【マッチングアプリで出会えない男性必見】女性目線で学ぶ攻略法4選

マッチングアプリ、全然出会えないんだけど…

という方は、男性のアドバイスばかり参考にしているからかも。

そんな方へ、マッチングアプリで数百人とマッチングし、100人以上とデートしてきた女性(筆者)が、アプリで女性と出会うための攻略法をお伝えします。

男性の友達や同僚からのアドバイスとは違った視点でのアドバイスになるので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

マッチングアプリで出会えない男性向け攻略法

①プロフィール写真を顔がはっきりわかり、清潔感のあるものにする

マッチングアプリで出会えない男性は写真選びを失敗しているケースが多いです。特に、プロフィール写真はとても重要。

女性がプロフィール写真で判断しているのは、主に

  • 信頼できる人物かどうか
  • 生理的にアリかどうか

の2点です。
真剣に交際相手を探している女性ほど、容姿の良さより、信頼感を求めています。

なので、

  • 顔がはっきりとわかるもの
  • 清潔感のあるもの

であることが必須。

薄暗いところで撮った写真やピントがズレた写真などは避け、髪型や服装など身だしなみがきちんとしたものを選びましょう。

自撮りより、友達に出先で撮ってもらった写真などのほうが、表情が自然になるのでオススメ。

載せられそうな写真がなければ、マッチングアプリ用の写真撮影サービスなどもあるので、プロに撮ってもらいましょう。

≫ 参考:マッチングアプリの写真をカメラマンに頼む3つのメリット

ただし、友達に撮ってもらう写真やプロに撮ってもらう写真を使う時に気をつけたいのが、現状とかけ離れた写真を使ってしまうこと

例えば、

  • コロナ禍前の旅行先で友達に撮ってもらった写真を使っているが、コロナ中に太ってしまい、その頃とは体型が変わってしまった
  • プロに撮ってもらった写真は髪型・服装含めコーディネートしてもらっているので、普段とは雰囲気が全然違う

といった場合は要注意。

マッチングして会った時に写真とのギャップに冷められてしまう恐れがあるからです。

実際、筆者は待ち合わせの時に気づかないレベルで写真と体型が違う男性に出会い、困惑。急いで食事を終わらせて、デートを切り上げた苦い経験があります。

自分をよく見せる努力はもちろん大事ですが、盛り過ぎはNGというのも覚えておきましょう。

②写真は必ず3枚以上。全身や別角度の顔写真はマスト

写真は1枚載せておけば十分でしょ

と思っている方はいませんか?

普段あまり写真を撮らない男性からすると、何枚も写真を載せるのはハードルが高いかもしれません。でも、これもまた出会えない原因になります。

女性からすると、写真1枚は不安になるんです。

マッチングアプリには、プロフィール写真+その他の写真最低2枚、全部で3枚以上は載せるようにしましょう。

  • 全身がわかるもの
  • 横顔など、プロフィール写真と違った顔の雰囲気がわかるもの

は必ず入れます。

先ほど写真と体型が全く違った男性のエピソードをご紹介しましたが、男性の体型も女性の大きな注目ポイントの一つ。
また、プロフィール写真ではわからない雰囲気を見たいという女性も多いです。

今までに撮った写真の中から、プロフィール写真とは違った雰囲気のものを探してみてください。

そのほか、趣味や普段の過ごし方などが想像できる写真を載せておくのもオススメです。
特に女性ウケがいいのは、

  • 好きな食べ物の写真
  • 今までに行った旅行先の写真
  • ライブやスポーツ観戦に行った時の写真

これらは共通した趣味にもなりやすいので、女性が好感を持ちやすく、マッチング後の会話も弾みやすくなります。

③長すぎるプロフィールはNG! 自分の得意分野は具体的に書く

マッチングアプリのプロフィール文が簡素なものだと「ヤリモク」や「やる気のない人」だと思われて出会えない、というのはよく言われますよね。

  • 出身地
  • 仕事
  • 趣味
  • 休日の過ごし方

などを300〜400字程度でまとめましょう。

400字程度までとしているのは、実はあまり長く書きすぎるのも印象が良くないから。

女性からすると読むのが面倒くさく思えることもありますし、細かく書きすぎることで

こだわりが強そう

自分の話ばかりしてくるタイプかも

などとマイナスイメージを持ってしまうこともあるんです。

実際、筆者も写真の印象は良かったのですが、趣味のエピソード1つ1つが長く、細かかった男性にいい印象を持てず、いいねを返さなかった経験があります。

短すぎず、長すぎず、自分が話を広げられる・力を入れていることを少し多めに具体的に書くくらいがコツです。

そのほか、プロフィール文で気をつけたいのは、自分の経歴や特技を自慢げに書いてしまうこと。

  • 学歴
  • 職業・勤務先
  • 年収

などは自慢気にプロフィール文に書いてしまうと、「プライドが高そう」「ナルシストかも」などと思われてしまい、これも出会えない原因になります

信頼してもらうために、属性として登録しておく分には良いですが、あえてプロフィール文で長々とアピールしたりするのは避けましょう。

また、

  • 料理が得意
  • 家事が一通りこなせる

なども過度にアピールされていると女性は引いてしまいがち。

自分の長所を「自慢」と誤解されないように注意してください。

④初回メッセージは必ず男性側から。2週間以内にデートの約束をする

いざマッチングできても、メッセージのやりとりに及ばず結局出会えないで終わってしまう…という男性も少なくないはず。

マッチングしたら、まずはメッセージを男性から送りましょう。
やはり男性から来てほしいという女性は多いので、男性から積極的にメッセージをもらえたほうが印象がよくなります。

初回のメッセージに返信が来たら、そこからは頑張ってメッセージのやりとりを。
ここからやりとりが続けられるかは、

  • コミュニケーション能力
  • 相手との相性

にも左右されますが、相手のペースに合わせて根気よく続ける努力をしてみましょう。

メッセージのやりとりがある程度続いたら、会う約束を。遅くともマッチングから2週間以内には、一度会う提案をしてみましょう。

一般的に、女性は男性よりもマッチングする相手が増えるのが早いです。
メッセージのやりとりをだらだらしていると、他にもっといい男性が出てきて切り替えられてしまうなんてこともザラにあります。

警戒されない程度に積極的に会う約束を、が鉄則です。

それでも出会えないならアプリを変えよう【男女比 男3:女7のアプリあり】

写真やプロフィール文を変えても出会えない…

マッチングしてもメッセージや会う約束までたどりつかない…

という人はそもそも使っているアプリを見直したほうがいいかもしれません。

というのも、ほとんどのマッチングアプリの男女比は男性6:女性4。男性の競争率が高く、特に年齢が上がるほど不利になる傾向があります。

私たちが運営しているマッチングアプリReReなら、男性:女性=3:7とほかのアプリよりライバルが少なく、出会いやすい環境があります

ただし、ReReの対象は

  • 子供がいる人
  • 子供がいる方との出会いを希望する人

になります。

つまり、お相手の候補にお子さんのいるシングルマザーを加えてみませんか、というわけです。

シングルマザーの魅力がこちら。

  • 容姿端麗な女性が多い
  • 料理や家事など、生活力が高い
  • 精神的に大人
  • 心優しくて、包容力がある
  • なのに、ライバルが少ない

シングルマザーとの恋愛は、もちろん大変なこともありますので、全員にオススメできるものではありません。

しかし、そういった大変さを受け入れたことで、魅力的な女性との恋愛ができるようになった男性が多数いるのも事実です。

「確かにアリかも」と思えた方は、ぜひReReをチェックしてみてください。

 ※11/30まで半額CP!

≫ 参考:【男性向け】バツイチ子持ちと付き合う5つのメリット【注意点もあり】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる