【衝撃】再婚までの期間の平均 → なんと、3人に1人は3年未満!

この記事では、

離婚してすぐだけど、次また恋愛をしたい。
けど、すぐに再婚ってなったら周りの目が気になる。。

みんなの再婚までの期間って、どれくらいなの?

こんな悩みや、疑問を持っている方へ、

  • 再婚までの期間の平均は、5年未満
  • 3人に1人は3年未満で再婚しているので、どんどん次の恋愛をしていきましょう

というお話をします。
 

この記事を読むメリット
  • みんなの再婚までの平均期間が、意外と短いことがわかる
  • 離婚してすぐでも、恋愛を躊躇する必要がないことがわかる

  

再婚までの期間の平均について

再婚までの期間の平均について

離婚してから再婚までの期間の平均は、いったいどれくらいなのか。

政府が2018年に調べた統計データがこちら。

離婚から再婚までの期間

出典:e-Stat 政府統計の総合窓口 前婚解消後から再婚までの期間別にみた夫-妻・年次別再婚件数百分率 2018年調査

上から順に見ていくと、男性の55.9%・女性の53.3%が、5年未満で再婚しています。

つまり、男女とも半数以上が5年未満で再婚しており、再婚までの期間の平均が5年未満であることがわかります。

過半数の人が5年も経たずに再婚しているというのは、「けっこう早いな」って感じですよね。

また、女性よりも男性の方が、再婚までの期間が若干短いです。これはきっと、女性の方が再婚に対して少し慎重ということが現れているからでしょうね。
 

3人に1人は、再婚までの期間が3年未満

3人に1人は、再婚までの期間が3年未満

さらに統計データをよく見ると、10年以上を除いては、再婚までの期間が「1年未満」という人が男女とも最多です。

さらに、再婚までの期間が「3年未満」というのも、男性で39.0%・女性で36.0%の人がそうであり、まさに「3人に1人が3年未満で再婚している」ということがわかります。

再婚までの期間が短くても、全然珍しいことではない」ということがわかりますよね。

おそらく、割とみんな離婚してすぐでも婚活を始めているんでしょう。なので、離婚から日が経っていない恋愛であっても、案外普通のことだし、周りの目を気にする必要も全然ありません
 

昔は、再婚までの期間はもっと早かった!

さらにさらに過去(1970年)の統計データと比較すると、実は昔の人は、もっと再婚までの期間が短かったことがわかります。

離婚から再婚までの期間(夫)
離婚から再婚までの期間(夫)

出典:e-Stat 政府統計の総合窓口 前婚解消後から再婚までの期間別にみた夫-妻・年次別再婚件数百分率 1970年調査

特に男性は、1年未満に4割以上の人が再婚していたようです。めちゃくちゃ早いですね。。女性も、半分近い人が2年未満で再婚しています。

離婚してすぐに婚活を始めるなんて、節操ない

と言ってくる親世代の人がいたら、

いやいや、昔はもっとみんなスピード再婚しまくっていたんだから

と言ってあげましょう。

離婚してすぐの再婚活も、全然躊躇する必要はないことがわかりますよね。
 

ただし、女性は再婚までの期間を100日あける必要あり

ただし、女性は再婚までの期間を100日あける必要あり

1点、ここで注意が必要なのが、いくら「離婚してすぐの再婚活でも気にすることはないですよ」といっても、

民法第733条

女性は、離婚してから再婚までの期間を100日間空けなければいけない

という法律があることです。この期間を、「再婚禁止期間」と呼びます。

なぜそんな法律があるかというと、女性が離婚した後すぐに妊娠がわかって、なおかつ再婚していた場合、前の夫との子か、再婚後の夫との子かで混乱してしまうので、それを避けるためです。

禁止といっても、特に罰則があるわけではないです。ただ、もし女性が再婚までの期間を100日空けずに再婚しようとしても、役所は婚姻届を受理してくれません。

それとこの法律には例外があり、離婚から再婚までの期間が100日間空いていなくても、妊娠していないことが証明できれば、すぐにでも再婚することができます

また、海外ではこういった再婚禁止期間は廃止の傾向があり、日本も2015年の法改正で期間が短くなったりはしています。

再婚禁止期間
  • 2015年まで:360日
         ↓
  • 2015年以降:100日

さらに、短縮された今でも、再婚禁止期間の必要性を問う声は多くあり、今後はいずれ法律自体が廃止になる可能性もあります。

ただし、現状はそういった法律があり、「離婚してすぐに再婚活したら、良い相手が見つかった」という場合もあるかものなので、一応気に留めておくようにしましょう。
 

再婚までの期間より気にすべきデータ

再婚までの期間より気にすべきデータ

ここまで再婚までの期間について、その平均や「意外とみんな早く再婚しているよ」ということをお伝えしてきました。

がしかし、再婚までの期間が早いかどうかよりも、本来気にすべき大切なことがあります。それは、

自分にとって、ちゃんと合った再婚相手なのかどうか

ということです。

ここで、注目のデータがあります。

2012年の『Psychology Today』(アメリカ)に掲載された記事によると、初婚よりも再婚者の方が離婚率が高いという調査結果がわかっています。

アメリカの離婚率
  •  初婚:50%
  •  再婚:67%(1.34倍)
  • 再々婚:73%(1.46倍)

出典:Psychology Today

日本でも、アメリカほどの離婚率ではないにせよ、同じように再婚者の方が離婚しやすいと言われています。

日本の離婚率
  •  初婚:35%
  •  再婚:50%(1.42倍)
  • 再々婚:75%(2.14倍)

これらのデータを見る限り、やはり「再婚は初婚よりも難しい」というのは現実に認めざるを得ません。

なので、再婚は初婚のときよりも、より一層

  • 相手は結婚に向いている人なのか
  • 自分が再婚する上で適している人なのか

ということを考えたいところです。

特に、子持ちのシンママやシンパパにとっては、「相手が子供も含めて受け入れてくれる人なのかどうか」という見極めはとても大切です。

その見極めのためにも、子持ちのシングルが再婚した後の家族「ステップファミリー」では、どういったことが離婚の原因になりやすいのか、知っておくことが大切です。

ステップファミリーに関する情報・支援・教育は、欧米では当たり前ですが、日本はステップファミリー自体の認知度は12%しかありません。

ステップファミリーの情報不足と、アメリカより日本の方が再婚の離婚率の上がり幅が高いことは、おそらく無関係ではないでしょう。
≫ 参考:ステップファミリーの離婚率はなぜ高い?【逆にしたほうがいい場合もあります】

 

まとめ

  • 再婚までの期間の平均は、5年未満。3人に1人は、3年未満。
  • 女性は、再婚までの期間を100日間空ける必要あり。
  • 気にすべきことは、再婚までの期間より自分に合った相手を見つけること

「再婚までの期間が短すぎると、周りから疎い目で見られるかな。。」と悩んでいる人は、結果的に婚活してすぐ再婚となっても、それ自体は全然普通なことなのでガンガン恋愛をしていきましょう。

ただし、一番再婚で大切なことは期間ではなく相手選びです。

ちゃんと自分にとって良いと思える再婚相手が見つかっているのであれば、女性の再婚禁止期間を除けば、翌日でもいいくらいです。

そういった自分にとって良い再婚相手を見つけるために、筆者からはマッチングアプリでの再婚活を勧めています

特に、結婚歴がある方・シングルのマッチングアプリでの婚活は、良い再婚相手と出会うためにもアプリ選びが重要です。

下の記事では、結婚歴がある方・シングルの方にオススメのマッチングアプリを紹介しているので、ぜひこちらもご覧ください。
≫ 参考:【結論】シンママが再婚するならマッチングアプリを勧める3つの理由
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました