【有益】子育てに疲れたシングルマザーを助けてくれる3つの支援制度

仕事・育児の両立が大変すぎて、睡眠時間もほとんど取れません。子育てに疲れました。。

というシングルマザーの方へ、ご紹介したい3つの支援制度があります。

それがこちら。

  1. ファミリーサポート利用料の助成
  2. ひとり親家庭等日常生活支援事業
  3. 面会交流コーディネート事業

あなたはひとり親という大変な状況の中、本当に頑張っていると思います。ただ、もう一つだけ知ってほしいことがあります。それは

あなたが休んだり、リフレッシュすることも、立派な育児の一つである。

ということです。

あなたが心身ともに回復して笑顔でいることが増えれば、確実に子供にも良い影響があります

ご紹介する支援制度は、子育てに疲れたシングルマザーが休む機会を経済的にサポートしてくれるものなので、ぜひ参考にしてみてください。
 

子育てに疲れたら知ってほしい、休むことの重要性

子供を預けて遊びに行ったりしたら、母親失格だよね・・

クタクタだけど、子供のためにちゃんとした料理を作ってあげなくちゃ・・

子育てに疲れたシングルマザーの方で、こんなふうに考えている人は多いと思います。

母親としての責任感が強く、素晴らしい姿勢だと感じます。ただ、休むことの重要性もぜひ知っておきましょう。

なぜ、子育てに疲れたシングルマザーに休息が大切かというと、母親がリフレッシュによって笑顔でいる時間が増えると、子供にポジティブな影響が生まれるからです。

  • 母親の機嫌を気にすることなく、目の前のことに集中できる
  • 新しいことへのチャレンジ意欲がわく
  • 物ごとを楽観的に考えれるようになる

逆にあなたが全く休まず、笑顔でいる機会がどんどん減っていくと、子供は安心して遊び・勉強に取り組めなくなってしまいます。

なので、子育てに疲れたシングルマザーは、子育てのためにも、休む時間の優先度をもっと上げてみてほしいんです。
  

子育てに疲れたシングルマザーを助けてくれるサービス

子育てに疲れたシングルマザーに休息が大切なのはわかったとはいえ、

忙しすぎる毎日の中で、どうやって休めばいいのよ。。

と感じるかと思います。

そこでオススメしたいのが、こちら。

  • ファミリーサポート
  • 家事代行
  • 面会交流

  

①ファミリーサポート

子育てに疲れたシングルマザーに、特に積極的な利用してもらいたいのが「子供の預かりサービス」です。

子供は可愛いと思いますが、たまには一人になれる時間を作って

  • ヘッドスパを受けに行く
  • カフェでのんびり読書する
  • 友達に会いに行って、談笑する

なりした方が、疲れはとれやすいです。

なので、子供預かりサービスをオススメするのですが、中でもシングルマザーに向いているのが「ファミリーサポート」です。

ファミリーサポートは自治体が運営していて、地域の住民から「育児の援助を受けたい人」と「育児の援助を行いたい人」をつなげてくれるサービスのこと。

ファミリーサポートがシングルマザーに向いている理由は、なんといっても料金の安さ。地域によって差はありますが、だいたいベビシッターの1/2〜1/3の費用で利用できます

  

②家事代行

次に子育てに疲れたシングルマザーにオススメしたいのが、「家事代行サービス」です。

いやーけど、家事を他人にやってもらうって、なんか抵抗感あるなあ

と感じる人も多いと思いますが、実は、家事代行って利用者の満足度はめちゃくちゃ高いんです

  • 自分では落とせなかった浴槽の汚れを綺麗にしてくれた
  • エアコンを掃除してもらって、空調の効きが良くなった
  • 汚れ落ちのコツを教えてもらえた

子育てを任せれるわけではないですが、掃除・料理・買い物など、家事にかかる労力が一つ減るだけでも、その分夜の睡眠時間がとれるようになったり、気持ちのゆとりはかなり持てます。

料金はだいたい1時間2,000円前後なので、まずは「1ヶ月に1回、1時間だけ」くらいから始めてみてはいかがでしょうか。

家事代行サービス一覧

   

③面会交流

面会交流も、子育てに疲れたシングルマザーに積極的に活用してもらいたい制度です。

実は、面会交流を「一人になって休める時間」と考えているシングルマザーは、けっこう多いんです。

もちろん、子供が嫌がっている・悪影響が予測される場合には難しいですが、うまく活用できれば

  • 母親が一人になれて、疲れを癒せる
  • 子供の元夫への喪失感を和らげてあげれる

とシングルマザーと子供の双方にメリットがあります。

とはいえ

元夫に子供を預けるのは、なんか不安。。

元夫と連絡を取りたくない。。

というシングルマザーも多いかと思います。

そんな場合は、面会交流の支援を行っている第三者機関を頼るのもオススメ。支援のかたちも様々で、主に下記のようなサポートタイプがあります。

  • 付き添い型:元夫と子供の面会に、スタッフが付き添ってくれる
  • 連絡調整型:日程・場所の調整を、間に入ってサポートしてくれる
  • 拠点利用型:支援団体の施設内で、面会交流ができる

こういったサポートをまずは受けてみて、問題なさそうであれば、少しづつ当事者間だけのやり取り・受け渡しに変えていってみてはいかがでしょうか。

下記サイトでは、全国にある第三者機関が一目でわかるので、参考にどうぞ。

面会交流.com 面会交流支援団体map
  

子育てに疲れたシングルマザーを助けてくれる支援制度

ここまで、子育てに疲れたシングルマザーにオススメなサービスをご紹介してきましたが、調べてみて

料金が高いなあ。。

と感じるシングルマザーの方もいるかと思います。

そこで今度は、そんなシングルマザーの経済的な負担を援助してくれる、自治体の支援制度をご紹介していきます。
  

①ファミリーサポート利用料の助成

シングルマザーがファミリーサポートを利用するときの料金を、安くしてもらえる制度です。

負担額は地域によっても違いますが、多いのは「半額になる」というもの。これは助かりますよね

制度がある自治体は割と多いので、「子育てに疲れたな」と感じたシングルマザーの方は、まずはお住まいの地域の

  • 制度のある or なし
  • 負担金額
  • 負担条件

を確認してみましょう。

【例】千葉市 ファミリー・サポート・センターひとり親家庭支援事業
  

②ひとり親家庭等日常生活支援事業

子育てに疲れた。けど、家事代行を利用するほど、お金の余裕はない。。

というシングルマザーにぜひ知ってもらいたい、自治体の支援制度です。

多くの場合、1時間300円以下という破格の料金で、家事・子育てのサポートスタッフを派遣してもらえます

ただし、1点注意なのが「シングルマザーの休息・リフレッシュのため」という理由では、この制度は利用できないところです。

派遣の対象となる場合
  • 生活環境が激変し、日常生活に支障が生じている
  • 技能習得のための通学時
  • 就職活動中
  • 冠婚葬祭・介護・学校行事など、一時的な支援が必要なとき

え、じゃあ意図的には休めないじゃん

と思ったかもしれません。

しかし、技能習得・就職活動での利用はOKなので、制度を活用して、スキルを身につけて今より高待遇な仕事をしたり、転職に成功すれば、生活をぐっと楽にできます

それこそ、収入UPによって一般の家事代行サービスを利用する余裕ができれば、結果的に休息・リフレッシュにもつながります。

シングルマザーの支援団体の就業サポートなどを受けながらスキルアップ・転職活動に取り組めば、収入UPも実現しやすくなります。

活用する価値は大いにアリなので、まずは、お住いの地域に制度がある or ない だけでもチェックしてみましょう。

【例】大阪市 ひとり親家庭等日常生活支援事業
 

③面会交流コーディネート事業

現時点では明石市にしかないのですが、面会交流を無料で支援してくれる制度もあります。

日程調整・引き合わせを自治体のスタッフが行ってくれて、元夫とやり取りすることなく面会交流が可能です。

また、自治体の制度ではありませんが、無料 or 低料金で面会交流の支援サービスを行っている団体もあります。

ほかにも低料金で支援を行っている団体があるかもしれないので、ぜひ一度、Googleで「(お住まいの地域名)+面会交流支援」と入力して検索してみてください。
  

休む時間ができたら、恋愛もあり

今回ご紹介したサービス・支援制度を活用して、少しずつ休める時間がとれるようになってきたら、そこで恋愛を始めてみるのもアリです。

世の中にはシングルマザーの恋愛に否定的な声も多いですが、良い恋愛ができれば、子育てに疲れたときでも

  • リフレッシュできて、気力が回復する
  • 心の支えができて、精神的に落ち着いていられる
  • 笑顔が増えて、子供にも良い反応が見られるようになる

とメリット大です。

シングルマザーが良い恋愛をするためのコツは、下記の記事にまとめているので、よければこちらもどうぞ。

≫ 参考:【恋愛したいシングルマザー向け】良い彼氏を作るための5つのコツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました