【疑問】再婚したら養育費は継続でもらえる?→ もらえる場合を解説

この記事は、

再婚活したいけど、再婚したら元夫からの養育費はどうなるの?
なくなったりするの?

と悩むシンママへ

再婚しても、継続して養育費をもらえる方法はありますよ

ということをお話します。
 

この記事を読むメリット
  • 再婚しても、元夫から養育費をもらえる
  • 元夫からの養育費が、減額される場合もわかる

    

シンママが再婚したら養育費は?養子縁組しなければもらえる

シンママが再婚したら養育費は?養子縁組しなければ全額もらえる

シンママが再婚しても、元夫から継続して養育費をもらう方法は、ずばりこれです。

再婚相手と自分の子供の、養子縁組をしないこと

「再婚」=「再婚相手が、子供の新しい父親になる」と思っているシンママも多くいますが、そうではありません。

シンママが再婚しただけであれば、自分と再婚相手は家族関係にはなるものの、子供と再婚相手は法律上、家族関係にはなりません。いわば、ただの同居人です。

自分の子供と家族関係ではないということは、再婚相手には扶養義務も発生しません。ということは、シンママが再婚しても、子供を育てるお金自体が増えるわけではありません。

そうすると、法律上では「これまで通り、元夫からの養育費は必要だ」という判断となり、再婚しても受け取ることができるのです。

再婚して養子縁組をしない場合

ただし、養子縁組をしなくても、再婚相手が子供たちの生活費も含めてお金を負担している場合は、元夫からの養育費の減額が認められることもあります。
 

そもそも養子縁組って?

そもそも養子縁組って?

養子縁組とは、シンママが再婚した後に、連れ子(自分の子供)が再婚相手の養子に入り、法律上の親子関係を結ぶことをいいます。

「血の繋がりはないけれど、社会的には『本当の親子』と見なすこと」を言います。

養子縁組には2種類ありますが、世の中のほとんどは普通養子縁組です。

  • 普通養子縁組:前の夫(実親)と、子供の親子関係も継続される
  • 特別養子縁組:前の夫(実親)と、子供の親子関係は切られる

シンママが再婚したら、養子縁組の手続きは簡単で、養親(再婚相手)と養子(自分の子供)がそろって役場に行き、必要書類に判子を押すだけです。

シンママが再婚して養子縁組をすると、大きく変わることはこちら。

養子縁組で変わること
  • 再婚相手の相続権を、自分の子供に与えられる
  • 子供の苗字が、再婚相手と同じになる
  • 再婚相手に、自分の子供を養う義務が発生する

養子縁組をすると、再婚相手と子供は、社会的には実の親子と同じ扱いになるので、親の遺産を受け継いだり、同じ苗字を名乗ったり、子供を養育する義務が生まれます。
 

養子縁組の注意点

再婚したら、養子縁組を考えるシンママは多いですが、養育費の点で注意が必要です。

再婚相手もシンママの子供の親となり、扶養義務が発生することで、いわば前の夫と再婚相手は、父親としての責務(扶養義務)を分け合うことになります

再婚して養子縁組をする場合

そのため、前の夫側からすると父親としての責務(扶養義務)が減るので、その分の養育費が減額される、ということが起こります。

そのことについて、次の章で詳しく解説します。
 

シンママが再婚したら養育費が減額される場合

シンママが再婚したら養育費が減額される場合

① 養子縁組をした

先ほどもお伝えしたように、シンママが再婚して、再婚相手と子供が養子縁組をする場合、元夫と再婚相手は子供の扶養義務を分け合うことになります。

なので、元夫はそれまで払っていた養育費の減額を要求することができます。

ただし、元夫からの養育費が0になるというわけではなく、あくまで元夫は再婚相手の二次的な親として養育費を援助していく、というイメージです。
※ただし、シンママの再婚相手の経済力が十分すぎる場合、元夫からの養育費が0になる可能性もあります。

実際に養育費がどれくらい減額されるのかは、シンママ側の家庭の収入と、元夫側の家庭の収入のバランスから決まります。

その養育費をシミュレーションできるツールもあるので、気になる方は下のサイトをご覧ください。
 

   

② 元夫が再婚した

養育費が減額されるシーンは、何もシンママ側の理由だけで起こるわけではありません。元夫側の理由によっても、養育費が減額されることがあります。

たとえば、元夫が他の女性と再婚し、その女性やその子供の扶養義務が発生した場合は、元夫から自分の子供への養育費の減額が認められます。

シンママからすると、

なんで、向こうの勝手な都合で養育費を減らされないといけないのよ

という感じかもしれませんが、残念ながら法律ではそれが通ります。

そしてこれは、養子縁組をしていなくても、さらにはシンママが再婚すらしていなくても、元夫からの養育費の減額認められます

なぜかというと、法律的には、

元夫が同額の養育費を払い続けることになると、元夫の再婚相手で扶養に入った女性やその子供は、生活が苦しくなってしまう

と判断されるからです。

そして、もし元夫が新しい妻と子供を作った場合、その新しい子供も養っていかなくてはいけないので、シンママ側の子供への養育費はさらに減額される可能性があります。
 

③ 元夫が失業・病気などで収入が下がった

元夫が病気・ケガ・リストラなどによって、収入が著しく下がった場合も、養育費が減額される可能性があります。

こういった養育費を取り決めた時点では予測できなかった収入減については、法律上は養育費の減額が認められる可能性が高いです。
 

再婚したら養育費についてどう考えれば良いか

再婚したら養育費についてどう考えれば良いか

シンママが再婚したら、養子縁組をしなければ元夫からの養育費はそのままもらえることがわかりました。

がしかし、元夫が失業したり、再婚して新たに養う家族ができたような突発的なときには、シンママが再婚していなくても、元夫からの養育費が減額されることもわかりました。

では結局のところ、どうすればベストなのでしょうか?

おそらくシンママにとっては、「再婚相手が経済的にかなり苦しい」という場合を除けば、新しい夫からも自分の子供(連れ子)に対して経済的援助を正式に受けれる、養子縁組をした方がメリットは大きいはずです。

しかし、再婚相手の男性にとっては、

妻(シンママ)が好きだから結婚したのであって、その子供の面倒までは経済的負担を強いられてまで見たくない

というのが、本音ではあったりもします。

では、シンママはこの場合どうすれば良いのでしょうか?
 

再婚相手に、養子縁組を無理強いしない

再婚相手に、養子縁組を無理強いしない

再婚相手からすれば、養子縁組しなくても妻(シンママ)と結婚できます。

それなのに、わざわざ連れ子(シンママの子供)と事実上の親子関係になって、養う義務を背負うのは嫌だと考えるのも、心理的には普通のことです。

再婚相手が養子縁組してくれない!
愛情が足りないんだわ!

と考えて、詰め寄るのはやめましょう
 

こういった血の繋がりのない関係が生まれた家族を「ステップファミリー」と呼びます。再婚時のようなステップファミリー初期では、再婚相手と連れ子(自分の子供)の関係構築がほぼない状態です。

しかし、ステップファミリーでは、一緒に暮らしていく時間が長くなっていくにつれて、徐々に再婚相手と自分の子供の関係ができあがっていったります。

そして、再婚相手が自分の子供を、本当の子供のように扱ってくれるようになってから、そこで養子縁組を打診する、というのも話し合いのタイミングとしては良いです。
≫ 参考:ステップファミリーで、子供の気持ちに寄り添うために大切な5つのこと

  

子供にも、養子縁組を無理強いしない

子供にも、養子縁組を無理強いしない

再婚相手が養子縁組を受け入れてくれても、子供が嫌がる場合もあります。

一応法律上は、連れ子(シンママの子供)が15歳未満であれば、子供の同意なしに養子縁組をすることができます。しかし、15歳未満であっても、きちんと子供の気持ちは考慮してあげましょう。

子供が養子縁組を拒否するのは、もちろん再婚相手を親として受け入れたくないという場合もありますが、「苗字が変わるのが嫌だから」ということも多いです。

  • 前の苗字を気に入っているから
  • 別れた親と、違う苗字になるのが嫌だから
  • 新しい苗字だと学校でいじめられそうだからv

理由は様々考えられますが、実は養子縁組をして戸籍上は苗字が新しくなっても、学校では旧姓のまま生活することは可能です。

そのあたりも伝えてみて、子供の意見も聞いてあげながら話し合うことがベストな解決策です。
 

再婚したことを、元夫にも伝えておく

シンママがよく考えるのは、

再婚相手と自分の子供が養子縁組をしても、それを元夫に知らせなければ、いままで通り養育費を受け取れるんじゃない?

ということですが、これはオススメしません。

確かに多くの場合、離婚後の夫婦というのは子供の状況を連絡し合うだけで、お互いの再婚事情までは話さないのが普通です。

しかし、再婚して養子縁組をしたことを元夫に知らせず、養育費を全額そのまま受け取れ続けたとしても、どこかのタイミングでそれが元夫にバレる可能性だってあります。

再婚・養子縁組がバレる時
  • 子供が元夫に、母親が再婚したことを話した
  • 元夫が、郵送物などで元妻の苗字が変わっていることに気づいた

そうなると、元夫から

今までの養育費を返せ!

と、トラブルや訴訟になるのは明白です。

仮にバレて、元夫からそれまでの養育費の返金を要求されても、元夫の別れた子供への扶養義務がなくなったわけではないので、その返金要求が通ることはほぼありません。

がしかし、元夫からすると「元妻に騙された」という気持ちは残ります。たとえ離婚したと言えど、実親同士の関係悪化が、子供へ悪い影響をおよぼすのは確実です。

結果的に養育費が減額されることになっても、トラブルや訴訟を避けるため、再婚・養子縁組をする際は、そのことを元夫にも伝えておくようにしましょう。
 

まとめ

  • 再婚したら、養育費は養子縁組をしなければ受け取れる
  • ただし、元夫の事情(収入激減・再婚)によっては減額される
  • 養子縁組を再婚相手や子供に求める場合は、時間をかけて

シンママが再婚したら、ひとまずは養子縁組をせずに、元夫から継続して養育費を受け取るという方が良いかもしれません。ただし、元夫へ再婚したことの連絡はお忘れなく。

そして、子供と再婚相手の関係構築が進んできて、さらに元夫も再婚しそうな場合(すでにしていることもあるかもですが)はそれを見越して、養子縁組の話し合いを進めていく、という流れでも遅くはないでしょう。

また、こういった養育費や養子縁組など、法律でトラブルになりやすいことは専門家に意見を求めることも良い方法です。

自分だけで悩まず、困ったときは専門の相談所や、法律相談所へ意見を求めるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました