【有益】シングルマザーが実家を出たい時に頼りになる3つの支援制度

もう実家を出たい!
けど、生活していけるか心配。。

というシングルマザーの方は、賃貸で暮らしていくなら、下記の3つの支援制度を利用してみましょう。

  • 住宅手当
  • 就業支援(資格取得)
  • 水道料金の減額

この3つを活用するだけでも、生活費がグッと楽になります。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読むメリット
  • 実家を出た後でも、生活が楽になる
  • 親からのストレスなしに生活できる

   

「実家を出たい」シングルマザーは3割以上

実家を出たいんだけど、それってワガママなことの?

と悩んでいるシングルマザーもいるでしょう。

しかし、アットホームが187名の「親と同居しているシングルマザー 」へ行った調査によると

親と別居をしたいと思っていますか?

     はい:35.3%
どちらでもない:23.5%
    いいえ:41.2%

アットホーム アンケート調査

3割以上が「実家を出たい」と思っていることがわかりました

実家を出たい理由としては、

親の子育てへの口出しが多くて、我慢の限界。。

子供を預けて出かけようとすると、めちゃくちゃ非難される。。

と「価値観の違いによる衝突」が多いようです。

なので、「実家を出たい」という気持ち自体を恥じる必要はありません。逆にあなたがストレスを感じて暗い顔をしていたら、子供にも良くありません

なので、「実家を出たい」という気持ちを「新しい生活へのポジティブな気持ち」として考えるようにしましょう。

その手助けとなる情報を次章にてお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。
  

シングルマザーが実家を出た後、住むべき理想の家賃

シングルマザーが「実家を出たい」と思ったら、まず考えるべきは「家賃」のこと。いったい、どれくらいの家賃の物件に住むべきなのでしょうか。

結論、目安は家賃3万3千円です

理由はこちら。

  • 適正な家賃は、月収の25%
    ※参考:ライフルホームズ
        ↓
  • シングルマザーの就労による平均年収は200万円。月収では16万6千円
    ※参考:厚生労働省の調査
        ↓
  • 月収16万6千円 × 25% =3万3千円

これはもちろん、あなたの就労年収が200万円以上であればあるほど、住める家賃の目安も上がっていきます。

しかし、もしあなたの就労年収が200万くらいで

えー、3万3千円の物件にしか住めないの?

もっと高い家賃の部屋に住みたい。。

と思ったら、次にご紹介する「シングルマザー向け支援制度」について、ぜひ読み進めてみてください。
   

シングルマザーが実家を出た後、生活を助けてくれる支援制度

実家を出たいけど、生活していけるのか心配。。

というシングルマザーを助けてくれるのが、自治体の「母子家庭向け支援制度」です。

あなたも、「児童手当」「児童扶養手当」は知っているかもしれません。しかし、この2つ以外にも、シングルマザーの生活費を支えてくれる支援制度はたくさんあります。
  

①住宅手当

まず、実家を出たいシングルマザーが、今すぐ自治体に確認すべき支援制度が「住宅手当」です。※自治体によっては「家賃助成」という名称だったりもします。

この住宅手当は文字どおり、家賃のうち一定額を自治体に負担してもらえる制度です

ただ、自治体によっては制度がない場合もあります。また、負担してもらえる金額・条件なども自治体によって違うのですが、ここでは主なものをご紹介します。

▪負担してもらえる金額

東京都金額備考
千代田区上限50,000円最大5年間
新宿区上限30,000円最大5年間
文京区上限20,000円最大2年間
目黒区上限20,000円最大3年間
豊島区上限15,000円4年目から半分
国立市上限10,000円
武蔵野市上限10,000円
東村山市上限 5,000円
東久留米市上限 3,500円
他エリア金額備考
横浜市上限40,000円最大6年間
名古屋市上限 家賃の半分
浦安市上限15,000円
神戸市上限15,000円最大6年間
厚木市上限10,000円
富山市上限10,000円最大6年間

全国的な相場は、5,000〜15,000円というところが多いようです。

もし、先ほどお伝えした理想の家賃「33,000円」を目安にして、そこから住宅手当を「10,000円」受け取れるとなると、

  • 理想の家賃:33,000円
            +
  •  住宅手当:10,000円
                ‖
  • 住める家賃:43,000円

となります。これは大きいですよね。

▪負担してもらえる条件
この住宅手当ですが、「シングルマザーなら誰でも受け取れる」というわけではありません。

基本的には、シングルマザーの中でも所得が低くて生活が苦しい方が対象となっています。

自治体によって、

これ以上所得がある人は、手当は払えませんよ

という限度額が決まっています。子供の人数が多くなると、この限度額も大きくなります

なので、実家を出たいシングルマザーの方は、住もうと思っている地域の自治体に

  • 住宅手当はあるか
  • 所得制限はいくらか

を確認してみてください。聞くだけならタダなのでぜひ。
≫ 参考:シングルマザーの家賃目安と、7割も知らない住宅手当・助成について
   

②就業支援

実家を出たいシングルマザーの中には、

資格を取って、もっと稼ぎを良くしたい!

という方もいるでしょう。

そんなシングルマザーにオススメな支援制度が「就業支援」です。資格に必要な学費・生活費を、負担してもらえます

就業支援には3つの種類があり、内容はそれぞれ下記のとおり。

①自立支援教育訓練給付金

  • 国が指定している講座を受けると、入学金・受講料の60%を負担してもらえる(年間最大20万円まで)
  • 給付の受け取りは、講座修了後
      

②高等職業訓練促進給付金

  • 修学中の生活費を負担してもらえる
    就学中   :月額 70,500〜100,000円
    最後の1年:月額110,500〜140,000円
  • 修学修了後に就学準備金を受け取れる(25,000〜50,000円)
  •    

③高等職業訓練促進資金貸付事業

  • 入学する準備金の貸付(最大50万)
  • 就職する準備金の貸付(最大20万)
  • 資格を使ってその地域で5年間働くと、返済が不要に

取りたい資格にもよりますが、専門学校へ2年通う場合、最大で約400万円を受け取ることができます。実家を出たあと、収入UPを目指したいシングルマザーにとっては大きな助けとなるはず。

さらに、先ほどの住宅手当とは違い、どの自治体にも制度があって利用することができます

ただ、支援を受けれる条件・注意事項もあるので、詳しくは下の記事をぜひご覧ください。
≫【シングルマザー向け】資格を取るなら絶対知るべき、学費の支援制度
   

③水道料金の減額

シングルマザーが実家を出たいなら、水道料金の減免制度はぜひおさえておきたいところです。

ひとり親家庭であれば、一定の水道使用量までは料金が無料になる制度で、節約すれば「水道料金がタダ!」なんてことも可能です。

東京都だと、児童扶養手当を受けていれば、1ヶ月18㎥まで無料で使用することができます。

18㎥ってイメージしにくいですが、平均的な水道使用量は下記のとおり。

平均 水道資料量

頑張ったらいけそうですよね。

ただし、

  • 制度があるかどうか
  • 受給の条件
  • 無料となる水道使用量

は水道局によって違うので、一度問い合わせてみましょう。もし制度がある場合は、そのまま水道局に申し込めばOKです。

実家を出て暮らしていくシングルマザーにとって、毎月数千円の水道料金の支払いがなくなるだけでも、確実に生活は楽になります
 

そのほかの支援制度

ご紹介した3つ以外にも、「実家を出たい」シングルマザーに役立つ支援制度はまだまだあります。

例えばこちら。

  • 児童育成手当 (東京都のみ)
  • 子供の医療費の助成
  • 電車・バス代の割引
  • 粗大ごみの割引 etc

詳しくは下記にまとめているので、よければぜひご覧ください。
≫【有益】シングルマザーがお金がない時に助かる15の手当・支援制度
   

まとめ

実家を出たあと、工夫して生活費を下げながら

親の監視から離れることができて、今は子供と一緒に楽しく暮らせてます!

というシングルマザーも多くいます。そしてそれは、必ずあなたもできることです

その際の「生活費を下げる工夫」として、ご紹介した支援制度をぜひ活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました