【必見】シングルマザーにオススメの副業、実はオススメできない副業、副業の探し方を紹介

この記事では、

シングルマザーでもできる副業ってあるの?

副業の仕事ってどうやって受けるの?

というシングルマザーの方向けに、オススメの副業についてご説明いたします。

子供の学費や老後資金を考えると、副業をしたほうが良い

今のパートの仕事や育児だけで手一杯。副業なんてしている余裕無い!

という方もいらっしゃると思います。実際、厚生労働省の調査(平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告)を見ると、平成28年(2016年)の時点では副業をしていないシングルマザーは89.4%と大多数でした。

が、子供の学費や老後資金などを考えると、シングルマザーこそ副業をしたほうが良いといえます。

例えば、文部科学省の調査(平成30年度子供の学習費調査)や政府の統計(小売物価統計調査)によると、子供1人を公立幼稚園〜公立高校、国公立大学まで進学させるのに、約770万円かかるとのことです。子供が2人以上いた場合、学費が人数分増えることになります。シングルマザーにとっては大きな出費でしょう。

子供の教育費について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

【事実】シングルマザーが子供を進学させるのにいくら必要? 教育費について解説

また、老後資金も必要です。以前「老後2000万円問題」が話題になりましたが、あれはあくまで2018年までの統計を元にした平均値であり、今後の物価高騰などによっては、2000万円以上の貯金が必要になる可能性があります

老後資金については、詳しくは以下の記事をご覧ください。

【事実】老後は大丈夫? シングルマザーの老後資金について解説

一方、総務省の統計(母子世帯の家計)によると、シングルマザーの平均月収は217,676円、支出は191,309円だそうです。この稼ぎでは、子供の学費や老後資金のための貯金を作るのは難しいでしょう。

シングルマザーにオススメの副業

副業したくてもスキルが無い……。

とお悩みの方もいらっしゃると思いますが、初心者でも受けられる仕事もあります。それをいくつかご紹介します。

文字起こし

文字起こしの仕事の概要

クライアントから渡された音源を聞いて、文字に起こす仕事です。音源は講演会、セミナー、座談会など様々です。

報酬は音源の時間によって決まっていることが多いです。例えば、1分100円の場合、60分の音源を文字起こししたら6000円という感じです。

文字起こしの仕事は初心者でも受けやすいが時給アップしづらい

この仕事のメリットは高度なスキルが必要無いので初心者でも仕事を受けやすいことです。また、自分の都合のつく時間帯に音源を聞けば良いので、仕事の融通がききやすいこともあります。

デメリットは、シングルマザーにとっては時給アップを図りづらいことです。時給を上げるためには、「当日納期でも対応できる」「○時間で文字起こしできた」といったスピードが重要になりますが、本業や育児が忙しいシングルマザーにとっては、スピード最優先で仕事をすることが難しいためです。

なので、隙間時間でのお小遣い稼ぎや、副業始めたてのお試しにはちょうど良いですが、長く続けられる仕事ではないと割り切ったほうが良いでしょう。

ライティング

クライアントからの依頼を受けて、記事を書く仕事です。

記事のジャンルは案件やクライアントによって様々ですが、女性やシングルマザーであることを活かせるので、化粧品・美容・育児などのジャンルは書きやすいでしょう。オシャレに気を遣っている方であればアパレル・服飾なども良いでしょう。

仕事内容は、大きく分けて

  1. 文章執筆だけを行う仕事
  2. 記事の構成を作成し、文章執筆も行う仕事

の2パターンあります。

文章執筆だけを行う仕事の概要

「記事の構成」というのは、例えば以下のようなものをイメージしてください。

30代女性向けのエイジングケアの化粧品を紹介する記事。
  • リード文(200文字程度)
  • 化粧品1の写真
  • 化粧品1を紹介するセクション(400文字程度)
  • 化粧品2の写真
  • 化粧品2を紹介するセクション(400文字程度)
  • 後書き(200文字程度)
※実際には「30代女性が読みやすいように、漢字少なめで」など、もっと細かい指定が入っている場合があります。

このような感じで、記事の流れ・セクション・文字数などが指定されており、それに基づいて文章を執筆することになります。

仕事の報酬は文字単価で設定されていることが多いです。例えば「1文字1円」だと、3000文字の記事を書いたら、3000円が貰えるといった感じです。

最近は1文字0.5円など、文字単価がどんどん安くなる傾向にあります。これは、ライター初心者の人が「安くても良いから経験を積みたい!」と単価を低めに設定したり、発注側が「これぐらい安い価格でも受ける人はいるだろう」と買い叩いてくる、といった業界の事情があります。

文章執筆だけの仕事は、初心者でも受けやすいが薄給

文章執筆だけの仕事のメリットは、記事構成を用意してもらえるので、文章さえ書ければ未経験者でも仕事を受けやすいことです。一方、デメリットは、安い単価の案件が多いので、大きな稼ぎになりづらいことです。

実際に計算してみましょう。1文字1円で仕事を受けた場合、3000文字の記事であれば報酬は3000円になります。

3000文字となるとかなりボリュームのある記事ですから、慣れた人でも1時間半〜2時間、初心者なら3時間はかかるかもしれません。仮に1記事書くのに3時間かけたとすると、3000円÷3時間=1000円となります。時給1000円と考えると、ずいぶん薄給であることが分かります。

記事の構成を作成し、文章執筆も行う仕事の概要

一方、記事の構成作成から行う仕事もあります。例えば、「この趣旨の記事だと、こういう流れの記事になって、3000文字前後で、写真は5枚使って……」と、自分で構成を考える必要があります。

「ターゲットとなる読者がどういう記事を読みたがるか」を考えながら構成を作るので、文章を書くスキルだけではなく、強いマーケティング視点を求められることになります

記事の構成を作成し、文章執筆も行う仕事は難易度が高いが高給

この仕事のデメリットは、記事を書くだけの仕事に比べると難易度が高いので、初心者では受けづらいことです。

一方、メリットは、難易度が高い分、報酬も高めに設定されていることです。優秀なライターであれば、1文字1円といった文字単価ではなく、1時間あたり○○円といった時間単価でも仕事を受けることができます。時間単価は人それぞれですが、例えば1時間あたり3000円と設定すれば、1記事3時間で書けば9000円も貰えます。

まずは文章執筆だけの仕事を受けて、経験を積んだ後に構成作成の仕事を受ける

ライティング未経験の方であれば、まずは文章執筆だけの仕事から受け始めることになるでしょう。そこで経験を積みつつ、構成を作成する仕事も受けてゆき、スキルアップを図る必要があります。

実はシングルマザーにはオススメできない副業

「シングルマザー  副業」などで検索すると、オススメ副業として表示されるのですが、実はあまりオススメできない副業もあります。

アフィリエイト

仕事の概要

「アフィリエイト」とは広告の1つです。自分でサイトを立ち上げて、そこで企業の商品などを宣伝してあげるのですが、自分のサイト経由で商品が購入された場合、報酬を貰える仕組みです(いわゆる成果報酬)。

サイトであればどのような形でも構わないのですが、ブログの形をとることが多いです。こういったアフィリエイトの収入を目的として作られたブログを「アフィリエイトブログ」と呼びます。

アフィリエイトを行う場合、ブログの記事を執筆することはもちろん、ブログへの集客を行う必要もあります。

ブログを訪れる人の多くは、検索エンジン(特にGoogle)でブログを見つけています。なので、検索画面の上位に表示させることができれば、それだけ目にとまりやすくなります(理想は、1ページ目の一番上)。これをSEO(Search Engine Optimization: 検索エンジン最適化)と呼びますが、アフィリエイトで稼ぐ場合は、SEOを行い続ける必要があるわけですね。

Googleのアップデートに左右されやすいので、アフィリエイト収入は安定しない

アフィリエイトはシングルマザーの副業としてよくオススメにあげられるのですが、実はあまりオススメできません。その理由は、SEOの仕組みにあります。

Googleには、「○○の条件を満たすページは検索画面の上位に表示する」といったルールが何十個も用意されています。検索画面の上位に表示されているページとは、そのルールの多くをクリアできているわけです。

ところが、Googleはこのルールを定期的に変更しています(これを「アルゴリズムアップデート」といいます)。軽微な変更から大規模な変更まで様々なのですが、大規模な変更が行われた結果、今まで上位に表示されたブログがいきなり圏外まで落ちてしまい、ブログで全然稼げなくなったという人もいらっしゃいます。

つまり、アフィリエイトの収入はGoogleのアップデートに左右されることが多く、安定しないのです。下手をすると、何ヶ月、何年もかけて育てたブログが一気に死んでしまうリスクもあるわけなので、忙しいシングルマザーにとってはハイリスクすぎるといえるでしょう。

もちろん、Googleのアップデート情報をきちんと調べあげ、対策を打ち続ければ、アフィリエイトで稼ぐことは可能です。しかし、それができるのは、アフィリエイトに多くの時間を使える人であり、本業や育児に時間をとられるシングルマザーでは難しいでしょう。

進行管理(ディレクション)

仕事の概要

何らかの案件やプロジェクトにおいて、進行や進捗を管理する仕事を「進行管理」と呼びます(「ディレクション」と呼ばれることもあります)。案件の現場監督のような仕事と考えると分かりやすいでしょう。

例えば、Webサイトを作る案件の場合、プランナー・デザイナー・エンジニアなど様々な人が案件に関わっています。それぞれの人に適切に仕事を割り振り、きちんと対応してもらえるように依頼します。

また、案件には納期があるので、納期までに完了しなくてはなりません。そこで、納期に間にあうようにスケジュールを引いたり、遅れている人に対して催促したりします。

進行管理の仕事は、もちろん専門知識も必要なのですが、それ以上に関係者にきちんと連絡したり、気配りをするといったコミュニケーション能力が重要になる仕事です。そのため、専門知識に乏しいシングルマザーでも受けやすい仕事といえます。

進行管理は緊急対応が多いため、シングルマザーには不向き

一見魅力的に思える進行管理の仕事ですが、緊急対応が求められることが多いというデメリットがあります。

例えば、「明日の夕方までにお願いします」とデザイナーに仕事をお願いしていたのに、今日の夕方になっても連絡が全く無い……といったことはよくあります。そんなときは、デザイナーに急遽電話をし、状況を確認しなくてはなりません。

また、今日中に間にあわないことが判明した場合、遅れてしまう旨をクライアントに伝えなくてはなりません。デザイナーの仕事が遅れたことにより、他の人のスケジュールにも影響するので、関係者全員に連絡をする必要があります。

別の例でいうと、クライアントから突然電話が入り、「これ今日中にお願いします!」と依頼されることもよくあります。それが本当に今日中に必要なものであれば、関係者全員に連絡して、今日中に対応してもらわなくてはなりません。

このような感じで、進行管理は、予定通りにいかない場合のトラブル解消緊急対応の窓口という役割があります。シングルマザーの場合、子供の面倒を見ながらこれらの仕事をこなすのは、かなりしんどいものがあるでしょう。

副業の仕事を探す方法

クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトの中でオススメは下記です。

ただし、クラウドソーシングサイトには、クライアントに直接交渉する必要があるというデメリットがあります。報酬金額を交渉したい場合、無茶な仕事を断りたい場合など、自分で交渉する必要があるので、経験が浅い方や交渉が苦手な方だと難しいかもしれません。

副業サイト

副業サイトのメリットは、クライアントと自分の間にエージェントが入ってくれることです。報酬金額を交渉してくれたり、無茶な仕事を振られたときに代わりに断ってくれたりするので、交渉が苦手な方でも仕事を受けやすいでしょう。

副業サイトの中で、特にオススメのものは下記です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました