【有益】疲れたシングルマザーを助けてくれる、6つのサービス・制度

もう、シングルマザーで生きるの疲れました。。

という女性へ、「シングルマザーが疲れたときに役立つサービス・支援制度」をご紹介します。

具体的には、下記の6つです。

  1. 家事代行サービス
  2. 面会交流
  3. シングルマザーの支援団体の交流会
  4. シングルマザーの支援団体の就業支援
  5. 自治体の就業支援制度
  6. シングルマザー向けマッチングアプリ

突然ですが、シングルマザーが疲れたときこそ、新たな挑戦が大切です。

ちょっとスパルタに聞こえるかもですが、挑戦することで世界が変わり、

  • 自由な時間
  • お金
  • 信頼できる人間関係

が生まれ、その結果「疲れを感じにくい、楽しいシングルマザーライフ」を手に入れることができるからです。

そして、その挑戦をするときに、これら6つのサービス・支援制度があなたをサポートしてくれるので、ぜひ参考にしてみてください。
 

まず、何に疲れたのかを把握しよう

シングルフマザーが疲れたときは、まず「自分がいったい何に疲れたのか」を把握することが大切です。

あなたが自分自身に問いかけてみると、おそらくシングルマザーが「疲れた」と感じる要因は、大きく以下の4つに分かれるはずです。

  • 生活の忙しさ
  • 孤独感
  • お金の不安
  • 恋愛関係

自分の疲れの要因が、この4つのどれに当てはまるのかわかったら、ぜひ目次まで戻って、対象のページをクリックしてみてください。

そうすると、あなたに役立つサービス・支援制度が書いてある記事に、素早く飛ぶことができます。
 

忙しさに疲れたシングルマザーに役立つもの

シングルマザーが、育児・家事・仕事の両立に疲れたときは、当たり前ですが「それらからいったん離れて、体・心を休める」ということが必要です。

そして、そうするために「他の人に業務を行ってもらう」という挑戦をしてみましょう。

仕事を他の人に行ってもらうことは難しいので、ここでは「育児」「家事」を他の人に行ってもらうことができる、オススメのサービス・制度を解説します。
 

①家事代行サービス

まず、シングルマザーが家事に疲れたときは「家事代行サービス」の利用を検討してみましょう。

家事代行サービスと聞くと

なんか不安。。

と思うかもですが、実は利用者の満足度はめちゃくちゃ高いんです。

  • 自分では汚れを落とせない場所まで、綺麗にしてもらえた
  • 買い物に行ってもらってる間に、子供と公園でゆっくり遊べた
  • トイレ掃除が楽になるコツを教えてもらえた

ただ、

でも、けっこうお金がかかるんじゃ。。

と思うシングルマザーもいるでしょう。

確かに、料金は1時間2,000円前後とそこそこ値段はかかります。

しかし、「2週間に1回」or「1ヶ月に1回」くらいのペースで頼む感じなら、なんとかなる範囲ではないでしょうか。

この方のように、家事代行は単に「家事が減ること」だけでなく「気持ちにゆとりが生まれる」というのが一番のメリットだったりします。

なので、家事が大変すぎて、肉体的にも精神的にも疲れたシングルマザーこそ、積極的に活用してみることをオススメします。

家事代行サービス一覧

ただ、それでも

けど、1時間2,000円でも高いわ。。

というシングルマザーは、NPO法人・地域の社会福祉協議会の「ひとり親向け家事代行サービス」はいかがでしょうか。

たとえば、東京都では、1時間1,000円前後で家事代行を利用することができます。

地域によってはない場合もあるので、一度お住まいの地域・自治体などに確認してみてください。
 

②面会交流

シングルマザーが育児に疲れたときこそ、面会交流の実施 or 回数を増やすことを検討してみてください

もちろん、「子供に危害が及ぶ恐れがある」「子供が嫌がっている」場合は別です。しかし、そうでないなら、面会交流は積極的に活用したほうが良いです。

なぜなら、子供を預けている間に一人の時間が生まれて

  • ヘッドスパを受けに行く
  • 映画を見に行く
  • カフェで、ゆっくり休憩する

身体を休めたり、リフレッシュできるので、育児で疲れたシングルマザーにはメリット大だからです。

しかも、子供が実のお父さんに会いたがっているのに、それを断絶してしまうと、子供は喪失感・虚無感を持ってしまい、成長に悪影響があります

なので、子供がネガティブな感情を持たないようにするためにも、ぜひ面会交流を前向きに考えてみてください。
 

孤独感に疲れたシングルマザーに役立つもの

シングルマザーは、1人で家庭を支えていかないといけないことや、周りに相談できる人がいなかったりと、孤独感を感じてしまう瞬間が多くありますよね。

そんな孤独感によって、気持ち的に疲れてしまったシングルマザーこそ「信頼できる仲間作り」に挑戦してみましょう。

なぜなら、気軽に悩みを話せる仲間ができれば、「繋がり」を感じることができて、孤独感を和らげることができるからです。

ただ、とはいえ

周りに、私の悩みをわかってくれる友達なんていない。。

という人も多いですよね。

そこで、そんな人にオススメなのが「シングルマザーの支援団体」です。
 

③シングルマザーの支援団体の交流会

シンママが「信頼できる仲間作り」をするなら、シングルマザーの支援団体の交流会がめちゃくちゃオススメです。

なぜなら、参加すると、シングルマザーにはこんなメリットがあるからです。

  • 同じシングルマザーと話せるので、悩みを共有しやすい
  • 悩みを理解してもらえて、「自分の居場所」を感じることができる
  • スタッフもシンママ経験者が多く、的確なアドバイスがもらえる

最大のメリットは、やはり「同じシングルマザーの仲間が見つかること」です。

同じシングルマザー同士だからこそ、日頃のできごとについて話が合ったり、悩み・辛かった経験を分かち合うことができるので

あ、私って1人じゃないんだな

と感じることができます。これこそ、孤独感を和らげるのに一番大切なことです。

今では、オンラインの交流会を開催している支援団体もあるので、ぜひ参加を検討してみてください。

≫ 参考:シングルマザーの支援団体9選
 

お金の不安に疲れたシングルマザーに役立つもの

毎日の生活でいっぱいで、貯金ができない。。

子供が大きくなって、養育費・児童扶養手当がなくなったあとが心配。。

こんなふうに、お金の不安によって疲れてしまったシングルマザーは「収入UP」に挑戦して、お金の不安から脱出しましょう

こう言うと

それが簡単にできたら、苦労しないわよ

と思うシングルマザーもいると思います。

しかし、そんなシングルマザーの「収入UP」を支えてくれる、オススメのサービス・支援制度があるのでご紹介します。
 

④シングルマザーの支援団体の就業支援

シングルマザーの支援団体には、交流会だけでなく、就業のサポートを行っているところも多くあります。

シングルマザーが就職・転職を考えるとき、支援団体の就業サポートを頼るメリットがこちらです。

  • シンママに合った、就職の支援をしてもらえる
  • シンママが困りやすいポイントを理解した上で、助言してくれる
  • シンママの働きやすい職場に、理解がある企業を紹介してくれる

さらに、こちらの「日本シングルマザー支援協会さんのYouTubeチャンネル」を見ると、「シンママが収入UPを目指す上で、いかに適切なサポートを受けることが大切か」がよくわかると思います。

#22 収入アップ!!シングルマザーのあなたに合う仕事の選び方 ≪協会主催企業説明会≫

最初の相談は無料の場合が多いので、気になった方はぜひ下記の支援団体を覗いてみてください。

 

⑤自治体の就業支援制度

シングルマザーが、収入UPを目指すとき

看護師になりたい!

など、具体的に希望する職業が決まっているのであれば、「自治体の就業支援制度」の活用がオススメです。

自治体の就業支援制度とは、下記のような方へ、資格取得にかかるお金(学費・生活費)を支援してくれる制度です。

  • 母子家庭・父子家庭である
  • 20歳未満の子供を扶養している
  • 児童扶養手当を受けている

自治体の就業支援制度は3つの種類があるので、それぞれご紹介します。
 

(1)自立支援教育訓練給付金

こちらは

スキルアップの講座を受けたいけど、受講料が高い。。

というシングルマザーにオススメの制度です。

具体的には、この制度を使って、特定の指定講座を受けると、受講料の60%を負担してもらうことができます

指定講座の資格内容
  • 介護士
  • 看護師
  • 美容師
  • 歯科衛生士
  • 保育士
  • 調理師
  • 栄養士 etc

ただし、制度を利用するには、受講前に自治体への相談が必要となっているので、まずはお住まいの役場に確認してみましょう。
 

(2)高等職業訓練促進給付金

こちらは

資格を取りに専門学校へ通いたいけど、生活費が心配。。

というシングルマザーのための制度です。

具体的には、シングルマザーが資格を取るために1年以上通学する場合、その間の生活費を援助してもらえます

支給額
  • 月々の生活費:70,000〜140,000円
  • 修了後の支給:25,000〜  50,000円
対象の資格
  • 看護師
  • 介護福祉士
  • 保育士
  • 理学療法士
  • 保健師
  • 助産師
  • 美容師
  • 栄養士
  • 調理師 etc

ただし、学校を決める前に自治体の事前審査が必要なので、注意してください。

参考:厚生労働省HP
 

(3)高等職業訓練促進資金貸付事業

最初にご紹介した自立支援教育訓練給付金は「給付のタイミング = 講座を受講したあと」となっているのですが、その場合に

講座を受講したいけど、入学金・受講料の頭金がないよ。。

というシングルマザーを助けてくれる制度です。

内容としては、シングルマザーが「自立支援教育訓練給付金」を受けて講座を受けるときに、お金を貸し付けてもらえます

貸付金額
  • 入学準備金:上限50万円
  • 就職準備金:上限20万円

そして、さらにこの制度の良いところが、下記の条件を満たすと、なんと「返済が不要」になるんです。

返済不要の条件
  • 卒業1年以内に、資格を活かしてその地域で就職
  • 資格を活かして、その地域で5年間仕事を続ける

なので、もしあなたが

看護師になって収入も上げて、この地域でずっと働いて暮らしたい!

と希望しているのなら、ぜひ一度お住まいの自治体に確認してみてください。

参考例:東京都社会福祉協議会HP
 

恋愛に疲れたシングルマザーに役立つもの

真剣な恋愛がしたいけど、言い寄ってくるのは既婚のおじさんばっかり。。

彼氏がほしいけど、いつも出会うのはヤリモク。。

と、シングルマザーには恋愛で疲れた人もたくさんいると思います。

けど、やっぱり「信頼できるパートナーを見つけること」は諦めたくないですよね

そこで、シンママが再び恋愛に挑戦するときには、「シングルマザー向けマッチングアプリ」の利用をオススメします。
 

⑥シングルマザー向けマッチングアプリ

まず、シングルマザーの恋活にマッチングアプリがオススメな理由は、以下の3つです。

  • 忙しくても、すきま時間で出会える
  • 女性は無料の場合が多い
  • 出会える候補の人数が、他の恋活サービスと比べて圧倒的に多い

ただ、

前に使ったことあるけど、出会った人に「シングルマザーはごめん」って言われたし。。

マッチングアプリって、ヤリモクしかいないじゃん。。

と感じているシングルマザーもいますよね。

しかし、そんな人にこそオススメなのが「シングルマザー向けマッチングアプリ」です。

なぜなら、シングルマザー向けマッチングアプリなら、プロフィールに「相手の子供の有無に対する希望」という項目があるので、相手が「シンママとの出会いを希望しているか」が一目でわかるからです。

ちなみに、そのマッチングアプリとは、ユーブライドとパートナーズです。気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

≫ 参考:シンママの出会いこそマッチングアプリ【オススメは3つ】
 

疲れを感じにくい、シングルマザーライフを目指そう

以上、シングルマザーが疲れたときに役立つサービス・支援制度をご紹介してきました。

「シングルマザーが疲れたときこそ、新たな挑戦が必要」という内容は、ちょっと厳しく思えたかもしれません。

とはいえ、新たな挑戦によって、お金・時間・心に余裕がもてるようになるので、シングルマザーが「疲れた」と感じる機会も、必ず少なくなります。

そして、1人での挑戦が不安なときは、ご紹介したシングルマザー向けのサービス・支援制度を利用すれば、サポートを受けながら頑張ることができます。

なので、周りの支援をうまく活用しながら、疲れを感じにくい、楽しいシングルマザーライフを目指していってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました