【注意】40代シングルファザーの恋愛が失敗してしまう4つの行動

【注意】40代シングルファザーの恋愛が失敗してしまう4つの行動

40代になって、これからずっと独りは寂しいから、また恋愛したいな

というシングルファザーの方は、以下4つの行動には気をつけてください。

  • 出会いの場選びで効率性を重視していない
  • 相手が「シンパパも恋愛対象」かわかる出会いの場を選んでいない
  • 恋愛<子供であることを遠慮している
  • 前妻の悪口を言う

40代シングルファザーであっても、充実した恋愛を楽しむことは確実に可能です。

ただ、4つの行動をとってしまうと、恋愛がうまくいかず、彼女ができたとしても別れてしまう結果になる可能性大なので、注意してみてください。

≫「子供がいる人」「子供がいる方との出会いを希望する人」だけのマッチングアプリあります【日本初】

目次

40代シングルファザーの恋愛が失敗してしまう行動

①出会いの場選びで効率性を重視していない

40代シングルファザーの恋愛が失敗してしまう行動①出会いの場選びで効率性を重視していない

仕事と子育ての両立で忙しい..
40代になって、会社で重要なポジションを任されたから、さらに忙しくなった..

というシングルファザーの方は多いかと。

そんな40代シングルファザーの恋愛で失敗しがちなのが、効率性を重視せずに出会いの場を選んでしまうことです。

何をもって「効率性」というかは、ここでは「いかにお金をかけずに数多くのお相手候補と出会うか」とします。

出会いの場の効率性を比較した表がこちら。

出会いの場見れる人数(1回,1月)料金(1回,1月)1人の女性にかかるお金
合コン4人4,000円1,000円
婚活パーティ20人4,000円200円
街コン50人6,000円120円
結婚相談所100人20,000円200円
アプリ1,000人4,000円4円
※各サービスの平均相場を参照

パッと見でわかるように、マッチングアプリの効率性がもっとも高いです。

逆に、婚活パーティや合コンに出かけて

せっかく時間を作って、子供も預けてきたのに、良い出会いがなかった..

となるシングルファザーの方は少なくありません。

なので、結論として、マッチングアプリを活用しましょう。

アプリなら女性を探すために出かける必要はありませんし、数回スクロールすれば100人くらいの女性を見ることも一瞬です。

結婚相談所のように高い料金はかからない点も、子供の教育費も考えないといけない40代シングルファザーの方にはメリットです。

40代シングルファザーの出会いは、基本マッチングアプリ一択で良いかと思います。
        

②相手が「シンパパも恋愛対象」かわかる出会いの場を選んでいない

40代シングルファザーの恋愛が失敗してしまう行動②相手が「シンパパも恋愛対象」かわかる出会いの場を選んでいない

40代シングルファザーがアプリで効率的に出会いを探しても、いいねした相手が

ごめんなさい
シングルファザーはNGなんです

という女性だったら、それまでの労力も無駄になります。

「数撃ちゃ当たる」精神で探して、結果的に時間・お金・心を消耗してしまうシングルファザーの方は少なくありません。

この失敗を防ぐためには、相手が

シングルファザーも恋愛対象です

という女性かどうか、事前にわかるアプリを選ぶことがポイントです。

一見、結婚相談所でしか乗り越えられなさそうですが、「シングルファザー向けマッチングアプリ」ならそれが可能です。

具体的には ユーブライド と ReRe (リリー) というアプリで、システム上「シンパパとの恋愛を希望します」という女性が確実に見つかるようになっています。

  • ユーブライド:プロフ内で「子供がいる人との出会いの希望の有無」を選択できる
  • ReRe (リリー):会員は「子供がいる人」と「子供がいる方との出会いを希望する人」のみ

詳細はこちらにまとめているので、どうぞ。
»【断言】本当にシングルファザー向きなマッチングアプリは2つだけ
      

③恋愛<子供であることを遠慮している

40代シングルファザーの恋愛が失敗してしまう行動③恋愛<子供であることを遠慮している

40代シングルファザーに彼女ができたあと、

仕事と子育ての両立で、なかなか彼女とゆっくり過ごす時間を作れないな..

というケースはよく起きます。

そんなとき、

子供の相手ばっかりで、私との時間も平等に作ってよ!

という女性もいたりします。

そこで恋愛のほうを優先して短期的には丸く収まったものの、長期的に良い恋愛関係を築けなかった、というパターンはよくあります

そうなるなら、早々に別れたほうが、シングルファザー・子供・彼女の三者全員にとっても良いでしょう。

もちろん「2人の時間には全力でデートを楽しむ」といった努力は大切ですが、恋愛<子供であることを引け目に感じる必要はありません。

彼女が本当にシングルファザーに理解ある女性なら、「子供を大事にしていること」も含めてあなたに魅力を感じてくれます。

恋愛<子供というスタンスを遠慮せずに打ち出したほうが、上記のような女性かどうかを早めに見極められ、時間・お金・体力を無駄にせずに済みます。
    

④前妻の悪口を言う

40代シングルファザーの恋愛が失敗してしまう行動④前妻の悪口を言う

40代シングルファザーの中には、元妻の不倫などで離婚し、今の父子生活を送られている方もいるでしょう。

そんなときに陥りがちな失敗パターンが、元嫁の悪口を会話のネタにしてしまうことです。

彼女が心優しい女性で、その場では盛り上がった感じで

ひどいよね

と返事してくれたとしても、同時にあなたに対して「攻撃的な人」という印象を持ってしまう可能性があります。

最悪の場合、

関係がうまくいかなくなったら、全部相手のせいにするんだな..

と思われてしまいます。

シングルファザーの魅力は「過去の結婚生活・離婚から学びを得ていること」にもあります。

元妻への負の感情が募っていたとしても、それを彼女に共有するのはオススメしません。

その重要な魅力の一つを、自ら投げ出してしまわないよう気をつけましょう。
    

まとめ

以上、40代シングルファザーの恋愛が失敗してしまう行動・失敗を回避するためのポイントをまとめてきましたが、最重要は

シングルファザーも恋愛対象です

という女性が確実に見つかる出会いの場を選ぶこと。

忙しい中、ようやくやり取り・デートできた女性がシングルファザーに理解ある女性でなければ、単に時間が無駄になるだけでなく、お金や心も消耗してしまいます。

逆に、シングルファザーに理解ある女性とさえ出会えれば、子供がいる男性ならでは魅力を理解してくれているので、あとは自信を持ってやり取りしていけばOK。

必ずや、あなたに合った素敵な彼女ができるはずです。

【注意】40代シングルファザーの恋愛が失敗してしまう4つの行動

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次