父子家庭の恋愛における、よくある勘違い3選【事前に解消しましょう】

また恋愛したい。
けど、子持ちの自分に良い恋愛なんてできるのかな..

という方へ、父子家庭の恋愛において、よくある勘違いを3つご紹介します。

それがこちら。

  • シングルファザーはニーズがない
  • 子供と彼女が仲良くならなかったら、関係は終了すべき
  • 再婚は子供が小さいうちにすべき

充実した恋愛は、生活の活力へとつながります。そしてそれは、父子家庭でも同じ。

シングルファザーが充実した恋愛をするには、上記の勘違いを事前に解消しておくことが重要です。

ぜひ参考にしてみてください。

≫ 参考:シングルファザーが恋愛で抱える悩み5選【対処法も解説】

目次

父子家庭の恋愛における、よくある勘違い

シングルファザーはニーズがない

子供がいる男なんて、ニーズないよな..

というのは、父子家庭でもっともよくある勘違い。

まずは、こちらをご覧ください。

Q:シングルファザーは恋愛対象に入りますか?

  入る:20.3%
入らない:79.7%

マイナビウーマン アンケート

いや、やっぱ需要ないじゃん..

と思うかもですが、注目すべきなのは、約2割の女性は

シングルファザーも恋愛対象です

と答えているところ。

何を隠そう、シングルファザーは、この2割の女性からはめちゃくちゃモテるんです。

彼女たちがシングルファザーに感じる魅力がこちら。

  • 子供好きで優しい
  • 一人で子供を育てる責任感の強さ
  • 育児・家事スキルの高さ
  • 頑張っている姿が、女性の母性本能をくすぐってしまう
  • 強い父性・愛情をもっている

どれも子なし男性には持ち得ない、父子家庭の男性ならではの魅力。

これらの魅力を、2割の女性はきちんと理解してくれているんです。

しかも彼女たちは、男性を容姿・スペックだけで判断しようとしません。性格で人を見ようとする、素晴らしい内面を持った方々なんです。

そんな女性と恋愛を楽しめるのは、ある意味「シングルファザーの特権」とも言えます。父子家庭だからといって、恋愛に悲観的になる必要はありません。

とはいえ、

その2割の女性はどうやったら見つかるんだよ..

と思われるかと。

そんな方にオススメの出会いの場があります。

それが、こちらのマッチングアプリ。

  • ユーブライド:プロフ内で「子供がいる人との出会いの希望の有無」を選択できる。
  • ReRe (リリー):会員は「子供がいる人」と「子供がいる方との出会いを希望する人」のみ(11/30まで半額CP!)

この2つアプリなら、システム上「子供がいる男性とも恋愛を希望します」という女性と確実に出会えます。

詳しくはこちらでもまとめているので、ぜひどうぞ。
»【断言】本当にシングルファザー向きなマッチングアプリは2つだけ
    

子供と彼女が仲良くならなかったら、関係は終了すべき

次に多い、父子家庭の恋愛における勘違いが

付き合っても、子供と彼女が仲良くなれなかったら別れたほうがいいよね..

というもの。

なぜ勘違いかというと、父子家庭の子供の気持ちを考えると、父親の彼女となんて最初は仲良くなれなくて当たり前だからです。

父子家庭の子供が感じやすい気持ちが、こちら。

  • 母親への喪失感
  • 親の離婚に対する自責の念
  • 孤独感

このような感情がある中、子供に父親の交際相手と親しくなることを望むのは、なかなかハードルの高いものだったりします。

たとえ、あなたに

子供にはお母さんがいてほしい
だから、早く仲良くなってほしい

という思いがあったとしても、「子供は新しいお母さんがほしいとは思ってない」というケースもよくあります。

また、中には

お父さんの彼女と仲良くなると、お母さんへの裏切りになる..

と感じてしまう子供もいます。

こう聞くと、

じゃあ、子供と彼女は仲良くならなくてもいいの?

と思うかもですが、大事なのは

父子家庭の恋愛において、子供と彼女が仲良くなるには時間がかかることを理解しておきましょう

ということ。

たとえ最初は仲良くならなかったとしても、彼女が子供に配慮できる素晴らしい女性なら、時間をかけることで関係が築かれていく可能性は十分にあります。

しばらく経って仲良くならなかったとしても、子供に配慮しつつデートしたり、再婚も子供が自立したあとにするなど、交際を続けていくこと自体は可能です。

「子供と彼女は仲良くならないといけない」という固定観念から解放されるだけでも、気を楽に恋愛を楽しむことができます。
   

再婚は子供が小さいうちにすべき

父子家庭に限らず、母子家庭の恋愛でもよくある勘違い。

確かに、シングルファザーが再婚する場合、子供が小さいほうがうまくいきやすいのは事実としてあります。

子供が思春期だと、父親が実の母親以外と男女の関係になったことに対し、嫌悪感を感じやすいためです(特に娘の場合)。

しかし、だからといって

彼女ができた!
子供が小さいうちに再婚しよう

と盲目的に考えてしまうのは危険。

この考え方だと、子供の気持ちを置き去りにしてしまう恐れがあるからです。

また、子供が小さいうちの再婚では、懸念すべきことがあります。
虐待の可能性です。

もし虐待が起きた場合、子供の身体が小さければ、負う身体的ダメージもより大きなものとなってしまいます。

そのため、再婚のタイミングは「子供の年齢」を基準にするのではなく

  • 子供と彼女が違和感なくコミュニケーションできている
  • 再婚していいか、子供に直接聞いてみてOKをもらえた

といった「子供と彼女の関係性」を基準にするようにしましょう。
   

まとめ:充実した恋愛は子育てにも好影響

以上、父子家庭の恋愛における、よくある勘違いまとめでした。

父子家庭において、シングルファザーが充実した恋愛ができれば、子育てにも好影響があります。

父親の笑顔が増えれば、子供は安心感を持てて、目の前のことに集中して取り組めるからです。

今回の内容を参考に、世間の「父子家庭の恋愛はこうあるべき」論に惑わされず、充実した恋愛を楽しんでみてください。

≫ 参考:シングルファザーの出会いこそマッチングアプリ【オススメ2つ】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる