な状態で強く生きるためには、孤独感を回避することが大切です。

ただ、とはいえ

  • 親は「人に頼らず、強く生きろ」と言うので、頼れない
  • 友達とは忙しくて会えない
  • シングルマザーの悩みを理解してくれる人が周りにいない

と感じている人も多いですね。

そこで、そんなシングルマザーにぜひしてみてほしい行動を2つお話します。
  

(1)シングルマザーの支援団体の交流会に参加する

周りに気軽に悩みを話せる人がいない場合、ベストな解決策が「シングルマザーの支援団体の交流会に参加すること」である理由は下記のとおり。

  • 同じ悩みを持つ人と出会うことで「自分は一人じゃないんだ」と感じれるから
  • シンママの悩みは、シンママが一番理解できるから
  • スタッフもシンママ経験者が多く、強く生きるための適切なアドバイスを受けれるから

悩みを共有できるシングルマザーの仲間が確実に見つかるのが、一番のオススメポイント。

また、信頼できる人間関係はあなたの心の支えとなってくれるので、シングルマザーが強く生きるためには必要不可欠です

今ではオンラインでも実施されていたり、参加も無料の場合があったりするので、ぜひ検討してみてください。

≫ 参考:【まとめ】シングルマザーの支援団体10選【活動内容・場所・料金など】
   

(2)たまには育児・家事を他人に預け、友達と会う

シングルマザーになってからは忙しすぎて、友達と疎遠になってしまった。。

という方は、たまには育児・家事をほかの人に預けて、友達に会いに行ってみてはいかがでしょうか。

え、それって周りから「育児放棄」に思われないかな。。

と心配するシングルマザーもいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

「休むことも、立派な育児」です。

なぜなら、あなたが友達と談笑することでリフレッシュでき、結果的に笑顔が増えることになれば、それは子供にも確実に良い影響があるからです。

なので、

「育児・家事をほかの人に預けること」=「良い子育てを行うための手段」

として考えてみてください。

そして、それは「シングルマザーが強く生きる」ということへも繫がっていくはずです。

ベビーシッター

 

②児童扶養手当を多くもらうために、収入は上げないほうがいい

次にシングルマザーが強く生きるために捨てるべきなのが、「児童扶養手当のために、収入を上げないでおこう」という考え方です。

よくシングルマザーで、

児童扶養手当には所得制限があるから、収入は上げないようにして、できるだけ多く受給しよう

と考える方がいますが、正直これは良くありません。

理由は下記の3つ。

  • どれだけ児童扶養手当が下がっても、収入を上げたほうが合計収入は多くなるから
  • 子供が18歳を超えると手当は終了するので、そのあとの生活に困ってしまうから
  • 手当終了後に「いざ収入UPのために転職しよう」と思っても難しいから

まず「どれだけ児童扶養手当が下がっても、収入を上げたほうが残るお金は多くなるから」については、シミュレーションをもとに解説します。

例として、こんなシングルマザーがいるとします。

5歳の息子がいて、2人暮らしをしています。寡婦控除は35万です。

この方が、下記の年収・養育費だった場合、児童扶養手当も含めて「年間の合計収入はいくらになるか?」をざっくり計算したのが、その次の表です。

  • ケース①:年収360万・養育費(月2万)
  • ケース②:年収300万・養育費(月3万)
  • ケース③:年収240万・養育費(月4万)
  • ケース④:年収180万・養育費(月5万)

※あくまで、概算であることをご了承ください

参考:ジョイナス.ナゴヤ 児童扶養手当試算

このように、収入を減らして児童扶養手当を多くもらうより、収入UPを実現したほうが、最終的に手にできるお金の合計は多くなるんです。

ただ、

けど、働かずにお金もらえるんだから、いいじゃん

と思うシングルマザーの方もいるかもしれません。

しかし、その考え方が危険である理由が「児童扶養手当には終わりがあるから」ということ。

基本的に、児童扶養手当の給付は「子供が18歳になった3/31まで」です。つまり、そこからの自分の生活費は自分で稼いでいかないといけません。

なので、もしあなたがそれまでに「収入UP」に取り組んでいなければ、そのあとの生活に困ってしまいますし、給付が終了したタイミングで

よし、収入UPのために転職しよう

と思っても、スキル・年齢の面で現実的には難しいことが多いです。

なので、今の段階から少しでも

  • 収入UPにつながるスキルを身につけるために、少しづつ勉強をしよう
  • 給料の良い会社に働けるよう、転職にチャレンジしよう

と考えるほうが、あなたが目指す「強く生きるシングルマザー」へと近づくことができます。

また、そのときに

けど、私が収入UPなんてできるのか不安。。

と感じる方は、下記のような「シングルマザー向けの就業サポート」もあるので、ぜひチェックしてみてください。

③子供は元夫なんかに会わせず、私一人で育てる

シンママの中には、

子供は私が一人で育てる!元夫なんか頼らない!だから、子供も会わせない

と考える方がいますが、「シングルマザーが本当の意味で強く生きる」ためには、この考え方も捨てるべきです。

こう聞くと、

あの人は他の女と浮気して家族を裏切ったんだから、子供に会う資格なんてないのよ!

というシングルマザーもいるかと思います。

しかし、それでも「子供と元夫が会う時間は作ったほうがいい」という理由が2つあります。

  • 子供が元夫に嫌なイメージを持ってない限り、会わせずにいると、子供の成長には確実に悪影響があるから
  • あなたの幸せの基準が、元夫基準になってしまっているから

まず、「子供が元夫に会うのを嫌がっている」「危害が及ぶ可能性がある」という場合を除いては、面会交流は行ったほうがいいです。

なぜなら、面会交流には、子供の成長にとって以下のメリットがあるからです。

  • 父親からも愛情を感じることで自信がつき、他人を尊重する気持ちが育つ
  • 母親と父親の価値観を見比べることで、自分だけの価値観を磨くことができる
  • 喪失感・虚無感を感じることなく、安定した心理状態を保てる

逆に父親と会う機会が少ないと、子供は孤独感・無力感・怒りを感じやすくなることが、アメリカの研究でも報告されています。

子供にそんなネガティブな気持ちは、抱いてほしくないですよね。

さらに「元夫なんか子供に会う資格はない」と考えてしまうのは、あなたの幸せにとっても良いことではありません。

なぜなら、その考え方だと

  • あなたの幸せ :夫が子供と会えず、寂しい思いをすること
  • あなたの不幸せ:夫が子供と会って、会話を楽しむこと

と、他人が幸せかどうかが、あなたが幸せかどうかの基準になってしまっているからです。

「元夫の状況があなたの幸せに影響する」って考えたら、なんか嫌ですよね。なので、そういった考え方は今すぐ捨てましょう。

ただ、もし

それでも、元夫が子供に会うのはムカつく。。

と感じてしまったら、あなたが「人生で一番達成したいこと」に目を向けてみてください

あなたが、人生で一番達成したいことは何でしょうか?

おそらく多くのシングルマザーにとって、それは

子供が幸せでいて、その姿を見てあなたも幸せを感じること

ではないでしょうか。

そうすると、

「子供が幸せでいるには、元夫との交流が必要」

         

「面会交流は、あなたが人生で一番達成したいことのための手段」

とも考えることができます

あなたが、本当の意味でシングルマザーとして強く生きるためにも、ぜひ面会交流を前向きに検討してみてください。
  

シングルマザーが強く生きるには、素敵なパートナー作りもオススメ

以上、シングルマザーが強く生きるために捨てるべき3つの考え方について、解説してきました。

これらの考え方を手放すことで、心身ともに健康 & 活き活きとしたシングルマザーに必ずなれるので、ぜひ実行に移してみてください。

また、シングルマザーが強く生きるには、素敵なパートナー作りもオススメです。

なぜなら、そういった男性がそばにいてくれたら

  • 辛いことがあっても、心の支えができる
  • 悩みを気軽に相談できる相手がいて、安心できる
  • 良い恋愛によって笑顔が増えれば、子供にも良い影響がある

とメリット大だからです。

ただ、とはいえ

出会いなんて、全然ないよ。。

というシングルマザーの方も多いですよね。

そこで、そんなシングルマザーにこそ、マッチングアプリでの出会いをオススメします。

シングルマザーにマッチングアプリが良い理由は、下記の3つ。

  • 家事・育児のすきま時間で出会える
  • 女性無料のアプリも多い
  • シングルマザー向けマッチングアプリなら、「シンママOK」という男性が見つかる

詳しくは「シングルマザーの出会いこそマッチングアプリ【オススメあり】」にてご紹介しているので、よければこちらぜひ。

タイトルとURLをコピーしました