【事実】シングルマザーが子供を進学させるのにいくら必要? 教育費について解説

この記事では、

シングルマザーだけど、子供を進学させるのにどれぐらいの教育費が必要?

と気になる方に、必要な教育費について解説します。

子供1人を大学に進学させるまでに最低約770万円必要

文部科学省の調査(平成30年度子供の学習費調査)によると、子供1人が公立幼稚園〜公立高校まで進学した場合の教育費は以下の通りです。

  • 公立幼稚園……223,647円/年
  • 公立小学校……321,281円/年
  • 公立中学校……488,397円/年
  • 公立高校……457,380円/年

幼稚園2年、小学校6年、中学校3年、高校3年と仮定すると、子供1人が幼稚園から高校まで進学するのに5,212,311円かかることが分かります。

また、この調査には大学が含まれていませんが、政府の統計(小売物価統計調査)によると、大学に進学した場合の教育費は以下の通りです。

  • 東京都の国立大学
  • 法文経済系
に進学した場合……入学料282,000円、授業料535,800円/年

大学院に進学せず大学4年とすると、2,425,200円かかります(私立大学や、国立でも理数系に進学すると、さらに高くなります)。

まとめると、子供1人を幼稚園から大学まで進学させるだけでも最低7,637,511円もかかります。この金額はあくまで学校に支払う費用だけですので、進学のために塾や予備校に通わせる場合、さらに費用が増えることになります。もし子供が2人以上いる場合、人数分だけ教育費が増えるので、とても大きな出費になるといえます。

シングルマザーは貯金を作る余裕が無い

770万円もの大金を一度に払うのは難しいので、貯金を作っておく必要があります。

ここで、シングルマザーのシングルマザーの貯金状況を調べてみましょう。厚生労働省の統計(ひとり親世帯の平成27 年の年間収入)によると、貯金額50万円未満が39.7%、50〜100万円が6.6%、100〜200万円が10.6%です。これを見ると、シングルマザーは50万円すら貯金できていない人が多いことが分かります。

なぜ貯金できていない人が多いかというと、貯金できるだけの収支の余裕が無いためです。総務省の統計(母子世帯の家計)によると、シングルマザーの平均月収は217,676円、平均支出は191,309円なので、差し引き分を全額貯金に回すとしても、26,367円しか残りません。

公立幼稚園の教育費が223,647円/年でしたが、毎月の貯金額26,367円とすると、この教育費をためるのに8ヶ月かかることになります。1年がかりで貯金を作っても、すぐに翌年の教育費を払うことになりますから、常に家計に余裕が無い状態といえるでしょう。

貯金を作るために手当を活用しましょう

一番良いのは収入を上げることなのですが、仕事や育児で忙しいシングルマザーが今すぐ転職や副業というのも難しいでしょう。

次善策としては、シングルマザー向けの手当や、子供を持つ家庭向けの手当を利用することです。下記の記事で詳しく解説していますので、まだ利用されていない手当があれば利用してみてください。

また、お金が全てではありませんが、経済力のある彼氏を作るというのも一つの手です。しかし、ただでさえ所得の少ないシングルマザーだと、会費の高い結婚相談所や参加費の高い婚活パーティーなどに参加するのは難しいでしょう。

そこでシングルマザーにおすすめなのがマッチングアプリです。詳しくは下の記事をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました