【解決法】子連れ再婚に反対する親を、納得させるための4ステップ

子連れ再婚を親から反対されたら、どうすればいいの?

と悩んでいる方へ、親に納得してもらうために必要な、下記の4ステップについて解説します。

  1. 反対の理由を聞いて、明確にする
  2. 理由への対策を、2人で説明しに行く
  3. 対策を行っていることを、LINEで報告
  4. 3者で会う機会を、何度も作る

この4ステップがしっかりできれば、「100%納得させれる」とまでは言いませんが、少なくとも「子連れ再婚の反対を諦めてもらう」というところまではいけます

そうすれば、子連れ再婚を諦める必要はないので、ぜひ参考にしてみて下さい。
 

子連れ再婚を反対されたときに必要な心構え

親の説得は、営業と同じ

は? 何言ってるの?

と思ったかもですね。

しかし、「子連れ再婚に反対する親を納得させること」と「営業」のゴールは基本同じ、これです。

相手の不安・不満を解消するために、自分たちができることを伝えること

営業では、お客様の不満を解消するためにサービスを提案することで、それを買ってもらえますよね。

子連れ再婚も同じで、親が不安を感じていることについて「2人ならこう解決していきますよ」と提案することで、初めて納得してもらうことができます。

なので、まずは

「子連れ再婚に反対する親を納得させること」=「お客様への提案」

という意識を持ってみて下さい。この意識を持つことで、4ステップを行ったときの効果が大きく変わってきます
 

長期戦を覚悟する

子連れ再婚に反対の親を納得させるためには、「長期戦を覚悟すること」も必要です。

残念ながら「数ヶ月で納得してもらえる」なんてことは、ほぼ稀です。1年くらいかかることもあります。

しかし、それだけ長く納得してもらおうとやり取りできれば、親も次第にその覚悟が本物だとわかることができます

また、時間が経てば経つほど、最初に反対していた時より、親も冷静に物ごとを考えれるようになっていきます
 

子連れ再婚を反対されたときのNG行動

逆に、子連れ再婚を反対されたときにNGなのは「感情的に反応してしまうこと」です。

もちろん

  • 理不尽にキレられた!
  • 全く聞く耳を持ってくれない!
  • 子供のことを悪く言われた!

という場面では、感情的に反論したくなるかもしれません。

しかし、「親」=「お客様」です。お客様に納得してもらうのに「もういいよ!」とか「なんでわらないんだよ!」と怒鳴ってしまったら、交渉はそこで決裂してしまいますよね。

なので、そこはグッとこらえて、冷静に自分たちの意見を伝えることが必要になります。
 

子連れ再婚を反対されたときの解決法

①反対の理由を聞く

まず、子連れ再婚で親から反対されたら、その理由を聞いてみましょう。

反対理由は、「親が子連れ再婚に対して、感じている不安・不満」とも言いかえれます。つまり、親の不安・不満を明確にすることができます。

そうすれば、「その後どんなことを伝えて、それを取り除いてあげればいいか」が見えてきます

そして、おそらく子連れ再婚に対する親の反対理由は、主に下記の8つのことになるでしょう。

相手の親からの反対理由
  • なぜ、子持ちの相手を選んだのか
  • またすぐに離婚されるんじゃないか
  • 経済的に養っていけるのか
  • 血の繋がらない子供を愛せるのか
自分の親からの反対理由
  • 次はちゃんとうまくいく相手なのか
  • 経済的な面倒を見てくれる人なのか
  • 孫は虐待されないだろうか
  • (相手も子連れの場合)兄弟として仲良くやっていけるのか

 

②反対理由への対策を、2人で説明する

親の子連れ再婚に対する反対理由(不安・不満)がわかったら、それを解消するための対策・プランを2人で考えてみましょう。

案としては、このような感じです。

  • なぜ、子持ちの相手を選んだのか
    →お互いの人柄・支え合っていることを話す

 

  • またすぐに離婚されるんじゃないか
    →離婚した理由を話し、結婚生活で学んだことを伝える

  • 経済的に大丈夫か
    →お互いの収入・家計のやりくりの仕方・収入UPのために頑張っていることを伝える

  • 孫は虐待されないだろうか
    →子供と新しいパートナーの関係性がわかるエピソードを伝えたり、直接見せる

そして、具体的な対策を考えれたら、次は実際に会って話し合う機会を作りましょう。

もちろん、1回話したからといって、すぐに納得してもらえるとは限りません。

大半は

うーん、まだ納得できないな。やっぱり、反対だわ

となるでしょう。

ただ、そんなときも「何について、まだ納得できないのか」ということは必ず聞いておきましょう。また、今度はそれに対する対策を、2人で考えていけばいいわけです。
 

③対策を行っていることをLINEで報告

子連れ再婚に反対する親の不安を、一度で解消させることができなかったとしても、その後に自分たちが頑張っていることをLINEなどで報告しましょう。

例えば、自分の親が、孫が虐待されないか心配している場合は「2人が仲良く遊んでいる動画を送る」とか。

また、相手の親が、収入面について心配している場合は「手に職をつけるために勉強中であることを報告する」とか。

こうすることで、親の方も

  • 確かにこの人だったら、うまくやっていけそうだな
  • これだけ頑張ってるんなら、認めてあげてもいいかもな

と、2人の誠意と覚悟が伝わり、反対の意思を少しづつ薄れさせることができます。
 

④3者で会う機会を、何度も作る

LINEの報告で終わるだけでなく、1度会った後も、2度・3度と会いに行きましょう。

親も、2人の表情・態度を見ることで、信頼感を持てるようになっていきます

そして

わかったわ。そこまで言うんなら、子連れ再婚を認めてあげるわ

とある意味、根負けして反対を取り下げてくれる日がきっと来ます。

時間はかかりますが、その日が来ると信じて、誠実な態度で接し続けていくことが大切になります。
 

反対を押し切って、子連れ再婚した人の後悔

子連れ再婚で親から反対されたとき、よくある意見が

親なんか無視して、子連れ再婚しちゃえばいいのよ

というものですが、これはオススメしません。なぜなら、大人は良くても、子供には良くないこともあるからです。

例えば、子連れ再婚を反対する親と絶縁してしまうと、子供にはこんなデメリットがあります。

  • 孫として、可愛がってもらえない
  • お年玉も、もらえない
  • 困ったときに、助けてもらえない

「おじいちゃん・おばあちゃんから可愛がってもらう」という、他の家庭では何気ないことも、自分の子供だけそうじゃなかったら辛いですよね。

なので、「一度反対されただけで、親を無視して子連れ再婚に踏み切る」なんてことはしない方がいいです。

実際、親の反対を押し切って子連れ再婚した人の中には

親と絶縁状態になってしまって、後悔してます。。
あの時、もっと向き合っていればよかった

という人も、少なくなかったりします。
 

3者が幸せな、子連れ再婚にするために

子連れ再婚には、親の反対はつきものです。辛い言葉をかけられたり、傷つくこともあるかもしれません。

しかし、親は、あなたや子供を心配しているから反対しています。

つまり、親にとってのゴールも、あなたや子供の幸せなんです。ただ、それが子連れ再婚でできるとは、まだわかっていないだけで。

なので、多くの苦労と時間が必要にはなりますが、「子連れ再婚でも幸せになれるんだ」ということを親に伝え続けましょう。

それこそが、一見遠いように見えて、親・あなた・子供、3者にとって一番幸せな未来への近道になります。

この記事が、1人でも多くの子連れ再婚を検討している方の、幸せな未来に貢献できれば幸いです。
≫ 参考:シンママが子連れ再婚で幸せになるためのコツ【4人の芸能人から学ぶ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました