シンママが子連れ再婚で幸せになるためのコツ【4人の芸能人から学ぶ】

子連れ再婚で幸せになるのって、難しいんだろうな…

子連れ再婚することを考えたら、どういう人と付き合えばいいのかな…

こんな不安や、悩みを感じているシングルマザーの人は多いですよね。
 

 
もちろん子持ちでの恋愛や再婚は、初婚のように簡単ではありません。しかし、だからといって、決して恋愛や、子連れ再婚で幸せになることを諦める必要はありません

なぜなら、難しいと言われる子連れ再婚であっても、実態では「7割の家庭はうまくいっている」と言われているからです。

そして、関係がうまくいっている子連れ再婚家庭では、当然子供も幸せです。

今日は、そのもっとも参考にしやすい例として、子連れ再婚で幸せな家庭を築いた、4人の芸能人をご紹介します。
  

このブログを読むメリット
  • 子連れ再婚で幸せになる、具体的な方法がわかる
  • シンママが婚活を考えるとき、どういう人を恋人に選べばいいかわかる

  

子連れ再婚で幸せになった例:山口もえさん

ご存知、爆笑問題の田中さんと子連れ再婚をした、タレントの山口もえさん。シングルマザーから、幸せな家庭を築いた芸能人としても有名ですよね。

そんな山口もえさんが、子連れ再婚する際に大切にしていたことを紹介します。
 

すぐに再婚をせず、子供と田中さんの関係構築に時間をかけた

山口もえさんが田中さんとの子連れ再婚を決意したのは、交際から3年以上が経過したときでした。

最初のデートも子連れでの食事会。その後交際してから再婚するまで、2人きりで会うことはほとんどなかったそうです。

交際を決めるときも慎重で、連絡先交換から1年後に田中さんから告白されたときに、「今は子供が一番なので」と、山口もえさんはその告白を断りました。

しかし、田中さんは「そんな子供を大事にしているもえちゃんが好きです!」と引き下がりませんでした。この言葉で山口さんは、子連れ再婚を見据えた交際を考えれたといいます。

その後、子連れで会う機会を重ねていき、田中さんと子供たちは、時間をかけて徐々に打ち解けてきました

そしてある日、子供たちが田中さんのことを、それまでの「タナチュー」ではなく、パパと呼んだことから、山口もえさんは「子供たちと田中さんが完全に打ち解けた」と確信。そこで、ようやく子連れ再婚を決心することができました。

こんな風に山口もえさんは、常に子供のことを考えて、田中さんが自分の子供とうまくやっていける人なのかどうか、時間をかけて見るようにしました

そして、長い期間をかけて「子供が田中さんと一緒に生活しても幸せな家庭を築いていけそうだ」と思えて初めて、子連れ再婚を決意しました。

やはり、シンママが子連れ再婚をするタイミングは、

恋人と子供はうまくやっていけそうか?

ということを、判断できるようになってからの方が良いことがわかります。それを判断するためには、最低でも2年くらいの交際期間は必要でしょう。

もし、そこで「相手のことは好きだけど、子供と一緒に幸せな家庭を築いていくのは想像できないな。」と思うのであれば、

再婚はせずに交際にとどめておく

というのも、立派な判断です。
 

子連れ再婚で幸せになった例:堀ちえみさん

堀ちえみさんも、子連れ再婚で幸せな生活を送っている芸能人として有名です。

堀ちえみさんの再婚は、旦那さんと堀ちえみさん、お互いに子供がいてのものでした。当然、どちらか一方に子供がいる再婚よりも、関係構築は難しくなります。

そんな堀ちえみさんが、現在の幸せな暮らしを送るために、気をつけていたことを紹介します。
 

子供を叱るときは、必ず実親経由で

堀ちえみさんが、子連れ再婚の生活で旦那さんと決めていたことが、

子供を叱るときは、必ず実親から叱るようにする

ということです。

連れ子に対して「コラっ!」と怒りたい場面があっても、いったん実の親であるパートナー経由して叱るようにしていました。

子供の気持ちを配慮して、継親から連れ子に対して、きつく叱るようなことはしなかったそうです。

事実、子連れ再婚をした家族(ステップファミリー)の調査で、子供から聞かれる不満の声第1位が、

継親(血が繋がっていない親)から怒られるのが嫌だった

です。
 

 
そのため、子連れ再婚家庭で、実親と継親はアメとムチ役で分かれた方がうまくいくとされています。

理想の役割
  • 実親:厳しい(ムチ役)
  • 継親:優しい(アメ役

シングルマザーで、再婚相手が子なしであれば、

叱る役は私がちゃんとするから、あなたはフォロー役を担ってほしい

とお願いしておくと良いです。

そうすれば、子供も継親に対して、辛いときにフォローしてくれたことに感謝の気持ちを持つことができます。
  

子連れ再婚で幸せになった例:明石家さんまさん

え、さんまさんって子連れ再婚してたの?」と驚かれた人もいるかもしれません。

実は、さんまさんが大竹しのぶさんと結婚したときは、大竹さんに前の夫との子供、二千翔さんがいての子連れ再婚でした。

ご存知のとおり、さんまさんと大竹さんはその後離婚してしまいました。

しかし、今でも家族の関係は良好で、二千翔さんの誕生日をさんまさん・大竹しのぶさん・娘のIMALUさんの4人でお祝いをするなど、幸せな家族関係を離婚した後も築いていることがわかります。

そんなさんまさん・大竹しのぶさんが、子連れ再婚を経て幸せな家族関係を作ることができた秘訣とは何だったのか、ご紹介します。
 

「お父さん」ではなく、ニックネームで

さんまさんは、大竹さんとの子連れ再婚を決めた当初、二千翔さんに対して

明石家さんまさん

いきなり『お父さんと呼べ』なんて言われても難しいだろうから、ボスと呼んでくれ

と、ニックネームで呼んでもらうようにしていました。

これは、子連れ再婚家庭での、連れ子の気持ちを配慮した素晴らしいアイデアです。

多くの人が子連れ再婚後にやってしまう間違いが、継親が「血が繋がっていなくても、良い親になろう」と意気込んで、いきなり『お父さん』『お母さん』のポジションを取ろうとしてしまうことです。

なぜ間違いなのかというと、子連れ再婚時の子供の気持ちは、負の感情でいっぱいであることが多いからです。

子連れ再婚時の子供の気持ち
  • 離別した親への喪失感
  • 親が離婚してしまったことへの罪悪感
  • 新しい生活環境への戸惑い・疲労
  • 親の新しい恋人への不信感・恐怖
  • 親が実親以外の人と男女関係になったことへの嫌悪感

これだけ負の感情が重なっているところへ、「自分が今日から新しい親だ」という態度をとっても、子供に強烈な拒絶心を抱かせてしまうだけです。

その典型例が、子供に継親のことを「お父さん」「お母さん」と呼ぶよう強制することです。

実親からも「お父さん・お母さんと呼びなさい」と強制するとさらに最悪で、こうすると、子供は家庭の中で居場所を見失ってしまいます。

その点、さんまさんはさすがです。いきなり親になろうとせず、「気のいい兄貴分」として接するようにしました。

そうした態度が二千翔さんの心をぐっと掴み、さんまさんと大竹さんが離婚するときも「ボスの方へいく!」と希望したそうです。

シングルマザーが子連れ再婚を決意するのであれば、相手の男性のことを子供から何と呼んでもらうようにするか、ニックネームを事前に決めておくようにしましょう
  

子連れ再婚で幸せになった例:哀川翔さん

強面な風貌からは想像がつきにくいですが、俳優の哀川翔さんも、子連れ再婚を経て幸せなファミリーを築いている芸能人の1人です。

哀川翔さんは、3人の子供がいる一般女性と子連れ再婚し、その後2人の子供を新たにもうけて、7人のステップファミリーとなりました。

そんな哀川翔さんが幸せな子連れ再婚家庭を築くために、大切にしていたことを見ていきましょう。
 

連れ子を、別れた親へ自由に会いに行かせた

哀川翔さんは、子連れ再婚をした当時、連れ子たちにこう言いました。

哀川翔さん

俺はいきなり父親にはなれない。困ったことがあれば、いつでもお父さん(実の父親)に相談すればいいんだぞ

こうして、連れ子たちがいつでも別れた父親のところへ、自由に会いに行けるようにしていました。

これ、子連れ再婚(ステップファミリー)に関する専門家からも大切だと言われていることです。

なぜかというと、別れた親へ子供が親しみを感じていた場合、子供の気持ちにある「親へのポジティブなイメージ」を保つことができるからです。

この「親へのポジティブなイメージ」を持っている子供ほど、社会性が発達し、周囲とうまくやり取りするコミュニケーション能力が身につきやすく、非行に走りにくいと言われています。

逆に、連れ子から実親へ会う機会を絶ってしまうと、喪失感・虚無感から「親へのネガティブなイメージ」が生まれてしまいます

こうなると、子供は反抗的な態度や反社会的な行動を取りやすくなり、子連れ再婚で幸せな家庭を築いていくことが難しくなってしまいます。

日本より、ステップファミリーに関する知識と教育が行き届いている欧米では、子連れ再婚後も、連れ子を別れた親のところへ自由に行き来させているのが一般的です。

シングルマザーは、子連れ再婚を決める前に、パートナーへ「自分の子供を別れた夫へ合わせる」ことを承諾してもらうようにしましょう。

パートナーがそれを認めてくれない人なら、その人との子連れ再婚は諦めて、交際のままにとどめるか、別のパートナーを探したほうが良いです。
  

子連れ再婚で幸せになるには、事前の話し合いが大切

子連れ再婚で幸せなためのコツを、芸能人の例からご紹介してきました。

いずれのことも、大切なのはそのコツや方法を行うために、パートナーと子連れ再婚を決意する前に、十分に話し合っておくことです。

その話し合いに相手が応じてくれないのであれば、子連れ再婚は考え直したほうが良いといえます。

シングルマザーは将来を見据えて恋人選びをする際、

  • 相手が、子供のことも配慮してくれる人なのか
  • 子供の話にも、ちゃんと耳を傾けてくれる人なのか

この2点が、付き合うべきかどうかを判断するポイントになります。

幸せな子連れ再婚のための相手選びには、下記の記事も参考になるので、ぜひご覧ください。
≫ 【結論】子連れ再婚の出会いにマッチングアプリが良い3つの理由【選び方も解説】 

コメント

タイトルとURLをコピーしました