男性がシングルファザーになった理由4選【シンパパと出会いたい女性向け】

シングルファザーって、なんでシンパパになったの?

と疑問を持つ女性へ、「男性がシングルファザーになる主な理由」を4つご紹介します。

具体的には、下記のとおりです。

  1. 子供が父親との生活を望んだ
  2. 「父親といる方が、子供の成長には良い」と裁判で判断された
  3. 妻の育児放棄
  4. 妻との死別

このように、男性がシングルファザーになる背景には、複数の理由があります。

これらを把握しておくだけでも、シングルファザーの理解に繫がったり、彼らが「いかに素晴らしい男性であるか」を改めて知ることができます
 

離婚理由とシングルファザーになった理由は、ちがう場合がある

よくシングルファザーについて、勘違いされることが

シングルファザーになった理由って、元奥さんが浮気したからでしょ

というものですが、一概にそうは言えません

なぜなら、たとえ妻の浮気が原因で離婚したとしても、裁判所が「子供は、母親といた方がいい」と考えれば、親権は母親に渡ることになるからです。

つまり、「離婚理由」と「子供が一緒にいるべき親」は、別問題と考えられるんです。

そして、妻の不倫から親権を争う裁判になっても、母親に親権が認められるケースがほとんどで、シングルファザーがうまれるのは稀です。

2017年の裁判所の司法統計によると、調停・審判での親権者の取り決めのうち、

  • 母親が親権を獲得:19,160件 (91%)
  • 父親が親権を獲得 : 1,959件 ( 9%)

と、もはや桁が一つ違うくらいです。

では、なぜそんな状況で男性が親権を獲得し、シングルファザーになったのか。その理由を、詳しく解説します。
 

男性がシングルファザーになった理由

①子供が父親との生活を望んだ

どれだけ離婚までに母親が子育てを行っていても、子供が「お父さんと暮らしたい」と言えば、母親が引き、父親がシングルファザーを決意するケースが多いです。

なぜ、子供がこれまで育ててくれた母親と決別するかというと、理由のほとんどは「不倫」です。

さきほど、「妻の不倫」=「シングルファザーになった理由」とは限らないとお伝えしましたが、とはいえ、子供がそんな母親に「気持ち悪さ」を感じ

お母さんとは暮らしたくない

と、父親との生活を選ぶケースも多くあります。

そしてこれは、「子供が父親に対して、ある一定の親しみを感じている場合にしか起きない」ということも言えます。
 

②「父親といる方が、子供の成長には良い」と裁判で判断された

親権の争いに決着がつかなければ、裁判になるわけですが、そこで

子供は、父親といる方が健全に成長できる

と判断されれば、男性がシングルファザーとして生きていくことになります。

一般的に母親に親権がいくことがほとんどの中、裁判所が父親の方を「子育てするにふさわしい」と判断する理由は、以下のようなものがあります。

  • これまで父親の方が子育てをしており、今後も時間が取れる
  • 子供のために、面会交流を行う意思がある
  • 父親の方が、子育てのための健康状態・環境が整っている
  • 母親が不倫を理由に、育児をおろそかにしていた

つまり、裁判では、男性は「親としての能力」を大きく評価してもらうことで、はじめてシングルファザーになれるというわけです。
 

③妻の育児放棄

少数ではありますが、元妻が育児放棄をしたことによって、シングルファザーになる人もいます。

また、育児放棄とまではいかなくても、元妻が子供に日常的に「暴言」「暴力」をふるっていたため、

これ以上、母親には子育てを任せておけない

と、シングルファザーを選択する男性もいます。
 

④妻との死別

男性がシングルファザーになる理由は、なにも「妻との離婚」だけではありません。「妻が亡くなってしまった」というパターンもあります。

そして、この「妻との死別」が理由でシングルファザーになった方は、全体の中でもかなり多いです。

  • 死別が理由の母子家庭:全体の 8%
  • 死別が理由の父子家庭:全体の19%

厚生労働省 平成28年度 全国ひとり親世帯等調査結果報告

なので、必ずしも「シングルファザー」=「元妻と離婚した」というわけではないことは、認識しておきましょう。
 

シングルファザーの子供は、心に大きな傷を負っている可能性がある

シングルファザーの子供は、ある意味シングルマザーの子供よりも、心に大きな傷を負っている可能性があります。

なぜなら、シングルファザーになる理由でも見てきたように、子供のほとんどは「自分にとって絶対的な存在」である母親を、その人自身の

  • 死亡
  • 不倫
  • 暴力

によって失っているわけです。

子供が物心つく年齢であれば、その心のダメージがとてつもなく深刻であることは、簡単に想像できると思います。

なので、もしあなたがシングルファザーと恋愛をして「子供に会う」となった場合、そういった事情を理解し、常に寄り添ってあげようと思う気持ちが大切です。

≫ 参考:シングルファザーと結婚したい女性が知るべき3つのこと
 

シングルファザーは、内面的に素晴らしい男性が多い

以上のように、シングルファザーは過去に辛い経験をした人がほとんどですが、その辛い経験があった分、精神的に強い人も多く、女性の恋愛対象としてはオススメの存在です。

具体的にシングルファザーの魅力としては、下記のことがあります。

  • 母親が親権を持つのが一般的な中、自分一人で子育てをしようとする責任感
  • 強い父性・強い愛情を兼ね備えている
  • 仕事・家事を両立していて、頼りがいがある
  • 浮気・DV・散財のリスクが少ない
  • 子供好きで、優しい

これら全てを兼ね備えている人は、子供なしの男性にはなかなかいないでしょう。

そして、このような魅力的あふれる男性に、あなたは今求められています。なぜなら、あなたのようなシングルファザーとの恋愛を考えている女性は希少だからです。

なので、ぜひ今回の内容を参考に、シングルファザーとの素敵な恋愛を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました