【男性向け】格段にモテる、マッチングアプリの写真の撮り方【4つのコツ】

マッチングアプリの写真って、どんな撮り方が一番モテるの?

と悩んでいる男性へ、格段にモテるようになる、マッチングアプリの写真の撮り方をご紹介します。そのコツは、下記の4つ。

  1. 前方から光が当たる場所で撮る
  2. 白熱灯など、赤みのある光の下で撮る
  3. 大笑いではない笑顔で撮る
  4. サブ用に、空間・背景がわかる写真を撮る

これ、全て明確な根拠があります

マッチングアプリの写真の撮り方に悩むあなたへ、確実に成果をもたらしてくれるので、ぜひ参考にしてみてください。
 

格段にモテる、マッチングアプリの写真の撮り方

①前方から光が当たる場所で撮る

まず、マッチングアプリでモテる写真の撮り方として、「前方から光が当っている場所で撮る」ということが大切になります。

理由を説明するために、まずは芸能人やモデルの撮影現場をイメージしてみてください。テレビなどで、一度は見たことがありますよね。

このような撮影現場では、芸能人やモデルをもっとも美しく見せるために、必ずライトを前方正面から照らしています

こういった証明の当て方の技術を、写真撮影の世界では「ライティング」と呼びます。様々な光の当て方のバリエーションがあって、角度一つで写真の印象をガラッと変えることができます

マッチングアプリの写真の撮り方において、特に細かいライティングの技術を覚える必要はありません。

ただ、覚えておいてほしいのは、人は光の当て方によって、見た目の印象を何倍にも良くすることができ、その基本の技術が「前方から光をあてる」ということなんです。

とはいえ

前方に光がある場所なんて、ねーよ。。

という意見もあるかと思います。

そういう場合は、上から光が当っている場所では写真を撮らない or そういう写真をマッチングアプリには載せないようにしてください。

それだけでも、「せっかくのあなたの魅力が、写真の撮り方によって損なわれる」ということはなくなります
 

②白熱灯など、赤みのある光の下で撮る

次に、マッチングアプリでモテる写真の撮り方で大切なのが「赤みのある光の下で撮る」ということになります。

赤みのある光とは

  • 白熱灯
  • LEDライト
  • 日の出、夕日の太陽光

になります。

なぜ、こういった光の下で写真を撮るといいかと言うと、先に「NGな例」を見るとわかりやすいです。

まず、思い出してもらいたいのが、夜に電車に乗っているときです。ふと鏡を見たら、自分の顔がとても老けて見えたこと、経験ありますよね。

あれは、さっき紹介した、前方から光が当たる良い状況とは逆に、夜の暗い中で上方からしか光が照らされず、顔に影ができて目のクマ・シワがハッキリ見えてしまう、というのが一つ目の原因。

そして、二つ目の原因が「電車内の照明が蛍光灯である」ということです。

なぜ、蛍光灯がダメかというと、蛍光灯のような白い光は、肌のたるみ・くすみを見えやすくしてしまう効果があるんです。つまり、人を老けて見えさせるんです。

それとは逆に、白熱灯やLEDライトのような赤みがかった光で照らされると、シワやくすみが見えずらくなります

また、肌や髪にツヤが出て見えるので、健康的な印象になります。つまり、人を若く見えさせるんです。

なので、マッチングアプリの写真を撮るときも「赤みのある光の下がベスト」というわけです。

③大笑いではない笑顔で撮る

マッチングアプリのNGな写真の撮り方として、「大笑いで撮ること」があります。

え、大笑いの方が、楽しそうな雰囲気が伝わっていいんじゃないの?

と、思うかもしれません。

しかし、口が大きく開いていて、顔がクシャっとなり過ぎている笑顔だと、女性から見たら

ちょっと、下品そう

と、逆にマイナスな印象になってしまいます。

さらに、コロンビア大学の心理学研究によると

女性は第一印象では、男性の笑顔に性的魅力を感じない

という傾向があるそうなんです。

研究チームによると、女性は笑顔の男性よりも、自信満々な顔をしている男性の方が、生物学的に魅力を感じやすいとしています。

また、男性の笑顔は「優しそうだ」と印象付ける反面、「少し頼りない」という印象も与えてしまうとのこと。


このあたりのことは、メンタリストDiagoさんが詳しく解説しているので、ぜひどうぞ。

男の笑顔と女の自信はモテ度が下がるワケ

なので、マッチングアプリの写真の撮り方としては、「少し口角が上がっているくらいの笑顔」の写真を撮る or 載せるようにしてみてください。
 

④サブに、空間・背景がわかる写真を

最後に大切なマッチングアプリでの写真の撮り方が、「サブ用に、あなたがいる空間・背景がわかる写真を撮ること」です。

もちろん、これはあなた自身も写るようにしてください。基本的には、カメラから6歩下がった位置で撮るとベストです。

なぜ、そうすべきかというと

  • どういう雰囲気の場所にいるのか
  • 何を楽しんでいるところなのか
  • 周りにはどんな人がいるのか

といった、あなたのライフスタイルを、プロフィールを見てくれた女性に一目で伝えれるからです。

マッチングアプリでは、この「ライフスタイルに共感してもらえるか」というのが、女性からモテるためには特に大切です。

なので、しっかりと「あなたの全身」「いる場所」「一緒にいる人」がわかる写真を撮る or マッチングアプリに載せるようにしましょう。
 

マッチングアプリで、NGな写真の撮り方

ここからは、逆にマッチングアプリの写真の撮り方として、NGな例を見ていきます。

①部屋で正面からの自撮り写真

これは、よく聞きますよね。NGな理由は、男性の自撮りはナルシストだと思われてしまうからです。

特に、部屋で正面からの自撮り写真というのは、マッチングアプリでは女性から避けられがちなので気をつけましょう。

とはいえ

手持ちにいい写真がないから、1人で撮りたいんだよな。。

という場合もありますよね。

そういった方は、自撮りするなら、下記の方法で写真を撮ってみることをオススメします。

  • 外の明るい場所で写真を撮る
  • 動物と写真を撮る
  • 横書の写真を撮る

詳しくは【簡単】マッチングアプリで、自撮り写真でも好感を得る3つの撮り方【男性向け】にまとめているので、ぜひどうぞ。

②ドアップすぎる写真

マッチングアプリの写真を撮るときは、自分がドアップにならないように気をつけましょう

顔が近すぎると、マッチングアプリで女性があなたの写真を見たときに

なんか、圧迫感があるな。。

怖い。。

という印象を持たれてしまいます。

最低でも、あなたの顔が、写真の面積の半分には収まるようにしましょう

③部屋が汚い

モテるマッチングアプリの写真の撮り方で、「あなたのいる空間・背景も写った写真を載せましょう」とお伝えしましたが、そのときに部屋が汚いのはNGです。

なぜなら、空間・背景が写った写真を載せる目的は、あなたのイケてるライフスタイルを伝えることなのに、部屋が汚かったら

この人のライフスタイルって、イケてないな。。

と、逆効果になってしまうからです。

なので、もう一度、部屋を片付けてから写真を撮りなおすようにしてください。
 

マッチングアプリでは、写真と同じくらい自己紹介も大事

以上、モテるマッチングアプリの写真の撮り方を解説してきました。

写真の撮り方というのは、マッチングアプリでモテるかどうかを左右する重要なプロフィールなのです。

ただ、それと同じくらい「自己紹介」も実は大切です。

なぜなら、長期的な恋愛関係を望む女性ほど、男性を見た目だけではなく、中身で判断しているからです。

また、大人気マッチングアプリ「with(ウィズ)」によると、

自己紹介の文字数: 50〜150文字の人
自己紹介の文字数:300〜400文字の人

を比較すると、後者の人の方が、いいねを36%も多くもらっていたことがわかりました。

参考:賢恋研究所 by with

なので、マッチングアプリでモテるためには、写真だけでなく自己紹介にも力を入れていきましょう。

とはいえ、

マッチングアプリの自己紹介って、何書いたらいいかわからないんだよな。。

という男性も多いと思います。

そこで、そういった男性向けに「コピペでOKな、マッチングアプリでモテる自己紹介の例文」をご用意したので、ぜひこちらも利用してみて下さい。

この記事が、一人でも多くの男性の、パートナーとの幸せな未来に貢献できれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました