【朗報】「シングルファザーの再婚は難しい」をくつがえす3つの方法

シングルファザーの再婚って難しいって聞くけど、やっぱそうなの?

と、不安なシンパパ男性は多いですよね。

なぜ「シングルファザーの再婚は難しい」と言われるかというと、主な理由は下記の3つです。

  1. 「子持ちOK」の女性が見つからない
  2. 親からの反対
  3. 再婚後、奥さんがストレスを抱えてしまう

しかし、これらの理由ごとにしっかり対策ができれば、その下馬評をくつがえすことは可能です。

その具体的な対策が、こちら。

  1. シングルファザー向けマッチングアプリを使う
  2. 親の反対理由を明確にし、何度も話し合う
  3. 奥さんだけに、家のことを任せない

これができれば、シングルファザーが素敵な女性と再婚し、幸せな家庭を築いていくことは可能なので、ぜひ参考にしてみてください。
 

「シングルファザーの再婚は難しい」と言われる理由

まずは、なぜ世間では「シングルファザーの再婚は難しい」と言われているのか、その理由について詳しくみていきましょう。

理由をしっかり把握することで、適切な対策が打てます
 

①「子持ちOK」の女性が見つからない

まず、出会いの段階から、シングルファザーの再婚が難しいと言われる理由が、シンプルに「相手が見つからない」ということです。

残念ながら、世の中には

シングルファザーとの出会いも希望しますよ!

という女性より

子供がいる男性との恋愛はちょっと。。

と考える女性の方が多いです。

嘆いてもしょうがなく、シングルファザーは、この事実を受け止めるしかありません。

しかし、ここでもう一つ重要な事実が

シングルファザーとの出会いも希望しますよ!

という女性も、確かに存在しているということです。

そして、実際そういった女性と出会えたシングルファザーは、幸せな再婚をすることができています。

なので、シングルファザーが、出会いにおいてすべきことは

「子持ちの人との出会いOK」という女性を、しっかり見分ける

ということです。
 

②親からの反対

次に、シングルファザーの再婚が難しい理由が「親からの反対に合いやすい」ということです。

このとき、再婚に反対してくるのは相手の親だけでなく、シングルファザーの親の場合もあります。

反対される中で、辛い言葉をかけられてしまい、シングルファザー自身が

やっぱり、再婚は難しいのかな。。

と諦めてしまうケースや、あなたが諦めなくても、相手の女性が

親にも彼にも、申し訳なくなってきたな。。

と、再婚を断念してしまうケースもあります。

しかし、ここで知ってほしい事実が、以下の2つです。

  • シングルファザーが再婚する時、親の反対はつきもの
  • 長期に向き合うことで、親の納得を得れて、再婚できた人もたくさんいる

なので、たとえ再婚を反対されたとしても、諦めず、相手の女性と支え合いながら、親と長期的に向き合おうとする姿勢が大事になります。
 

③再婚後、奥さんがストレスを抱えてしまう

一緒に生活できたとしても「奥さんが、子供とのやり取りでストレスを抱えてしまう」ことが、実はシングルファザーの再婚が難しいと言われる、最大の理由だったりします。

一般的に

再婚:シンママ & 子なし男性

よりも

再婚:シンパパ & 子なし女性

の方が、再婚後の生活は難しいとされています。

なぜなら、まだまだ日本では「子供」=「妻が見るもの」という概念があり、どうしても奥さんと連れ子(シングルファザーの子供)の接する時間が、長くなってしまうからです。

また、「父子家庭の生活リズム」と「再婚後の生活リズム」の間には、大きな差があることも多いです。

そうすると、今まで慣れ親しんだ生活リズムと違うことから、シングルファザーの子供が奥さんに強く反発する、ということも起きやすくなります。

そうなってしまうと、奥さんは

  • 未経験だった育児ストレスを、急に感じることになる
  • 連れ子からの反発
  • 実子のような愛情も湧いてこない

という三重苦に苦しめてしまい、結果「シングルファザーの再婚は、やっぱり難しい」となってしまうんです。

これを防ぐためには、まずあなた自身が「シングルファザーの再婚後は、奥さんがストレスを抱えやすい」という事実を、前もって認識しておくことが大切です。
 

「シングルファザーの再婚は難しい」をくつがえす方法

以上、「シングルファザーの再婚は難しい」と言われる理由と、それをくつがえすために必要なことを解説してきました。

ここからは、その具体的な対策方法について、お話していきます。
 

①シングルファザー向けマッチングアプリを使う

まず、「シングルファザーの再婚は難しい」をくつがえすために必要なのは、「子持ちOK」という女性をしっかり見分けること、だとお話しました。

こう聞くと

いやいや、それができないから困ってるんでしょ

と思うかもしれません。

しかし、それが「シングルファザー向けのマッチングアプリ」ならできます

どういう仕組みかというと、シングルファザー向けのマッチングアプリには、プロフィールに「相手に対する子供の有無の希望」を聞く項目があり、

  • いない人を希望
  • いても、同居してない人を希望
  • 同居していてもOK

と、3つから選択できるようになっているんです。

さらに、検索条件で「相手に子供がいても気にしない人」を絞り込むこともできるので、最初から「シングルファザーOK」の女性を表示することもできます。

ユーブライド 検索画面

マッチングアプリで、この機能があるのは「ユーブライド」と「パートナーズ」です。

つまり、こういったマッチングアプリを使えば「子持ちOKという女性が見つからないから、シングルファザーの再婚は難しい」ということはなくなる、というわけです。
≫ 参考:【断言】シングルファザーの出会いにマッチングアプリが最強な4つの理由
 

②親の反対理由を明確にし、何度も話し合う

次に、「シングルファザーの再婚は難しい」をくつがえすために大切なのが、親の反対に合っても諦めずに向き合い続けることだとお話しました。

しかし、ここで多くのシングルファザーがやりがちな過ちが

あんな親と向き合い続けるなんて、しんどいよ。。
もう無視して、再婚しちゃおう

というものですが、これはオススメしません

なぜなら、その瞬間は良くても、育児においてはこんなデメリットがあるからです。

  • 子供が、孫として可愛がってもらえない
  • 育児で困ったときに、サポートしてもらえない
  • 子供を預けれる選択肢が、減ってしまう

こういったことから、親の反対を押し切って再婚したものの、後になって後悔するシングルファザーは少なくありません

では、どうやって再婚を納得してもらえばいいかというと、まずは親が反対する理由をしっかり聞いて、それを明確にすることが大切です。

こういったときによくあるのが、親側も、シングルファザー側も

こっちの気持ちも、わかってくれよ!

と自分の意見を言うだけに終始し、議論が平行線のままになってしまうことです。

これでは、話が前に進まないので、まず再婚を認めてもらう方のシングルファザー側が、相手の意見を聞く姿勢になりましょう。

なぜ、相手の意見を聞くことが大事かというと、親の反対理由、つまり不安に感じているポイントが明確になるので、何を説得すればいいかが見えやすくなるからです。

そして、おそらく、親がシングルファザーの再婚で不安を感じるポイントは、以下の3つのどれかになるでしょう。

  • また、離婚するんじゃないか
  • 経済的に大丈夫なのか
  • ちゃんと、子供を育てていけるのか

これらのどれに不安を感じているのかがわかったら、次は相手の女性と、その不安に対する解決策・伝えるべき情報を考えてみましょう

それで、実際に解決策を考えれたら、2人でそれを親に話しに行きます。

当然、1回だけで納得してもらえるのは稀でしょう。その時は、

  • どの部分にまだ納得できないのかを聞く
          ↓
  • もう一度、それに対する解決策を考える
          ↓
  • もう一度、会いに行って話す

これを、ひたすら繰り返すんです。

もちろん、簡単なことではありません。数ヶ月、時には1年以上かかることもあるくらい、長期戦を覚悟する必要があります

しかし、何度も話しに行くことによって、次第に親にもあなたの熱意が伝わり

わかったわ。そこまで言うんなら、再婚を認めてあげるわ

とある意味、根負けしてくれる日が必ずやってきます

そうすれば、再婚後の生活において、親のサポートを受けることができます。

シングルファザーの再婚後の生活は、親からのサポートは不可欠だったりします。

なので、再婚を反対されたとしても、いつかその日が来ると信じて、夫婦2人で支え合いながら、親と向き合うようにしてみて下さい。
≫ 参考:【解決法】子連れ再婚に反対する親を、納得させるための4ステップ
 

③奥さんだけに家のことを任せない

「シングルファザーの再婚は難しい」をくつがえすためには、再婚後に奥さんがストレスを抱えないようにすることが最重要、とお伝えしました。

そのためには、とにかく「奥さんだけに家のことを任せない」という意識が大切です。

具体的には、下記のことを意識的に実行しましょう。

  • 「育児」=「妻がするもの」という意識を改める
  • 仕事から帰ったら、自分が育児を行う
  • 奥さんへの声かけを忘れない
  • 自分の子供への指導は、自分が行う

まず、「育児」=「妻がするもの」という認識を捨てることから始めましょう。「育児」=「夫婦で助け合ってするもの」ですよね。

次に、仕事上、あなたの方が帰宅が遅いことが多いかもですが、帰ったら育児は率先して行いましょう。

その間に、それまで子供(シングルファザーの子供)と接してくれた奥さんを、休ませることが大切です。

そして、

困っていることはない?

何かあったら、いつでも言って

という声かけも、忘れずに行いましょう。

奥さんがストレスを感じたとき、いつでも相談しやすい夫婦関係を作ることも、家庭崩壊を防ぐためには大切です。

さらに、シングルファザーの子供に何か指導するときは、奥さんからではなく、あなたが行うようにしましょう

なぜなら、様々なアンケート調査で、シングルファザーの再婚後、子供の声として一番多いのが

血の繋がりのない親から指導されるのが、すごく嫌だった。。

というものだからです。

何だったら、ときには「無理に子供を指導しない」という選択も有効です。

例えば、シングルファザーの再婚時

 子供:朝食を食べない家庭で育ってきた
奥さん:朝食は食べる生活を送ってきた

というケースがよくあるのですが、こんなときに「無理に子供に朝食を食べさせようとしない」という選択が有効になります。

なぜなら、ここで無理に子供の生活リズムを変えようとすると、必ず反発が起き、結果お互いにストレスを抱えてしまうからです。

なので、こういったときは、時間をかけて「お互いの生活リズムが似てくるのを待つ」という選択が、得策になるんです。
 

以上のように、シングルファザーの再婚後に奥さんがストレス過多になるのを防ぐには、あなたが家のことを「自分事」と捉えて行うことが大切です。

そのために、ある意味再婚しても

シングルファザー時代と同じように、家事・育児・仕事を頑張ろう!

という意識でちょうど良いくらいかもしれません。

もちろん、それは大変な努力が必要なことではあります。

しかし、それができれば「シングルファザーの再婚は難しい」という評判を完全にくつがえし、奥さんと子供と、幸せな家庭を築いてくことができるはずです。
 

まとめ

以上、シングルファザーの再婚が難しい理由と、それをくつがえすための方法を解説してきました。

シングルファザーの再婚は、シングルマザーの再婚よりも難しい局面があったりします。

しかし、難しいと言われる理由を事前に把握して対策ができれば、素敵な女性と出会い、再婚し、幸せな家庭を築くことは可能です。

時に心が折れそうになることがあるかもしれませんが、この記事を参考に、ぜひ前に進んでいってみて下さい。

この記事が、1人でも多くのシングルファザーの、再婚後の幸せな未来に貢献できれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました