ユーブライド(youbride)会員の特徴を解説!年齢層・結婚意識・プロフィールの書き方も紹介!

今回は累計会員180万人、年間2,442人(2018年)ものカップルがアプリを通じて成婚している、ユーブライド(youbride)の会員の特徴についてご紹介します。

ユーブライド(youbride)は、会員の4人に1人が再婚希望者で、バツイチ・シングルマザー・シングルファーザーの恋活・再婚活にもオススメなマッチングアプリです。

ユーブライド(youbride)について

ユーブライド(youbride)は、株式会社Diverseというミクシィ(mixi)グループの会社が運営しているマッチングアプリです。

ユーブライド(youbride)の最大の特徴は、女性も男性と同じように料金の発生があるというところです。

ほかのマッチングアプリでは女性は無料で利用できるところも多い中、お金を払わないといけないユーブライド(youbride)に登録して活動しているということで、それだけ真剣に婚活をしたいユーザーが多く集まっているということになります。

ユーブライド(youbride)は、8割の会員が5ヶ月以内に結婚!

ユーブライド(youbride)では「8割の会員が活動から5ヶ月以内に結婚に至っている」という実績が公式に発表されています。

8割がマッチング」ではなく「8割が結婚」というのはすごいですよね。

また、ユーブライド(youbride)での過去5年間の成婚者数は10,708名と、業界随一の成婚実績を誇るマッチングアプリとなっています。

ユーブライド(youbride)は、サクラ0宣言でセキュリティ安心!

マッチングアプリでは、外部サイトへの誘導や個人アドレスの収集を目的とした悪質なユーザーが、会員になりすまして活動するといった問題がよくあります。

どのマッチングアプリにおいても、悪質なユーザーは完全には排除できてないのが現状。

このような悪質なユーザーを完全に撲滅するために、ユーブライド(youbride)ではサクラ0宣言を掲げ、訓練された専任スタッフが24時間体制で会員審査と監視を行っています。

プロフィール内容・証明書類などは全てユーブライド(youbride)のスタッフが審査を行ったうえで、アプリ内への掲載を行っています。

そのほか、スタッフによるサポート以外にも、不正行為や迷惑行為がないか、システム側での監視もユーブライド(youbride)では徹底して実施されています。

ブロック機能や違反報告機能もきちんと設置しており、報告があった場合は、ユーブライド(youbride)の専任スタッフがすぐに該当の会員の調査・確認を遂行してくれます。

悪質な人物に関しては登録抹消などの厳しい処置を実行してくれるので、安心してユーブライド(youbride)を利用することができます。

ユーブライド(youbride)は、婚活応援コンテンツが充実!

ユーブライド(youbride)の公式サイト内では「婚活応援コンテンツ」として会員同士のリアルな相談・体験談・恋愛コラムを掲載しています。

また、ユーブライド(youbride)の女性会員のアンケートをもとにした

好感を与えるメール、嫌な印象を与えてしまうメールの具体的な文面
自宅でできるプロフィール写真をうまく撮る方法

など、一度はチェックしておいて損はない内容のコンテンツも数多く掲載されています。

さらに詳しいユーブライド(youbride)の情報については、下記ブログもご参照ください!

ユーブライド(youbride)の会員の特徴

ユーブライド(youbride)の登録会員人数 57万人!

比較 ユーブライド ゼクシィ縁結び ブライダルネット マリッシュ
設立 2001年 2014年 2000年 2016年
人数 57万人 45万人 29万人 50万人
メイン 30-40代 20-30代 30代 30-40代

ユーブライド(youbride)は女性にも料金の支払いが発生するにもかかわらず、会員数は57万人もいます。

似たような年齢層で、会員の婚活真剣度が高いマッチングアプリと比較しても、会員数の規模が一番大きいのはユーブライド(youbride)になります。

ユーブライド(youbride)は、本気で結婚したい会員が1番多いマッチングアプリと言えるでしょう。

ユーブライド(youbride)会員の男女比 男7:女3

ユーブライド(youbride)の会員の男女比は、男性7割・女性3割という登録状況です。圧倒的に男性が多いので「女性はモテやすい!」ということが言えそうです。

男女比を見て、男性は「競争率が高くてユーブライド(youbride)でのマッチングは厳しいかも…」と思ってしまうかもしれませんが、ほかのマッチングアプリを見渡してもたいていこのような男女比です。

例えば、日本最大級のマッチングアプリであるペアーズ(Pairs)の男女比も男7:女3です。ユーブライド(youbride)が特別に男性会員の比率が高い訳ではありません。

ユーブライド(youbride)は、地方でも会員が多い!

ユーブライド(youbride)の会員人数はおおよそ人口に比例しており、ほかのマッチングアプリと同様に都市部にユーザーが集中しています。(関東・中部・関西合計で全体の約70%)

ただし、地方にお住いの人もご安心ください。ユーブライド(youbride)は会員人数自体が多いマッチングアプリです。

そのため、1番会員人数の少ない四国エリアでも男女合わせて3,000人近くの会員が登録しているので、どのエリアの人にも十分に出会いのチャンスはあります。

ユーブライド(youbride)男性会員の特徴について

①年齢層 20-40代に各10万人

ユーブライド(youbride)では、男性会員で最も登録が多いのが26~30歳ですが、20代~40代の年代ごとにあまり差はないようです。

ユーブライド(youbride)には20代も30代も40代もまんべんなく約10万人が登録しています。女性会員にとっては多くの選択肢をもてるので良いデータかと思います。

②年収 高くない(理由あり)

ユーブライド(youbride) 男性年収

ユーブライド(youbride)の男性会員の平均年収は400万前後です。30代男性の平均収入487万円(転職サイトDODA)と比較すると、7割近い男性会員が平均収入以下となります。

一見女性からすると「ユーブライド(youbride)の男性会員って年収が少ない人が多いんだね。。」と思ってしまいますよね。しかし、これには理由があります。

ユーブライド(youbride)は年収800万円以上の男性の割合は8%と、ほかのマッチングアプリと比べてもかなり少なめにデータが出ています。

しかし、ユーブライド(youbride)では年収を700万円以上と設定するには年収証明を提出しなければならないため、年収証明書の提出を面倒に思って、あえて低めに年収を設定し、実態よりもかなり少ないデータとなっている可能性が高いです。

「実際には年収700万以上だけど、収入証明書を取り寄せるのは手間がかかるし、面倒だから年収は600万円台に設定しておこう。」

と、ユーブライド(youbride)では、実際の収入より低めに設定している年収700万円以上の男性は少なくないと思います。

③バツイチ割合 5人に1人

バツイチ割合 離婚あり
マリッシュ 70%
Yahoo!パートナー 47%
マッチ・ドットコム 27%
ユーブライド 22%
ゼクシィ縁結び 14%
ペアーズ(pairs) 11%
ブライダルネット 10%
ゼクシィ恋結び 10%
with(ウィズ) 6%

ユーブライド(youbride)の男性会員の5人に1人はバツイチユーザーとなります。そのうち、3人に1人は子持ちのバツイチユーザーです。

再婚活をメインに押し出しているマリッシュ(marrish)や、Yahoo!(ヤフー)パートナーほどバツイチ会員はいませんが、それでもユーブライド(youbride)のバツイチユーザーの割合はマッチングアプリの中では多い方です。

バツイチ会員が多い」=「バツイチが出会えているマッチングアプリ」ということが言えるので、ユーブライド(youbride)はバツイチの再婚活のために十分オススメできるマッチングアプリとなっています。

ユーブライド(youbride)女性会員の特徴について

①年齢層 27-32歳がメイン

ユーブライド(youbride)の女性会員で最も会員数が多いのは30代で、その中でも30代前半の会員が最も多いです。具体的にいえば、27歳くらいから多くなり、32歳が最も多くなっています。アラサーメインとなっています。

ユーブライド(youbride)の女性会員は、男性のように20代や40代も30代と同じくらい多いということではなく、30代が一番多いです。初婚で1番結婚を意識している年代が多いということですね。

真剣に婚活を意識している会員が多いので、他のマッチングアプリと比較すると、ユーブライド(youbride)の年齢層はやや高めです。

②年収 半数が300万未満

ユーブライド(youbride) 女性年収

ユーブライド(youbride)の女性会員は職業はパートタイムの人が多いということもあり、収入が300万円未満の会員が半数以上を占めます。

③バツイチ 4人に1人

バツイチ割合 離婚あり
マリッシュ 70%
Yahoo!パートナー 51%
ユーブライド 25%
マッチ・ドットコム 24%
ゼクシィ縁結び 12%
ペアーズ(pairs) 11%
ブライダルネット 10%
ゼクシィ恋結び 9%
with(ウィズ) 7%

ユーブライド(youbride)の女性会員は男性会員よりもバツイチ率が高く、4人に1人がバツイチユーザーになります。そのうち、2.5人に1人がシングルマザーです

マッチングアプリ全体を見渡しても、ユーブライド(youbride)の女性会員のバツイチ・シングルマザーの割合はかなり多いです。

それだけユーブライド(youbride)には、バツイチ・シングルマザーに理解がある男性が多いということが言えます。

バツイチであることや子供がいる生活環境も含めて受け入れてくれる、器の大きい男性と出会える可能性が高いので、バツイチ女性・シングルマザーの人は再婚活・最恋活にぜひユーブライド(youbride)を利用してみてください。

ユーブライド(youbride)の会員に向いている人

向いている人

①20台後半~40代
②婚活したい人
③バツイチの人
④料金が発生してもいいので、結婚できるアプリを使いたい女性

上記に1つでもあてはまる人には、ユーブライド(youbride)はおすすめのマッチングアプリです。

特に会員の結婚に対する意識がとても高いので、ユーブライド(youbride)は20代後半〜40代の婚活に最適なマッチングアプリとなっています。

ただ、先述のとおり、マッチングアプリではヤリモクや、他サイトへの誘導や個人情報の収集を目的とした悪質なユーザーが、会員になりすまして活動するといった問題がよくあり、ユーブライド(youbride)でも完全な排除はできてないのが現状です。

ですので、ユーブライド(youbride)のみならずマッチングアプリでは以下の会員には要注意です。

悪質ユーザーの特徴

①すぐにLINEやメールアドレスを交換したがる人
②テンプレ(定型文)的なメッセージを送ってくる人
③芸能人のような写真・ハイスペックすぎるプロフィール
④自己紹介文などが短文
⑤事項紹介文に「投資をやっていて、投資に興味がある人と出会いたい」など、お金・儲け話に関することを書いている人

これらの特徴が1つでも見られた場合は、ヤリモク・悪質ユーザーである可能性があります。ユーブライド(youbride)を利用する際も、十分気をつけるようにしましょう。

ユーブライド(youbride) 会員登録後のプロフィールの書き方

ユーブライド(youbride)でのプロフィール写真のポイント

マッチングアプリに登録して「プロフィール写真の公開するのは恥ずかしい」という人は非常に多いと思います。

ユーブライド(youbride)では、メイン写真の代わりに専用のアイコンを使ったり、公開範囲を設定することができます。しかし、ユーブライド(youbride)で活動するなら、顔写真は間違いなく公開した方が良いです。

あなたもマッチングアプリで顔のわからない相手と会いたいと思わないですよね。写真なしだといいねもつきにくいですし、マッチングできる可能性もガクッと下がってしまいます。

特に真剣度の高いユーブライド(youbride)であれば写真なしの会員は敬遠されがちです。実際、ユーブライド(youbride)で相手を検索するときに、プロフィール写真のある・なしで検索条件を絞り込むことができます

ユーブライド(youbride)の相手会員から、絞り込み検索で最初から非表示に設定されないためにも、プロフィール写真はできるだけ公開するようにしましょう。

良いプロフィール写真のポイント

①明るい場所で顔が映えて写っている
②顔がはっきり写っている(目が前髪で隠れずに見えている)
③サイズの合った服を着ている
④自然な笑顔(大笑いではなく、微笑んでいる程度の笑顔)
⑤できれば第三者に撮影してもらう(男性は自撮りNG)
⑥自分史上最高に盛れている写真

特に①と⑥が大事です。明るくて逆光でない場所で、肌や髪に前方から光(太陽光・部屋の光)が当たっていれば、自然と艶が出て明るく健康的に見えます。

人間は、光の当て具合によって見栄えもかなり変わります

夜の電車で、鏡に映る自分が急に老けて見えたことは、誰にでも経験があることでしょう。あれは、電車内の光が上から照られされて顔に影ができてしまうからです。

逆に芸能人やモデルの撮影現場では、その人を映えて美しく見せるために照明を正面から当てています。これらと同じ原理が、マッチングアプリのプロフィール写真にも使えます。

自分史上最高に盛れている写真1枚で構わないので、頑張ってプロフィール写真は載せてみるようにしましょう。

ユーブライド(youbride)に登録した後、マイページ内の婚活応援コンテンツにも、上手な写真の撮り方のポイントを記載したコラムがあるので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

ユーブライド(youbride)でウケが悪いプロフィール写真とは

男性に多いですが、以下のような写真登録は逆にウケが悪いことが多いので、気をつけてください…。

ウケが悪い写真の特徴

①真顔での自撮り
②背景が汚い(部屋が散らかっているなど)
③アップでの顔写真のみを登録している
④写真を横で設定してしまっている
⑤髪がボサボサ(男性の方は無精髭が生えている)
⑥服が汚れているなど、清潔感がない
⑦(サブ写真で)何をしている時の写真かが伝わらない

ユーブライド(youbride)はサブ写真を10枚まで登録できます。趣味の写真(動物・スポーツ・仕事・旅行等々)を登録してメッセージの話題作りにするのも非常に良いと思います。

ユーブライド(youbride)の顔写真掲載率は低い

先ほども記載しましたが、ユーブライド(youbride)は顔写真の他にアバター設定をすることができるため、顔写真の掲載率が低い傾向があります。

ユーブライド アバター写真

そのためか、ユーブライド(youbride)の写真掲載率は約30%程度です。ゼクシィ縁結びと比較すると、ゼクシィ縁結びの写真掲載率は50%ほどあるので、20%も差があります。

逆に裏を返せば、ユーブライド(youbride)ではアバター設定よりもプロフィールで顔写真を掲載している会員の方がマッチング率は格段に上がります

ですので、上に書いたポイントを参考に顔写真を撮影して登録できる人は、ユーブライド(youbride)でライバルに差をつけることができるので、本当にオススメです。 

知り合いにバレたくないという人は、ユーブライド(youbride)では顔写真の公開設定を変更することもできます

逆に相手を検索するときに「顔写真を登録している人だけ選んで検索したい!」という人は、ユーブライド(youbride)の検索項目で「プロフィール写真あり」をオンにすると良いです。

ユーブライド(youbride)での自己紹介文のポイント

プロフィール写真はばっちりという人は、ユーブライド(youbride)では自己紹介の文章もマッチングの可能性を上げるために大切ですので、こちらも気合を入れて書きましょう。

まず、ユーブライド(youbride)のプロフィールの特徴としては埋める項目が多いです。その分、項目をちゃんと埋めるほどマッチングしやすくなります。(検索に引っかかりやすくなります

ユーブライド(youbride)のプロフィールは他のマッチングアプリとは違い、基本情報はもちろん、結婚に関する細かな入力項目が多数あります。

結婚目線のプロフィール項目

・自分の家族との同居の必要性
・共働きの希望
・家計管理の希望
・旅行の希望
・食事の希望
・育児の希望
・家事レベル
・家族構成
・遠距離恋愛は可能かどうか
・転勤の可能性

「自分の家族との同居の必要性」や「共働きの希望」「家計管理の希望」など、ほかのマッチングアプリでは見られないプロフィール項目ですが、結婚を意識すると相手がどのように思っているかは気になるところですよね。

そういった婚活目線のプロフィール項目が多いところが、ユーブライド(youbride)のメリットになります。

さらに、他のマッチングアプリでは各項目を単語で埋めてもOKなところが多いですが、ユーブライド(youbride)は婚活本気度が高いため、文章で埋める項目が多いです。

文章記入が必要な項目

・仕事について
・資産について
・休日の過ごし方
・趣味について
・お気に入りの映画や本
・お気に入りの場所や旅行先
・デートコース
・理想の結婚
・絶対に譲れないこと
・相手に望むこと

ご覧のとおり、ユーブライド(youbride)には文章で書くプロフィール項目が10項目もあります。

一つ一つ考えて入力するのは時間がかかって大変ですが、ちゃんと埋めればユーブライド(youbride)でのマッチング率は間違いなく高くなりますので、頑張って埋めていきましょう。

ユーブライド(youbride)には、検索での絞り込み項目に「プロフィール充実 60%以上」という条件があります

プロフィール入力率が60%未満だった場合、相手の検索結果に表示されず、マッチング率も大幅に下がってしまいます。

ユーブライド(youbride)では、プロフィール項目は最低6割以上は登録するようにしましょう

そして、メインの自己紹介文の内容ですが、簡潔すぎる自己紹介文だと、どんな人物なのか伝わりづらく、ユーブライド(youbride)ではマッチング率はなかなかあがりません。。

ユーブライド(youbride)の会員プロフィールを何人か見てみると、10行ぐらいでちゃんとした文章を書いている人が多いです。

オススメな自己紹介文の内容

①登録したきっかけ
②自分の性格(明るい・落ち着いている・人と話すのが好きなど)
③趣味(休日の日の過ごし方)
④好きなタイプ(容姿ではなく性格の)

このような感じで、できるだけポジティブな内容をユーブライド(youbride)の自己紹介文に書くようにしましょう。仕事の話はめんどくさい印象に繋がる可能性もあるので、職種などをさらっと書く程度にしましょう

あとはまわりくどい表現にならないよう、相手に伝わりやすく簡潔に記載することを意識しましょう。

ユーブライド(youbride)会員登録後、やり取りが続かない人の注意点!

「プロフィールはちゃんと書けた!マッチングもできた!けど、メッセージのやり取りが続かない…」という人に、メッセージを続かせるためのポイントをお伝えします。

まずはNGパターンから…

NG1 質問攻め

会話が途切れないように相手に質問をすることはとても大事なことですが、これも行き過ぎると逆効果になってしまいます。

そもそもメッセージを続けることがゴールではなく、仲良くなり「デートに行くこと」が目的です。

デートを少し意識すると、質問内容を「好きな食べ物」や「よくご飯を食べるエリア」「休みの日の趣味の話」などにしていけば、「そこに行ってみたい!」「それ食べてみたい!」と、自然とデートに繋がる会話となっていくはずです。

NG2 文字数が多すぎる

相手から送られてきた2~3行のメッセージに対して少しでも自分を知ってもらおうと長文を送っていませんか?

しかし、長すぎると最後まで読んでもらえず、相手からすれば「次も長文が来たら困っちゃうな」とそれこそ返信が帰ってこない可能性が高くなります。

文字数は相手と同じくらいか、相手より少し多いくらいの量を心がけるようにしましょう。

同じくらいの文字数にすることによって、相手に

この人とは話のペースが合うな

と、自分と相性が良いように感じてもらいやすくもなります。

NG3 文字数が少なすぎる

先ほどの逆で、こちらは相手からすると自分に関心がないと感じ、返信率がぐっと下がりますので要注意です。

特にメッセージのやり取りの初期は、相手に自分の興味・真剣さを伝えるためにも、相手の文字数のちょっと多いくらいの量が、返信にはちょうど良いでしょう。

NG4 返信なしにメッセージを送る

返信の催促をすると、相手は返信をする気がなくなってしまう人が多いので、返信がなくても返信がくるのを我慢して待ちましょう。

そういった時は、同時進行でほかのユーブライド(youbride)の会員にアプローチしてみて、気を紛らわせるのも有効です。

と、ここまでNGパターンを書いてきましたが、メッセージのやり取りをする上で一番大切なポイントはただ一つ、

相手のペースに合わせる!」

ことです。

文字量も返信の頻度も相手のペースに合わせましょう。あとは丁寧に思いを伝えていけばきっと会話が弾むはずです。

結論 ユーブライド(youbride)の会員はこんな人

ユーブライド(youbride)会員の良いところ

・他のアプリより女性が積極的
 (女性も課金するシステムのため)
・真面目で礼儀正しい人が多い
・サクラや業者が少ない
・真剣に婚活をしている
・バツイチも多い

このようにユーブライド(youbride)は「婚活」に特化したシステムのため、真剣に婚活したい人にとってオススメのマッチングアプリです。

ユーブライド(youbride)の会員は、婚活のためのマッチングアプリとして利用している会員が多いので、他と比べて平均年齢が高く、男女ともに30代前後の会員が多いです。

真面目に婚活している会員が多く、ユーブライド(youbride)のプロフィール項目も結婚や生活における価値観を文字で記入するところが多いなど、その特徴が出ています。

さらに、そのように文字で書く項目が多いユーブライド(youbride)のプロフィールにあっても、ちゃんと自己紹介文をしっかり書いている人が多いです。

プロフィール項目もしっかり埋めている人が多いので、ユーブライド(youbride)には婚活を真面目にしている会員が本当に多いです。

また、課金している女性会員が多いので、他のマッチングアプリと比べても、積極的に自分からアプローチをする女性も多いところも、ユーブライド(youbride)の魅力です。

そのほか、システム面でのユーブライド(youbride)のメリットを上げると

システム面のメリット

・有料会員からのメールには、男女ともに無料でメッセージができる
・課金したときのいいね数が他のマッチングアプリと比べても多い(約1500/月)
・課金時に「有料会員のみ検索できるフィルター」追加→より真剣な相手を検索可能

というようなところがあります。

逆に、ユーブライド(youbride)のデメリット・ユーブライド(youbride)に向いていない人は下のとおりです。

ユーブライド(youbride)のデメリット

・20代前半の男性はマッチングしにくい(結婚相手として見られない)
・プロフィールの項目が多く、登録に手間・時間がかかる。
・女性も料金の支払いが発生する。
・会員の平均年齢が高く、ライトなお付き合いをしたい人は向かない

向き不向きはありますが、真剣に婚活したい人には、ユーブライド(youbride)はオススメのマッチングアプリになっています。

ぜひこのブログを参考にしてみて、ユーブライド(youbride)での婚活・結婚相手探しを検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました