【本音】シングルファザーが恋愛で抱える悩み5選【対処法も解説】

シングルファザーって、みんな恋愛でどんな悩みを抱えたりするもんなの?

という男性へ、シングルファザーが恋愛で抱えやすい悩みを5つご紹介します。

具体的には、以下のとおり。

  1. 受け入れられないと思っている
  2. 「シンパパOK」という女性が見つからない
  3. 忙しすぎて、出会えない
  4. 子供の気持ちが心配
  5. 再婚となると、親の反対に合いやすい

シングルファザーの恋愛にはこのような悩みがあるものの、これらを解決し、幸せな人生を歩んでいる方もたくさんいます

その解決法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

≫ お知らせ:「子供がいる人」「子供がいる方との出会いを希望する人」だけのマッチングアプリあります【日本初】

目次

シングルファザーが恋愛で抱える悩み

①受け入れられないと思っている

シングルファザーが、恋愛でまず抱える悩みが

そもそも、シングルファザーを受け入れてくれる人なんていないでしょ

と思ってしまうことです。

このように思ってしまうと、

  • 最初から恋愛を諦めてしまう
  • シングルファザーを偽って短期的な恋愛をしてしまい、長期的な恋愛で得られる幸せ・楽しさを感じることができなくなる

となってしまいます。

こういったことを防ぐためには、まず

シングルファザーとの恋愛OKですよ

という女性も、ちゃんと存在することを知りましょう

彼女たちが「シングルファザーと恋愛したい」と考える理由は、下記のとおり。

  • 責任感が強く、頼りになる
  • 育児・家事の大変さを知っている
  • 浮気・DV・散財のリスクが少ない
  • 子供好きで優しい
  • 自分が不妊症で、子供がほしい
  • 子供には、良いパパがいてほしい(シンママ)

シングルファザーがモテる理由って、こんなにたくさんあります。

しかも、「シングルファザーと恋愛したい」という女性は、これらの性格的な特徴が理由で好きになるので、相手を内面で見ようとする素晴らしい女性が多いです。

なので、

「シングルファザーだから、恋愛を諦めよう」

ではなく、

「シングルファザーだから、素晴らしい女性と恋愛できるチャンスだ」

と捉えるようにしてみてください。
   

②「シンパパOK」という女性が見つからない

次に、シングルファザーが恋愛で抱えやすい悩みが

シンパパとの恋愛も希望しますよ

という女性が見つからない、というものです。

先ほど、「シングルファザーと恋愛したい女性はいる」とお伝えしたとき

いや、どこにいるんだよ!

と思った方もいると思います。

しかし、ご安心ください。
そんな悩みを解決できるのが「シングルファザー向けマッチングアプリ」です。

シングルファザー向けマッチングアプリとは、システム上、「シンパパとの恋愛を希望します」という女性と確実に出会えるアプリのことです。

そのため、「子供がいる男性はNG」という女性とやり取りしてしまって、お金・時間を無駄にすることもありません。

具体的には、ユーブライド と ReRe (リリー) というアプリなのですが、両者の違いはこちら。

  • ユーブライド:男性有料。プロフ内で「子供がいる人との出会いの希望の有無」を選択できる。
  • ReRe (リリー):無料(12月31日まで)。会員は「子供がいる人」と「子供がいる方との出会いを希望する人」のみ。

詳しくはこちらでもまとめているので、ぜひどうぞ。
≫【断言】シングルファザーの出会いこそマッチングアプリ【オススメ2つ】
    

③忙しすぎて、出会えない

仕事・育児・家事で忙しすぎて、出会いの場に行くヒマがない..

というのも、シングルファザーの恋愛の悩みです。

子供がいてもフルタイムで働いている人が多く、恋愛に割ける時間の少なさは、ある意味シングルマザー以上かもしれません

また、

今まで家事は掃除・洗濯しかやってこず、未経験だった料理などを覚えるのが大変..

と一人で全てをやらないといけない状況が大変すぎて、出かけるヒマすら全くないシングルファザーも多いはず。

ですが、そんなシングルファザーにも、やっぱりマッチングアプリがオススメです

なぜなら、マッチングアプリであれば

  • 通勤・帰宅での電車内
  • 子供が寝たあと
  • 子供がTVを見ているとき

といった、ちょっとしたスキマ時間で恋愛相手を探せるからです。忙しいシンパパ男性にこそ、アプリでの恋活は向いています。

しかも、コスパも最強。

出会いの場出会える人数料金(1回,1月)1人の女性にかかるお金
合コン4人4,000円1,000円
婚活パーティ20人4,000円200円
街コン50人6,000円120円
結婚相談所100人20,000円200円
アプリ1,000人4,000円4円
※料金は、各出会いの場の相場を参考にしています

効率的・コスパよく出会いたい

というシングルファザーの方は、ぜひマッチングアプリを活用してみてください。
≫【断言】シングルファザーの出会いこそマッチングアプリ【オススメ2つ】
    

④子供の気持ちが心配

子供の気持ちが気になって、恋愛できない..

というのも、シングルファザーの恋愛で多い悩み。

確かに悩ましい問題です。
なぜなら、シングルファザーの子供の「母親を失った」という喪失感・虚無感は、とてつもなく大きいからです。

そんな中でシングルファザーが恋愛をしてしまうと、子供はさらに

  • 「お父さんをとられた」という嫉妬心
  • 父親が、知らない女と男女の関係になったことへの嫌悪感
  • 「両親がまた仲直りしてほしい」という希望が打ち砕かれる絶望感

といった、ネガティブな気持ちを抱えてしまう可能性もあります。

そのため、シングルファザーの恋愛は、確かに慎重になる必要があるんです。

ただ、それでも「シングルファザーは恋愛をしてはいけない」とはならないと筆者は考えています。

なぜなら、シングルファザーが良い恋愛ができれば

  • 孤独感を癒やしてもらえる
  • 育児で疲れても、リフレッシュができる
  • 心の支えができて、前向きになれる

というメリットもあるからです。

そして、シングルファザーが充実した恋愛によって良い表情でいれれば、それは間違いなく子供にとっても良い影響があります。

では、

じゃあ、子供を嫌な気持ちにさせないためには、どう恋愛すればいいんだよ!

ということですが、大切なのは「子供の気持ちに徹底的に配慮し、時間をかけて恋愛をしていく」ということです

例えば、子供がまだ、父親の恋愛に対してどう思っているのかわからないときは

  • 子供の習い事・部活中に会い、恋愛中だと悟られないようにする
  • 彼女と会うときも「仕事 or 友達と会う」と伝える
  • 子供が夜寂しい思いをしないために、会うのは昼間だけにする

とすれば、子供を嫌な気持ちにさせず、恋愛を楽しむことができます。

そして、子供に

お父さん、彼女作らないの?

というような肯定的な反応が見られ、なおかつ彼女も

子供と会ってみたいな

と言ってくれるのであれば、そこで初めてみんなで遊んでみるなど、子供を会わせるのも慎重になりすぎなくらい時間をかけるようにしてみてください。

もし、どちらかが肯定的な反応を示さなければ、無理に3者を会わせようとせず、再婚するにしても子供が自立したあとにすれば良いです。

それくらい時間をかけることができれば、「子供の気持ちが心配」というシングルファザーの恋愛の悩みを解決することは可能です。
  

⑤再婚となると、親の反対に合いやすい

「再婚となると、親からの強い反対に合いやすい」ことも、シングルファザーの恋愛の悩みになります。

特に相手が子なし女性の場合は、その女性の親からの猛反発に合いやすいです。

なぜなら、娘を持つ親の多くは

娘には子なしの男性と結婚してもらい、自分の子供を生んで幸せな家庭を築いてもらいたい

という人生ストーリーを我が子に望んでおり、シングルファザーの登場によってそれが崩れてしまうからです。

また、シングルファザーはシングルマザーよりも人数が少ないので、その分

なんで、大変な子持ち男性なんかを選ぶのよ

という気持ちも強くなりがち。

この「親の反対」という悩みから、恋愛を諦めてしまうシングルファザーは多くいます。

しかし、反対に向き合い続けた結果、親に納得してもらえて再婚し、幸せな家庭を築いているシングルファザーがいることも事実です

じゃあ、どうすれば親に恋愛を認めてもらえるの?

というと、そのためのステップは下記のとおりです。

  1. まず、反対する理由を親に聞く
  2. 反対する理由に対し、対処方法を会って伝える
  3. それで納得してもらえなかったら、納得できなかった理由を聞く
  4. その理由に対し、また2人で対処法を考えて、再度会って話す
  5. これを納得してもらえるまで、ひたすら繰り替えす

まず、親が反対する理由を明確にしましょう。「親が反対する理由」=「親が不安に思っていること」でもあります。

そして、親の不安がわかったら、今度はその不安をどうすれば取り除いてあげれるか、2人で考えてみましょう。

例えば、

家族が一気に増えて、お金は大丈夫なの?

と経済面が不安なのであれば、「2人で収入UPのために取り組んでいることを話す」というのも良いでしょう。

また、

次も、すぐに離婚するんじゃないの?

と不安に思っているのなら、「あなたの離婚理由を話し、前回の結婚生活での学び・これからの決意を話す」などです。

このように親の不安への対処方法を考えれたら、今度は会いに行って、それを誠意をもって伝えます。

もちろん最初の1回だけで納得してもらえることは、ほぼ稀です。しかし、納得してもらえなくても「どの部分にまだ納得できないのか」を聞いておくようにしましょう

そして、もう一度その納得できなかったことに対して対処法を考えて、再び話に行く。これを何度も繰り返すんです。

そうすれば、親も不安を解消することができますし、2人の覚悟が伝わっていくので、少しづつ再婚を認めることができるようになります

ここまで聞いて、

うわ、なんか大変だな

と感じたかもしれません。

ただ、「親の反対という悩みは、2人が支え合うことで乗り越えれるもの」と知っておくだけでも、シングルファザーの恋愛の心理的なハードルを下げることができます。
  

悩みがある分、シングルファザーが恋愛で得られる感動も大きい

シングルファザーの恋愛には悩みがつきものですが、解決方法もちゃんとあります。

そして、悩みが大きい分

  • 忙しくても、「大丈夫だよ」と彼女が支えてくれた
  • 疲労困憊の中、励ましてもらえた
  • 彼女と子供が仲良くしているのを見て、心から嬉しかった

それを乗り越えたとき、シングルファザーが恋愛で得られる感動も大きいです

なので、シングルファザーだから恋愛を諦めるのではなく、シングルファザーだから恋愛にチャレンジしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる