【シングルマザー向け】資格を取るなら絶対知るべき、学費の支援制度【え、こんなに無償でもらえるの?】

この記事では、

パートの仕事では生活が苦しいので、資格を取りたい

子供を大学に行かせるために、看護師の資格を取りたい

といったシングルマザーへ

資格を取るための学費や、通学している間の生活費を負担してくれる、国の支援制度がありますよ。しかも、返金必要なし

というお話をします。
  

この記事を読むメリット

・経済的な支援をもらいながら、資格を取れる
・生活が楽になる

  

シングルマザーの資格取得の支援制度は3つ

国が、シングルマザーの資格取得を支援してくれる制度は、主に3種類あります。

  1. 自立支援教育訓練給付金
    →受講料の60%を負担してくれる
     
  2. 高等職業訓練促進給付金
    →生活費の援助(月額7〜14万)
     
  3. 高等職業訓練促進資金貸付事業
    →入学準備金(上限50万)・就職準備金(上限20万)の貸付。その後、その地域で5年勤務で返済不要に

順番に解説します。

 

①自立支援教育訓練給付金(受講料)

資格の取得を目指すシングルマザーが、指定された講座を受けると、その入学金・受講料を支給してくれる制度です。返済の必要はありません。

資格を受けたいけど、受講料を払うお金がない。。

という、シングルマザーは必見の支援制度です。

 

■ 支給金額
入学金・受講料の60%
※支給額が12,000円未満の場合、支給なし

■ 支給金額の上限
・一般 or 特定一般の指定講座
20万円まで

・専門実績の指定講座
80万円まで(修業年数×20万円)

■ 対象者
・シングルマザー・シングルファザーで、20歳未満の子供を扶養している
・児童扶養手当を受けている、または同等の所得である
・これまでの就業経験・技能・資格の取得状況や、労働状況などから判断して、受ける講座がその人の適職に就くために必要だと判断される場合

■ 指定の講座
国から指定された講座は、こちらのサイトから検索できます。
厚生労働省 教育訓練給付制度 検索システム

主に取り扱っている資格のジャンルは、下のとおり。

・介護福祉 ・社会福祉
・看護   ・准看護
・美容   ・歯科衛生士
・保育   ・調理師
・栄養士

などなど、他にもたくさんあります。

■ 利用者の声

専門実践教育訓練 利用者の声 ~平成26年10月に拡充された教育訓練給付制度の指定講座について~

■ 利用の手続き
市区町村の子ども課、もしくは福祉課で、必要書類を提出します。必要書類は、住んでいる市区町村によって違うので、個別に確認してみてください。

※注意
必ず、講座を受ける前に、市区町村の窓口に行ってください

事前に審査があるので、先に受講してしまうと給付金がもらえなくなります。

給付金がもらえる時期
指定講座を修了した後
になります。なので、頭金はシングルマザーが自分で用意しないといけません。

なので、

いやいや、頭金を用意する貯金なんてないよ。。

というシングルマザーは、後ほど紹介する

③ 高等職業訓練促進資金貸付事業

の利用も、検討してみてください。

 

②高等職業訓練促進給付金(生活費)

資格を取るために、1年以上学校に通う場合、シングルマザーの生活費を支援してくれる制度です。

月7万円〜と、支給される金額がかなり大きく、返済も必要ありません

資格を勉強している間、生活費を稼ぐ時間がない。。

というシングルマザーは、絶対チェックです。

 

■ 支給金額
市民税 非課税の世帯:月額100,000円
市民税  課税の世帯:月額 70,500円

(修学期間の最後の1年)
市民税 非課税の世帯:月額140,000円
市民税  課税の世帯:月額110,500円

(資格修了後)
市民税 非課税の世帯:50,000円
市民税  課税の世帯:25,000円

※市民税 非課税の世帯の目安:年収100万円以下の世帯

なんと、資格学校に通うだけで、月7万円〜も給付されます

さらに、最後の1年間は月々4万円プラスに

さらにさらに、資格を修了したときのお祝い金までも

ただし、全員が受けれるというわけではなく、対象となる人には限りがあります。

■ 対象者
・自立支援教育訓練給付金の対象に該当する
・仕事(育児)と修学の両立が、困難であると判断される

■ 対象の資格
・看護士   ・准看護師
・介護福祉士 ・保育士
・理学療法士 ・保健師
・助産師   ・美容師
・栄養士   ・調理師 など

■ 利用の手続き
市区町村の子ども課、もしくは福祉課で、必要書類を提出します。必要書類は、住んでいる市区町村によって違うので、個別に確認してみてください。

※注意
必ず、修学する学校を決める前に、市区町村の窓口に行ってください

事前に審査があるので、先に学校を決めてしまうと給付金がもらえなくなります。

■ 給付金がもらえる時期
修学期間中、もしくは申請した翌月から

 

③高等職業訓練促進資金貸付事業(頭金)

先ほどの高等職業訓練促進給付金を受けるシングルマザーで、

資格を取りに学校へ通いたいけど、入学金を用意するお金がない。。

という方は、頭金を借りることができます。それが「高等職業訓練促進資金貸付事業」です。

■ 貸付金額
入学準備金:上限50万円
就職準備金:上限20万円

え?貸付ってことは、後で返さないといけないの?
それはちょっと。。

と思ったシングルマザーの方。

実はこの支援制度、下の2つの条件を満たすと返済が不要になるんです。

返済不要になる条件
  1. 卒業後1年以内に、資格を活かしてその地域で就職
  2. 資格を活かして、その地域で5年間仕事を継続

5年って長いような気もしますが、

この地域でずっと暮らしていきたい

と考えているシングルマザーなら、全然アリではないでしょうか。

ずっとその地域で暮らしていくのであれば、「70万円を無償でもらえる」ということですからね。超お得な制度です。

 

シングルマザーの資格取得の費用を、支援でどれだけまかなえるか

以上3つのシングルマザーへの支援制度を全て利用した場合、それぞれの資格取得にかかる費用を、どれだけまかなえるのでしょうか? 検証してみます。
※あくまで目安として、計算しています。

シングルマザーの状況
  • 児童扶養手当を受けている
  • 3つの支援制度を利用
    (高等職業訓練促進給付金は、市民税 課税世帯として利用)

 

■ 看護師を目指す場合
公立専門学校(3年)に通う
→費用:相場100万〜200万円

▪支援制度でまかなえる金額
入学金・受講料:110万円(60万+50万)
    生活費:386万円
     合計:496万円

 

■ 保育士を目指す場合
指定校の専門学校(2年)
に通う
→費用:相場200万〜300万円

▪︎支援制度でまかなえる金額
入学金・受講料: 90万円(40万+50万)
    生活費:301万円
     合計:391万円

 

■ 栄養士を目指す場合
専門学校(2年)
に通う
→費用:相場200万〜300万円

▪︎支援制度でまかなえる金額
入学金・受講料: 90万円(40万+50万)
    生活費:301万円
     合計:391万円

 

どうでしょうか?

大雑把に計算してはいますが、高等職業訓練促進給付金でもらえる生活費も含めれば、シングルマザーは「持ち出しなし」で資格を取得できそうですよね。

この3つの支援制度が、いかに資格を取りたいシングルマザーに有益な制度であるかが分かると思います。

 

シングルマザーが、資格以外で生活を楽にする方法

こういったシングルマザーへの支援制度を利用することも、資格を取るときの経済的負担を減らすには有効です。ただ、それでも貯金や生活費を切り崩さないといけなかったりはします。

そこで、筆者からはマッチングアプリでのパートナー探しも、資格取得と同時並行ですることをオススメします。

経済的に頼れるパートナーがいれば、学費は無理かもですが、食事代などを負担してもらうなど、資格取得中の生活費を少しでも楽にできるかもしれません。

また、なぜシングルマザーのパートナー探しにマッチングアプリをオススメするかというと、理由は2つです。

マッチングアプリが良い理由
  • 忙しくても、隙間時間で利用できる
  • 女性は無料で出会える

 

そして、こう言うと

  • 過去にアプリで、ヤリモクに会った
  • 以前使ってたけど、マッチングできなかった

というシングルマザーもいるかと思います。

しかし、それらはこういったマッチングアプリではなかったでしょうか?

  • 20代向け
  • 恋活

こういったマッチングアプリは、シングルマザーにはオススメしません。初婚のライバルが多く、子持ちに対する理解者が少ないからです。

逆に、シングルマザーにオススメできるマッチングアプリは、下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

 

まとめ

  • 資格を取りたいシングルマザーは、3つの支援制度で約300〜500万円を援助してもらえるかも(一部条件あり)
  • 資格を取りながら、マッチングアプリでパートナーを見つけることも経済的にも◎

シングルマザーの方は、ぜひこの記事を参考に、支援制度を利用しながら資格を取ることを、検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました