【結婚式はしたくないバツイチ向け】したい派とのオススメ折衷案3選

再婚はしたいけど、もう結婚式はしたくない。
けど、そんなこと言ったら、誰も付き合ってくれないかなあ。。

と不安に感じているバツイチの方へ、あなたと相手の両方の希望に寄り添った、オススメ折衷案を3つご紹介します。

具体的にはこちら。

  • 相手の希望「親に晴れ姿を見せたい」の場合:親族だけの結婚式
  • 相手の希望「ウェディングドレスを着たい」の場合:挙式のみ or フォトウェディング
  • 相手の希望「友達と盛り上がりたい」の場合:レストランでする or ご祝儀はもらわず、会費制にする

これらの方法をとれば、

  • 費用を安く抑えられる
  • 友人に気を使わずに済む
  • 相手の希望をピンポイントで叶えてあげれる

と、お互いにメリットが生まれます。

あなたがいくら結婚式はしたくないと思っていても、「結婚式をしなかった人の約7割が、今も後悔している」というデータもあります

好きで結婚した相手にそんな悲しい思いをさせないためにも、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。
  

約7割の人が、結婚式をしなかったことを後悔

結婚式をせずに、後悔する人もいる

Twitterを見ていると、「結婚式をせずに、今でも後悔している」という人は結構います。
 

 
さらに、ぐるなびが行った調査によると「結婚式をしなかった人の約7割が後悔している」という結果も出ています。(参考:ぐるなびウエディング

バツイチのあなたに経験はあっても、やはり初婚の人は「一度も結婚式を経験せずに人生を終える」というのは寂しさを感じてしまうようです。特に、幼い頃から結婚式に憧れがあったのなら、なおさらでしょう。

好きな人が、結婚式をしなかった心残りで落ち込む姿を見たいとは、誰も思わないはず

であれば、自分の気持ちを多少押し殺してでも、結婚式をする方向で相手と話し合う価値は全然あると言えます
   

結婚式をしたくないバツイチも多い【安心】

とはいえ、あなたのように、バツイチで「結婚式はもうしたくない」と考えている方は決して少数派ではありません。

なので、

もう結婚式はしたくないんだけど、それって変なのかなあ。。

と思い悩んでいるバツイチの方は、それは至って普通のことなのでご安心ください。

ここで、バツイチが「結婚をしたくない」と思う理由を改めて挙げてみます。
 

理由① またお金がかかる

結婚式をしたくない理由① またお金がかかる

バツイチの大半は、過去に一度、何百万という大金を払って結婚式をした経験があります。あなたもきっとそうでしょう。

なので、再婚による結婚式については

また結婚式に、何百万も払いたくない。

と、憂鬱になる人は大勢います。

さらに、子供がいる人なら、養育費・教育費で「結婚資金どころか、毎月のやりくりだけでも精一杯。。」という人も多いです。

このように「また高額な費用がかかる」というのは、バツイチが結婚式はしたくないと思ってしまう、大きな理由の一つです。
 

理由② 親戚や友人を呼びづらい

結婚式をしたくない理由② 親戚や友人を呼びづらい

親戚・友人にまた結婚式に来てもらうのは、後ろめたいな。。

と感じるバツイチも多いです。あなたも、少なからずそう感じるのではないでしょうか。

同じ親戚・友人を招待すれば、当然ご祝儀も2回もらうことになってしまいます

中には「全然気にせず、受け取って」と言ってくれる、心優しい人もいるでしょう。しかし、それでも

また、3万円をもらうのは申し訳ない。。

と気が引ける気持ちは、どうしてもバツイチの心情には生まれてしまいます。

また、再婚であれば、初婚のときより周りの年齢層も上がっています。親戚の中には体が悪くて遠出できない人がいたり、友人の中にも「子育てで、お金・時間的に厳しい」という人も増えているはず

このお金・時間・手間、3つの面から親戚・友人に申し訳なさを感じ、「結婚式はしないでおこう」と考えるバツイチもたくさんいます。
 

理由③ 周囲の目が気になる

バツイチの再婚というのは、周囲から「一度失敗したのに、またするの?」という悲観的な声もあったり、初婚の時のように100%祝福される、というものでもありません

それはバツイチ自身も感じとっていて、

再婚で結婚式なんかしたら、「またどうせ失敗するんでしょ」とか思われそうだな

と、周囲の目が気になりがちです。

そうなると「周りの反応を気にしながらするのは嫌だ」と、結果的に2回目の結婚式に消極的になっていくパターンも多いです。

  

これらのように、「バツイチの結婚式」というのは「初婚の結婚式」とは意味合いが違うこともあり、本人も周りも敬遠する人は増えがちです。

なので、あなたの「結婚式をしたくない」という気持ちは、別に珍しいことではありません。むしろ、あなたのように

再婚相手は「結婚式は別にしなくていい」という人がいい

というバツイチも少なくありません

では、いったいどれくらいのバツイチが、再婚で結婚式を行っているのでしょうか?

次章でご紹介していきます。
 

バツイチで、結婚式をする人の割合

バツイチで、結婚式をする人の割合

リクルートが2018年に実施した調査によると、「両方初婚」or「どちらかが再婚」で、それぞれの挙式・披露宴をする割合がこちら。

挙式・披露宴をする割合
  • どちらも初婚    :7割
  • 片方 or 両方が再婚:4割

参考:リクルート Press Release

数字を見て「バツイチの結婚式って、やっぱり少ないな」と思う人もいれば、「意外と多いな」と感じる人もいるでしょう。

ただ個人的には、「両方が再婚」の場合は結婚式をしない方向に進みやすいと思うので、それを除いても4割のバツイチが式を挙げているというのは、意外と多いなと感じます。

おそらく、その中には

最初はしたくなかったけど、相手の意見を尊重して式を挙げました

というバツイチの方もかなりいるはず。

やはり、結婚式というのは、人によっては「人生の大切なイベント」と捉えている人もいます。

「結婚式をする or しない」で意見が分かれたとしても、2人がその先も長く関係を築いていくためには、お互いに価値観を尊重しあって、歩み寄ろうとする姿勢が大切ですよね。

では、歩み寄るときに、どこで妥協点を見つければ良いのでしょうか?

具体的な方法を、次章にて解説します。
  

結婚式をしたい相手との折衷案

まずは、相手の意見に耳を傾けることから始めましょう。

何をありきたりなことを言ってるんだよ

と思うかもですが、単純に結婚式をしたいかどうかだけではなく、「相手が結婚式にどんなことを求めているのか」を聞くことが大切だということです

相手の要望によっては、以下のような妥協点もあるかもしれません。
 

相手の意見①「親に晴れ姿を見せたいから」の場合

結婚式をしたい相手との妥協点の見つけ方

男性でも女性でも、初婚の人なら

ちゃんと結婚式を挙げて、親や親族へ結婚したことを形として示したい

と考えている人は多くいます。そんなときは、このような折衷案があるでしょう。

折衷案

親族だけで挙げる

≪メリット≫

  • 費用を安く抑えられる
  • 友人を呼ばなくていい
  • 相手の親への格好がつく
  • 準備が少ない

親族だけの少人数の結婚式は近年増えており、バツイチに限らず、オススメです。

友人を呼ばなくていいので、費用が安く抑えられたり、再びご祝儀や、来てもらう手間もなくなります。でも、ちゃんと結婚式はするので、相手の親への格好もつきます。

親族だけで挙げる場合は、親に旅行も兼ねて来てもらう、リゾートウエディングなども人気です
  

相手の意見②「ウェディングドレスを着たいから」の場合

相手の意見②「ウェディングドレスを着たいから」の場合

これは、女性の意見として多いものです。

ウェディングドレスを着ることが、幼い頃の夢だった

という女性も少なくありません。

さらに最近では、独身でいても「一生に一回はウェディングドレスを着て、写真に収めたい」という願望を叶える『ソロウェディング』がブームになっているくらいです

それだけ女性にとっては「ウェディングドレス」=「特別な存在」であり、いくらバツイチ男性であっても無視できるものではありません。

そんなときは、以下のような挙式の方法がオススメです。

折衷案
  1. 挙式だけにして、披露宴はしない
  2. フォトウエディングにする

≪メリット≫

  • 費用を大幅に安く抑えられる
  • 相手の親へ、娘のウェディング姿を見せられる

挙式だけであれば、だいたい費用は20万円前後で済みます。披露宴だと100万円ほどかかることを考えれば、お金がないバツイチにとっては大きいはず。

さらに、式場で写真を撮るだけのフォトウェディングであれば、10万円ほどあればできてしまいます。

そして、どちらもウェディングドレスはちゃんと着れます。
  

相手の意見③「友達と盛り上がりたいから」の場合

相手の意見③「友人とパーッと盛り上がりたいから」の場合

相手が初婚の人なら、

友達の結婚式に出て楽しかったので、今度は自分が主役でみんなと盛り上がりたい!

という人もいるでしょう。そんなときの、妥協点はこれです。

折衷案
  1. 結婚式場ではなく、レストランでする
  2. ご祝儀はもらわず、会費制にする

≪メリット≫

  • 費用を安く抑えられる
  • 友人に高いお金を払わせずに済む
  • 格式張らず、カジュアルで気楽に楽しめる

単に友人たちと盛り上がりたいのであれば、何も高い料金を払って、ホテルなどの結婚式場でする必要もないはず。

最近では、少し広めのレストランを貸し切って行う『カジュアルウェディング』も流行っていて、費用も安く抑えることができます。

イメージは1.5次会のようなものなので、ご祝儀ではなく会費制(5.000円〜8,000円)をとることになります。そうすれば、友人に「また3万円もつつむのかよ」と思われる心配もなくなります。

あと、肩肘張らず、気楽に楽しめるのも、カジュアルウェディングの良いところです。
   

「歩み寄りたい」と思える人と出会うことが最も大切

結婚式というのは、人によって価値観が大きく分かれるもの。ある意味「したい」or「したくない」で意見が分かれるのは、避けられないことだったりします

なので、最も大切なのは、あなたが

この人だったら、結婚式をする方向に歩み寄ってもいいかな

と思える相手と出会えるか、だと思います。

それさえできれば、今回ご紹介した折衷案についても、さらに前向きに検討していけるようになるでしょう。

最近では、バツイチ向けの婚活・恋活サービスも増えてきているので、活用しながら、ぜひあなたに合った相手を見つけてみてください。

≫ 参考:バツイチ子持ちの出会いにパートナーズ(partners)が実は一押し
≫ 参考:【男性向け】バツイチ子持ちと付き合う5つのメリット【注意点もあり】

タイトルとURLをコピーしました