【事実】シングルマザーの婚活は厳しいと言われる3つの理由と、解決法

シングルマザーの婚活は厳しいって聞くけど、やっぱりそうなの?

と不安なシンママ女性は多いと思いますが、確かに「そう言われている」のは事実です。

理由は下記の3つ。

  1. 養育費もあって、婚活にお金をかけられない
  2. シングルマザーOK、という人が見つからない
  3. 子供のことも考えて相手を選ばないといけない

ただ、これらは「場所選び」「考え方」次第で全て解決できます。

その方法も合わせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。
  

シングルマザーの婚活は厳しいと言われる理由

①養育費もあって、婚活にお金をかけられない

「シングルマザーの婚活が厳しい」と言われる理由には、まず「お金の問題」があります。

婚活を始めて、すぐ良い相手が見つかれば何の問題もありませんが、大半はそう上手くはいきません。数ヶ月、あるいは1年以上かかることもあります。

そうなると、どうしても

この婚活の費用を、もっと子供のために使えたらなあ。。

と思い悩むようになっていきます。

また、お金の不安を抱えながら婚活することの悪影響は、何も「子供の養育費が少なくなること」だけではありません。

その悪影響とは、以下の2つです。

  • 精神的な余裕がなくなり、判断を間違えてしまう
  • サンクコスト意識が働き、妥協してしまう

まず、「人はお金に余裕がないとき、冷静な判断ができなくなる」と言われています。

シングルマザーの婚活において、

収入だけを条件に相手選びをしたのが間違いだった。もっといろんな面を見ればよかった。。

となってしまうのも、これが原因。

次のサンクコスト意識とは、「人はそれまでに費やした労力・時間・お金をもったいないと感じてしまいやすい」心理のことを指します。

この心理が、シングルマザーの婚活でどう働くかというと

アプローチされてる男性が正直微妙なんだけど、今までのお金・時間がもったいないから、この人に決めちゃおうかな

無意識に相手選びを妥協しやすくなってしまうんです。

なので、お金の問題は「シングルマザーの婚活は厳しい」と言われる大きな要因となっています。
   

②シングルマザーOK、という人が見つからない

これが、「シングルマザーの婚活が厳しい」と言われる最大の要因です。

あなたがどれだけ美人で若くても、相手が「シングルマザーはNG」だったら、婚活は成功しません。

実際、マイナビウーマンが22〜38歳の働く男性を対象にした調査によると

好きな人がシングルマザーだった場合どうしますか?

  想い続ける:42.9%
ほかの人を探す:57.1%

マイナビウーマン アンケート

と、過半数の男性がシングルマザーとの出会いを望んでいないことがわかりました。

そのため、シングルマザーが婚活をしていくと、どうしても

婚活パーティーで出会った男性に「シンママはちょっと」って言われた。。

コンパで出会った男がヤリモクだった。。

ということも起きやすくなってしまいます。
   

③子供のことも考えて相手を選ばないといけない

シングルマザーの婚活が厳しいと言われるのは、「自分と相手の相性」だけでなく、「子供と相手の相性」も考えないといけないことがあります。

子なし時代とは違い、いくら相手が良い感じの男性だったとしても

子供のことも愛そうと思ってくれる人かな

子供が受け入れてくれるかな

と思い悩むポイントがほかにもあるわけです。

また、TVなどで虐待のニュースも多いので、出会っても再婚に踏み切れないシングルマザーも多くいます。
  

「シングルマザーの婚活は厳しい」への対処法

ここからは「シングルマザーの婚活が厳しい」と言われる理由に対して、それを解決する具体的な方法をご紹介していきます。
  

①シングルマザー向けマッチングアプリを使う

まず、「シングルマザーの婚活は厳しい」と言われる理由である

  • お金の不安
  • シングルマザーOK、という人が見つからない

の問題を解決するには、結論「シングルマザー向けのマッチングアプリ」がオススメです。

まず、シングルマザーが経済的に安定して婚活をしていくなら、アプリが最強です。なぜなら、マッチングアプリには、女性は無料で利用できるものが多いからです。
 

冷静に婚活できる

マッチングアプリを使ってお金の不安なく婚活できれば、先ほど説明した

  • 精神的な余裕がなくなり、判断を間違える
  • サンクコスト意識が働き、妥協してしまう

ということも起きにくくなるので、冷静な相手選びができるようになります。
  

浮いたお金で、逆に成功率が上がる

婚活サービスに支払うお金が浮けば、養育費にはもちろん、シングルマザー自身の「自分磨き」に回すことだってできます。

例えば、以下のようなことに。

  • 化粧品をケチらず、使える
  • ヘアサロンで傷んだ髪をトリートメントしてもらう
  • 家事代行を使って家事を減らし、睡眠時間を多くとる

また、お金の不安がなくなれば、シングルマザーが自然な笑顔でいれるようにもなるので、男性と出会ったときに

この人、笑顔が多くて素敵だな

と思ってもらいやすくもなります。

つまり、「婚活サービスのお金を節約することで、逆に婚活の成功率が上がる」というわけです。

ただ、とはいえ

結婚相談所のほうが、ちゃんと「シンママとの婚活OK」って人と出会えそうなんだけど。。

前に婚活アプリを使ったけど、全然出会えなかったよ。。

という方もいるかと思います。

そこで、そんな人にオススメなのが「シングルマザー向け」のマッチングアプリです

シングルマザー向けのマッチングアプリとは、プロフィールに「相手の子供の有無」を聞く項目があるアプリのことです。

その項目の選択肢は、下記のようになっています。

  • いない人を希望
  • いても、同居してない人を希望
  • 同居していてもOK

ほかにも「結婚の希望」を問うプロフィール項目もあるので、「相手がシングルマザーとの婚活を希望しているかが、一目でわかる」というわけです。

なので、結婚相談所じゃなくても、マッチングアプリでちゃんと「シンママとの婚活OK」という男性と出会うことは可能です。

ちなみにそのマッチングアプリとは、ユーブライドとパートナーズになります。気になった方は、一度登録してみてください。

≫【断言】シングルマザーの出会いこそマッチングアプリ【オススメあり】
  

②子供の話をちゃんと聞いてくれる人を選ぶ

シングルマザーの婚活が厳しいもう一つの理由「子供のことも考えて、相手を選ばないといけない」に対しては、2つの基準を設けると良いです

  • 子供の話をしたときに、ちゃんと話を聞いてくれるか
  • 興味を持って、子供について質問してくれるか

出会った男性にこういった特徴が見られるのなら、ひとまずOK。

たとえ、最初に会わせたときは関係がギクシャクしていたとしても、子供が明らかに「嫌だ」という感じでない限り、そこで再婚を諦める必要はありません。

なぜなら、子供が血の繋がらない親(母親の恋人)に対して感じる気持ちは複雑なので、関係作りにはどうしても時間がかかるからです。

そのため、男性にコミュニケーションを取り続けようという意思さえあれば、子供にも少しずつ仲間意識のような気持ちが芽生えてきて、お互いの距離は徐々に縮まっていきます。

また、そもそも

子供がなつく男性と再婚しよう

というのを、短い期間で判断すること自体に少し無理があります

なので、子供があからさまに嫌がってない限り、最初は「継続して子供に関心を持ってくれているか」ということを重視してみましょう。

逆に下記の態度をとる男性だと、シングルマザーのあなたが再婚すべき相手とは言えません。

  • 子供の話をしても、適当な返事
  • 子供について、一切聞いてこない
  • 子供が懐かなかったら、やり取りを諦める

もし、相手にこういった兆候が見られるのなら、別の男性との婚活に目を向けていったほうが良いです。
  

シングルマザーの婚活は、ポイントを押さえることが大切

「シングルマザーの婚活が厳しい」というのは、確かに子なし女性とは状況も違うので、事実は事実。しかし、お伝えしたようにポイントさえ押さえておけば、婚活を成功させることは可能です。

ポイントさえ押さえれば、シングルマザーはめちゃくちゃモテるので、あとは自分に合った男性を選べばいいだけ。

なので、今回の記事を参考に、ぜひ素敵な再婚相手との出会いを見つけに行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました