【毎月タクシー3万円分!】シングルマザーが車なしで暮らす3つのコツ

シングルマザーって、やっぱり車は必要?
お金が不安で。。

という方へ、シングルマザーが車を持たずに生活するときに役立つ、3つのコツをご紹介します。

具体的には、こちら。

  1. 都心の駅近くに住む
  2. タクシーをすぐ呼べるアプリを使う
  3. カーシェアリングを利用する

もちろん、状況によっては車を買うほうがいい場合もあります。

ただ、今は「車を持たない人向けの便利なサービス」も続々と出ていて、以前よりもシングルマザーが車なしで生活しやすくなってきているので、ぜひ参考にしてみてください。
 

シングルマザーが車なしで生活するメリット

①経済的な負担が大きく減る

シングルマザーが車なしで生活する最大のメリットは、なんといっても出費が大幅に減ることです。

ニュースサイトしらべぇの調査によると、30代女性の54.5%・40代女性の44.9%が「車は贅沢品だと思う」と答えています。
参考:ニュースサイトしらべぇ

では、シングルマザーが車なしで生活すると、実際どれくらい経済的な負担が減るのか、詳しく見ていきます。
 

車の購入費用

シングルマザーに人気の車種「軽自動車」「コンパクトカー」を新車で買うとなると、購入費用の目安は以下のとおり。

  •    軽自動車:130万円前後
  • コンパクトカー:160万円前後

中古車だと費用はもっと安くなりますが、その分燃費が悪くなったり、すぐに修理しないといけなかったりするので、「結果的に高くつく」なんて場合もあります。

仮に、新車で130万円の軽自動車を購入して10年間乗った場合、1ヶ月あたりの費用は約1万円です。
 

車の維持費用

シングルマザーが車を持つ上で、一番お金がかかるのが「維持費」です。

  • ガソリン代
  • 車検代
  • 保険代
  • 自動車税
  • 駐車場代

これらをかなり安く抑えたとしても、「年間35〜40万くらいはかかる」と言われています。1ヶ月あたり約3万円です。

また、事故・劣化で修理が必要になれば、シングルマザーの経済的な負担はさらに重くなります。

これらをもとに、130万円の軽自動車を10年間乗った場合、かかるお金を短期的・長期的にざっくり見ると

車の購入費用含めず
  •   1ヶ月あたり:3万円
  • 10年間の合計:350〜400万円
車の購入費用含める
  •   1ヶ月あたり:4万円
  • 10年間の合計:480〜530万円

短期的に見れば、1ヶ月に3〜4万円分のタクシーを使えますし、長期的に見れば、子供の高校・大学にかかる学費の大きな足しにすることができます。

ほかにも、そのくらいお金が浮けば、年1回で海外旅行にも行けるでしょう。

しかも、これらはかなり安く見積もった結果なので、実際はこれ以上のお金を節約できる場合が多いです。

なので、

「車を持たない」=「シングルマザーのお財布の大きな助けになる」

ということは間違いなく言えます。

このあたりについては、下記の動画がとても参考になるので、ぜひどうぞ。

車の保有コストを考えてみよう。毎月3万円もかかっているの!?

 

②事故の不安が減る

あなたが運転にあまり自信がない人なら、事故の不安がなくなるのもメリットです。

もちろん、タクシー・レンタカーを利用すれば事故の可能性はありますが、「自分で運転する機会が減る」という意味では、事故に合う確率はグンと減ります

自分の車で事故があれば、修理費で10万円くらいは簡単に吹っ飛んだりしますし、人身事故であれば、精神的にも辛い思いをしなければなりません。

なので、車をもたない生活は、運転に自信がないシングルマザーにとっては心理的な安定にも貢献してくれます
 

③歩く機会が増えて、健康的

シングルマザーが車を持たなければ、必然的に歩く機会が増えるので、その分健康的になれます。

特に子供にとって歩くことは、体の成長だけでなく、心の成長にも大切なこととされていて「歩育」とも言われたりします。

歩育が子供にもたらす良い効果は、

  • 生き物・植物など、自然に触れる機会が増えて五感が発達する
  • 交通ルールを学べる
  • 運動能力・体力が身につく
  • 日中の運動量が増えて、寝つきが良くなる

といったことがあります。

もちろん、途中でクズったりして大変なこともあるでしょう。ただ、長い目で見れば、シングルマザーの車なし生活は子供の心身にとってもメリットがあります。
  

④運転時間が減り、時間が生まれる

シングルマザーが車に乗る機会が少なくなれば、その分運転の時間が人生から消えることになります。

例えば、その分をタクシーで移動するようにすれば、その間に子供の世話をできたり、晩ごはんのレシピ・子育て情報をスマホで調べることも可能です。

また、

  • 汚くなってきたから、車を綺麗にしないとな
  • この部分修理した方がいいかな
  • 駐車場のある物件を探さないと(引越し時)

と、車についてあれこれ考える機会もなくなります
  

シングルマザーが車なしで生活するデメリット

①パッと車で移動できない

シングルマザーが車なし生活をする上で、一番デメリットに挙げられるのが「パッと車で移動できない不便さ」です。

地方の場合は

通学の送り迎え・日々の買い物に、車がない生活は考えられない

という意見があったり、都心部であっても

子供が病気になったとき、すぐ移動できないのは不便

という人もいます。

やはり、日常的に車を使うシングルマザーからすると、車がない生活はデメリットが大きいようです。
 

②雨の日の移動が大変

シングルマザーが車なし生活をするデメリットとして多い意見が、「雨の日が大変」というものです。

ベビーカーにレインカバーをつけたり、レインコートを着て自転車に乗らないといけなかったりするので

雨の日に子連れで出かけるのは、ストレスがかかる。。

と感じるシングルマザーは多いです。
  

③「子供が可愛そう」という周囲の目

シングルマザーが車なし生活をする上で、意外と多く挙げられるデメリットが「周りからの目」です。

  • 車なしで子育てなんて、子供が可愛そう(ママ友)
  • 不便で大変なんだから、車は持っておきなさい(親)

シングルマザーが車を持たずに子供を育てようとすると、こういった意見が否が応でも飛んでくることがあります。

また、子供が地域の習い事サークルに入ったときに、車出しができず

子供の友達のお母さんに、毎回送り迎えしてもらうのが申し訳ない

と感じる人もいます。
  

シングルマザーが車なしで暮らす3つのコツ

以上のように、シングルマザーの車なし生活にはメリットもデメリットもあるわけですが、その中でも「デメリットを最小限に抑えて、車なしで暮らしていくコツ」をご紹介します。
 

①都心部の駅近くに住む

「地方は商業施設がバラバラにあるので、車なしでの生活は考えられない」という意見は多いので、シングルマザーが車を持たないとなると、なるべく都心部に住むほうが良いです。

そして、

  • パッと電車に乗れる
  • タクシーがつかまりやすい
  • 商業施設が集まっている
  • 通勤時間が短縮できる

という点で、都心部の中でも駅近くに住んだほうが便利です。

また、多くの自治体では、児童扶養手当を受けているシングルマザーに対して「JRの定期券を3割引で購入できる」制度があるので、経済的な負担をさらに減らすこともできます。

ただ、こういうと

都市部に住んだら、家賃が高くなるじゃん

と思うかもですが、都心部の中心を避けさえすれば、車にかかるお金と比べるとトータルでは全然安く収まるはずです。

あと

重いものを買うときは、どうするのよ

というシングルマザーの方には、ネットでの購入・定期便の活用をオススメします。

ネットでの買い物を多用できれば、車から重い荷物を部屋に運ぶ作業もなくなります
 

②タクシーをすぐ呼べるアプリを使う

シングルマザーが車なし生活をすると「1ヶ月でタクシーに3〜4万円分乗れる」とお伝えしましたが、「すぐに車に乗れない」というデメリットもあることがわかりました。

そんなときに、シングルマザーにオススメなのが「タクシーの配車アプリ」です。

アプリ内で場所を指定すると、その場所から一番近くにいるタクシーがすぐに迎えに来てくれます。場所にもよりますが、通常だいたい5〜10分くらいで来てくれます

「すぐ出かけよう」となっても、たいてい5分くらいは、自分と子供の準備に時間がかかったりしますよね。

さらに、タクシーの配車アプリには、普通にタクシーを捕まえるよりも下記のメリットがあります。

  • アプリ内決済ができるので、降りるときにお金を支払う必要がない
  • 乗る前に料金・到着時間がわかる
  • クーポンが使えて、安く乗れる

なので、現時点で「車があったら便利だな」と思う機会が頻繁でないのなら、まずは都心の駅チカに住んで、タクシーの配車アプリを使い倒すことをオススメします。

Appliv タクシーを配車/予約する おすすめアプリランキングTOP10
  

③カーシェアリングを利用する

とはいえ

子供の送り迎えにタクシーばかりだと、周りの目が気になる

頻繁にタクシー使ってたら、けっこうお金がかかる

というシングルマザーの方もいるかと思います。

そんなときは、「カーシェアリング」がオススメです。

カーシェアリングであれば、車の購入費用がいらないのはもちろん、下記のメリットがあります。

  • 保険・車検・税金・駐車場代がいらない
  • レンタカーのように、ガソリンを満タンにする必要がない
  • 「10分だけ」といった短時間で、24時間利用できる
  • 利用料金が安い

最近では、地方にも多くカーステーションがオープンしているので、「都会だけのサービス」というわけでもなくなってきています。

デメリットとしては、

  • 車を返却しないといけない
  • 予約がとれない場合がある

といったことはあるものの、タクシー・バス・電車と併用すれば、経済的な負担を大幅に少なくできたり、車管理の煩わしさからも解放されます。

初めてのタイムズカーシェアリング申込み予約 返却方法、料金は?

  

それでも不便なら、車の購入を考えよう

以上、シングルマザーが車なしで生活するためのコツをご紹介してきましたが、それでも

子供が3人いるので、好きなときに好きなだけ車に乗りたい

田舎で、駅・タクシー・カーシェアリングも近くにないので、自分の車がないと不便

ということなら、マイカーの購入を検討しましょう。

やはり、地方に住んでいて、子供が2人以上とかになってくると「車なしなんて考えられない」というシングルマザーは多いです。

ただ、あなたが都市部の近くに住んでいて、子供もまだ1〜2人で、

なんとか車を持たずに生活できないかな・・

と思っているのなら、お伝えした3つのコツを試す価値は大いにアリです。

そこで「やっぱり無理だな」と思ってから車を買うのでも、決して遅くはないはず。

なので、「シングルマザーは車を持つべき」という固定観念にとらわれずに、まずはいろいろ試してみてから、あなたに合った移動手段を選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました