【男性向け】シングルマザーの4つの恋愛心理と、寄り添うための方法

シングルマザーって、恋愛に対してどんな考えを持っているんだろう?

という男性に、シングルマザーがもつ恋愛心理を4つご紹介します。

具体的にはこちら。

  • 遊ばれないか不安
  • デート代の余裕がない
  • 子供中心の生活を、受け入れてもらえるか不安
  • 相手が、子供と仲良くなれるか心配

シングルマザーにとって恋愛は、子供を抜きには考えられません。

しかし、理解してあげることさえできれば、シングルマザーには魅力的な女性がたくさんいるので、あなたにたくさんの幸せをもたらしてくれます

シングルマザーの恋愛心理にうまく寄り添っていくための方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

≫ 参考:【重要】シングルマザーと付き合いたい男性が知るべき4つのこと
   

シングルマザーの恋愛心理

①遊ばれないか不安

まず、シングルマザーの恋愛心理には常に「遊ばれるんじゃないか」という不安があることを、理解しておく必要があります。

なぜなら、世の中には

シンママは子育てばかりで、男に飢えてるからヤレル

という男性が多く、シングルマザーはヤリモク被害に合いやすい状況にあるからです。

実際「男に遊ばれた」という経験をもつシングルマザーは多く、あなたが会って間もないのに

  • 「好き」と言う
  • 執拗に夜のデートに誘う
  • ボディータッチ
  • キスをしようとする

といった行動をとってしまうと、警戒心MAXで「ヤリモクではないか」と疑われやすいので注意が必要です。
   

②デート代の余裕がない

シングルマザーの恋愛心理として、

彼とのデートは楽しいけど、子供を養うのが精一杯でお金がない。。

という悩みも多いです。

厚生労働省の統計(平成28 年度 全国ひとり親世帯等調査結果)によると、シングルマザーの平均年収は243万円。単純計算すると月収約20万円であり、その中で自分と子供の生活をやりくりしなければいけません。

さらに、上記の統計によると、子供の養育費をきちんと受け取れているシングルマザーは全体の24.3%。つまり、大多数のシングルマザーは、完全に自分自身で養育費を負担していることになります。

「デート代が苦しい」と思うのも仕方のない状況にいることは、シングルマザーの恋愛心理を理解する上で、知っておく必要があります。
  

③子供中心の生活を、受け入れてもらえるか不安

昼間は仕事、夕方は子供のお迎え、帰宅後は家事……、シングルマザーは常に子供中心の生活を送っているので、恋愛に十分な時間を割けないケースがほとんどです

そもそも「子供が最優先、恋愛は二の次」と考えるシングルマザーもたくさんいます。

付き合ったとしても、

  • デートは基本は子連れで、2人きりになれるのは少しだけ
  • 子供の体調不良により、ドタキャンもある
  • 身近に預けれる人がいないと、泊まりデートは基本ムリ

と、子供との生活に左右される部分が少なくありません。

そのため、多くのシングルマザーが

子供中心の生活を、受け入れてくれる人と出会いたい

と強く思っています。
   

④相手が、子供と仲良くなれるか不安

将来的に結婚を考えているシングルマザーの恋愛心理として、「相手の男性が、子供と仲良くなれるかどうか」というのも大きな不安材料になります。

ニュースでも「連れ子の虐待」といった報道は、よく耳にしますよね。シングルマザーが心配になるのも当然です。

「相手の男性が、子供と仲良くなれるかどうか」という不安をさらに分解すると、以下の2つに分けられます。

  • 相手の男性は、子供と仲良くしてくれる人か
  • 子供が相手の男性を受け入れられるか

子供の反応は変えられないので、あなたが気にすべきは「相手の男性は、子供と仲良くしてくれる人か」のほうになります。
   

シングルマザーの恋愛心理に寄り添う方法

①関係づくりは時間をかけて

シングルマザーと付き合うには、まずは「ヤリモクじゃないかな」という不安を解消してあげる必要があります。

そのためにも、関係づくりは焦らず、時間をかけることを心がけましょう。具体的には、

  • 1〜2回目のデートで、簡単に「好き」とは言わない
  • 昼間のデートも積極的に
  • 付き合うまでは、夜遅くに会うのは避ける

といったことを意識すると良いです。

中には、友だちとして3年付き合った後に告白して、ようやくシングルマザーを彼女にしたという男性も。少し時間をかけるだけで魅力的な女性と恋愛できると思えば、焦る気持ちも抑えられるはずです。
   

②デート代は負担しよう(全額じゃなくてOK)

シングルマザーの恋愛心理には、常に「お金の不安」がつきまといます。なので、できればデート代は男性のあなたが負担したいところ。

しかし、中には

全額出すのは厳しいよ

という男性もいるかと思います。そんなときは、全額じゃなくてもOK。

例えば、こんな方法もあります。

  • あなた:8割・シンママ:2割 にする
  • 子連れデートのときは、子供の分は払ってもらう
  • 食事代はあなたが払い、コンビニなどでのちょっとした買い物は出してもらう

もちろん、これら以外にもお互いが納得する分け方があれば、それで良いです。

大切なのは、あなたがシングルマザーの経済的な負担を理解し、少しでも助けようとできる人なのかどうか。シングルマザーが一番気になるのはそこで、身銭を切ってでも援助してくれる男性への信頼は当然高くなります。
  

②子供最優先の生活を尊重する

シングルマザーの恋愛心理の中で、「あなた < 子供」となるのは仕方のないことと理解しましょう。子供最優先の生活を尊重してあげないと、シングルマザーと付き合うのは難しいです。

LINEが返ってこなかったり、会えない日が続いたり、デートがドタキャンになっても、それを待てる器の広さがあなたには求められます。

それどころか、シングルマザーが恋愛中でも子供優先になるのは、

その女性が「母親としての自覚」を持った、素晴らしい人であるから

とも言えるので、逆にあなたの女性選びが間違っていない証拠。安心するくらいでOKです。
  

④子供との関係づくりは焦らず、ゆっくりと

シングルマザーがもつ「彼と子供の関係性への心配」を解消するために、よく

よし、早く頑張って仲良くなろう!

と張り切る男性は多いですが、意気込み自体は素晴らしいものの、焦りすぎは禁物です

なぜなら、物心がつく前の子供は別として、シングルマザーの大半の子供はあなたに対して不安・恐怖を感じているからです。そんな中でガツガツ距離を縮めようとしても、逆効果になりがちです。

あなたがいくら頑張って話しかけようとしても、

全く反応してくれない。。

なんてこともザラ。そのため、張り切りすぎると、かえって理想と現実のギャップに悩むパターンもよくあります。

なので、シングルマザーの子供との関係づくりは「焦りすぎず、長期的にコミュニケーションをとっていこう」とする意識がもっとも大切です。

シングルマザーの子供の気持ちについては、下記にて詳しくまとめているので、ぜひこちらもどうぞ。
≫ 参考:ステップファミリーで、子供の気持ちに寄り添うために大切な5つのこと
  

寄り添う代価は、確実に大きい

シングルマザーの恋愛心理に寄り添っていくのは、ときに大変なこと・我慢が必要なこともあります。

しかし、シングルマザーは

  • 精神的に自立していて、タフ
  • 料理などの家事スキルが高い
  • 優しくて包容力がある
  • 美人が多い

と男性には付き合うメリットが多々あり、寄り添う代価は確実に大きいと言えます。

そんな魅力的な女性と素晴らしい恋愛を楽しむためにも、今回の内容をぜひ参考にしてみてください。
≫ 参考:婚活に疲れた男性に伝えたいシングルマザーの魅力5選【世界が変わる】

タイトルとURLをコピーしました