マッチ・ドットコム(Match.com)の全てがわかる!最新料金・口コミ評価 徹底解説!

今回は、世界25ヶ国で利用されていて、累計ユーザー数は1500万人、日本でも現在187万人の会員がサイト内で活動している、超巨大マッチングサイト「マッチ・ドットコム(Match.com)」についてご紹介したいと思います。

マッチ・ドットコム(Match.com)とは

アメリカでオンライン結婚の1/3がマッチ・ドットコム!

マッチ・ドットコム(Match.com)は、オンラインデート大国であるアメリカ合衆国の中でも先駆けて立ち上げられた、一番歴史の長いデジタルマッチングサービスです。

1995年に運営が開始され、その後マッチ・ドットコム(Match.com)は、日本では2002年にサービスをスタートさせました。

マッチ・ドットコム(Match.com)はアメリカではとても人気があるマッチングサイトで、「オンラインで出会って結婚したカップルのうち、3分の1がマッチ・ドットコム(Match.com)を利用して婚約している。」という実績があります。

マッチ・ドットコム(Match.com)の本社はテキサス州ダラスにあり、オンラインデーティング業界で世界40カ国にサービス事業を展開しています。

また、マッチ・ドットコム(Match.com)は、Yahoo.com・AOL・Goo・OCNなどのブランド企業へサービスを提供していたり、メジャーリーグMLB・スターバックス・アメリカンMENSAとも先進的パートナーシップを提携していたりもします。まさに世界的大企業ですね。

マッチ・ドットコム(Match.com)は、30-50代の婚活希望者が多い

マッチ・ドットコム(Match.com)は、女性も男性と同じように料金の支払いが発生するため、その分真剣な婚活・恋活を希望するユーザーが集まっているマッチングサイトです。

また、マッチ・ドットコム(Match.com)には30〜50代の人が多く登録しているので、20代の利用者は少ない傾向があります。まだ若くて「気軽に出会いたい」「結婚はまだ考えないお付き合いがしたい」という人には不向きです。

マッチ・ドットコム(Match.com)会員の3割がバツイチ!

マッチ・ドットコム(Match.com)は、バツイチのユーザーも多く、全体の3割は離婚経験ありの人です。

マッチ・ドットコム(Match.com)にはシングルマザーやシングルファーザーも多く登録していて、同じ境遇の人や子どもがいることに理解を示してくれる人もたくさんいるので、バツイチの人にとっては出会いやすいマッチングサイトです。

マッチ・ドットコム(Match.com)は、LGBTとも出会える!

マッチ・ドットコム(Match.com)の個性的な特徴の一つに、男性でも男性との出会いを、女性でも女性との出会いを希望することができ、LGBTにも対応していることがあります。

マッチ・ドットコム(Match.com)ほど、LGBTも対象とした大規模なマッチングアプリは日本ではないので、同性愛者にとっては貴重な出会いの場になっています。

マッチ・ドットコム(Match.com)の会員の特徴

マッチ・ドットコム(Match.com)の累計会員 250万人以上!

マッチ・ドットコム(Match.com)では、会員人数の公式な発表はありませんが、2018年8月に他ブログが行ったインタビューでは、日本国内の累計会員人数は250万人を突破しています。

マッチングアプリ 累計会員人数 ランキング
1位 ペアーズ(pairs) 800万人以上
2位 Yahoo!パートナー 500万人以上
3位 タップル誕生 400万人以上
4位 Omiai 350万人以上
5位 マッチ・ドットコム 250万人以上
6位 ユーブライド 170万人以上
7位 ウィズ(with) 100万人以上

日本ではペアーズ(pairs)の累計会員数が800万人以上と、ほかと2倍以上の差があって断トツ1番人気です。マッチ・ドットコム(Match.com)は、国内で5番目にユーザーが多いマッチングアプリとなっています。

マッチ・ドットコム(Match.com)の男女比 男 55%:女 45%

男女比についても、マッチ・ドットコム(Match.com)に対する取材の中で、「男性55%:女性45%」ということがわかっています。

先ほど、日本で1番人気があるマッチングアプリは断トツでペアーズ(pairs)と書きましたが、そのペアーズ(pairs)でさえ、男女比は男7:女3。男余りの状態です。

それと比べると、マッチ・ドットコム(Match.com)はバランスがとれた男女比になっています。

マッチ・ドットコム(Match.com)の年齢層 30〜40代がメイン

年代別では、マッチ・ドットコム(Match.com)の女性は半数近くが30代のユーザー男性は30〜40代のユーザーが多くなっています。

ほかのマッチングアプリと比べてみると、ゼクシィ縁結びは20〜30代がメインユーザーとなっているのに対し、マッチ・ドットコム(Match.com)とユーブライド(youbride)は30〜40代が一番多い年齢層です。

グラフを見ても、マッチ・ドットコム(Match.com)とユーブライド(youbride)の会員の年齢層は、とても似ていることがわかりますね。

ただ、男性の登録状況を見ると、ユーブライド(youbride)では20代は27%いるのに対して、マッチ・ドットコム(Match.com)では20代は16%しかいません。

さらにグラフを見ていくと、30代→40代→50代→60代と年齢層が上がっていくにつれて、マッチ・ドットコム(Match.com)の方が利用者の割合が多くなっていることがわかります。

これらを見ても、マッチ・ドットコム(Match.com)はユーブライド(youbride)よりも男性ユーザーの年齢層はさらに高いです。それだけ、人生経験豊富な男性が多く登録しています。

マッチ・ドットコム(Match.com)の男性年収 1,000万以上が3割以上!?

マッチ・ドットコム(Match.com) 男性年収

男性の年収についても、マッチ・ドットコム(Match.com)担当者によると、年収500万円以上の人が6割以上もいるとのこと。

30代男性の平均年収487万円(転職サイトDODA)と比べると、マッチ・ドットコム(Match.com)の6割以上の男性会員が全国平均よりも上という結果に。高年収の男性が多数登録しているようです。

さらにグラフを見てみると、マッチ・ドットコム(Match.com)には年収1,000万以上の男性が3割以上いることになっています。

「いやいやいや、ぜったいそんないないですよね」
と、ちょっと疑ってしまいますよね。。

もしかすると、マッチ・ドットコム(Match.com)には年収を盛って書いてる男性が多いのかもしれません。。

嘘の年収を書いている人に出会わないためにも、マッチ・ドットコム(Match.com)のプロフィールには証明書マークがあります。

年収について嘘をついていないことがわかる、収入証明マークが付いている男性と優先的にやり取りをするようにしましょう

プロフィール 証明書提出マーク

マッチ・ドットコム(Match.com)は、4人に1人がバツイチ会員

マッチ・ドットコム(Match.com)に対するインタビュー中では、バツイチの割合は男性27%:女性24%であることが判明しています。マッチ・ドットコム(Match.com)では、男女ともに4人に1人が離婚経験者ということになりますね。

ほかのマッチングアプリとバツイチ会員の割合を比較してみると、

バツイチ割合 男性 女性
マリッシュ 70% 70%
マッチ・ドットコム 27% 24%
ユーブライド 22% 25%
ゼクシィ縁結び 14% 12%

マリッシュ(marrish)がずば抜けてバツイチの会員が多いですが、マッチ・ドットコム(Match.com)は年齢層が高い分、ゼクシィ縁結びやユーブライド(youbride)と比べると離婚経験ありの人も多いです。

バツイチやシンママにとっては、同じ境遇の人がサイト内に多くいるのことで、バツイチであることや、子供がいることに理解を示してくれる人と出会える確率も上がります

出会えた後も、そういった素敵な人とお付き合いしやすかったり、自分を受け入れてもらえて幸せな結婚にも繋がりやすいです。

ぜひ離婚経験のある人は、マッチ・ドットコム(Match.com)のような、同じバツイチ会員の多いマッチングアプリを積極的に利用してみましょう。

マッチ・ドットコム(Match.com)の最新料金

マッチ・ドットコム(Match.com)は、男女とも料金同じ!

マッチ・ドットコム(Match.com)は、ユーブライド(youbride)やゼクシィ縁結びと同様に、メッセージのやり取りをするためには、女性も男性と同じように料金を支払う必要があります。

ペアーズ(pairs)やOmiaiのように「無料で出会いたい」「オンラインの婚活・恋活にお金はかけたくない」という女性には、マッチ・ドットコム(Match.com)は向いていません

逆にその分「お金を払ってでも結婚したい!」「料金は男性と同じでいいので、ちゃんと成果の出るマッチングアプリに登録したい!」という女性に、マッチ・ドットコム(Match.com)は向いています

女性も有料にすることにより、男性も「真面目に婚活している女性と出会いたい!」と希望してサイトに登録するようになります。

そのため、結果的に男女とも結婚に対する意識が高い人たちがマッチ・ドットコム(Match.com)に集まってくるという仕組みです。

マッチ・ドットコム(Match.com)の無料会員と有料会員の違い

使える機能 無料会員 有料会員
相手検索
優先会員(オススメ会員)を紹介してくれる
特定の相手のメッセージを受信拒否する
特定の相手を検索結果から非表示にする ✖️
メッセージで連絡を取り合う ✖️
インスタントメッセージ(チャット)の利用 ✖️
足あとを見る ✖️
簡単検索タイプ指定(フリーワード検索) ✖️

マッチ・ドットコム(Match.com)では、相手の検索について、無料会員でもフリーワード検索以外は全ての方法を利用することができます

後術していますが、「指定距離内に住んでいる相手の検索」「証明書提出の相手のみ検索」「新着会員順に並び替え」などは、ほかのマッチングアプリではなかったり、あっても有料会員(スタンダードプラン)にならないと使えないような検索方法です。

それらの検索方法が、マッチ・ドットコム(Match.com)では無料でも利用できるというのは良いところですね。

特定の相手に対して、メッセージを受信に拒否することは無料でできます。しかし、「その人の顔も見たくない!」と検索結果からも非表示にするためには、マッチ・ドットコム(Match.com)の有料会員(スタンダードプラン)になる必要があります。

設定は相手のプロフィール横に表示されている「・・・」マークを押すと選べます。

ただ、無料会員でもできることはあるものの、やはりメッセージのやり取りは無料ではできないため、マッチ・ドットコム(Match.com)で出会うためには有料会員(スタンダードプラン)に加入する必要があります。
(※相手が月額1,355円で付けれる「誰でもあなたのメッセージに無料返信ができる」オプションに加入していれば、その相手にのみメッセージ可能。)

また、無料会員だと相手からの足あとを確認することができないので、自分に興味を持ってくれた人がどんな人か知るためにも、まずはマッチ・ドットコム(Match.com)の有料会員プラン「スタンダードプラン」に加入しましょう。

マッチ・ドットコム(Match.com)の月額プラン料金

①スタンダードプラン

プラン(税込) web版 android版 iOS版
1ヶ月 4,490円
3ヶ月 3,990円
6ヶ月 2,790円
12ヶ月 1,690円

②バンドルプラン(プレミアムプラン)

プラン(税込) web版 android版 iOS版
1ヶ月 5,000円
3ヶ月 4,240円 3,600円
6ヶ月 2,990円 3,133円
12ヶ月 1,940円
追加機能 ✔︎ メッセージの既読確認
✔︎ 新規会員への優先PR
✔︎ 自分のプロフィールを目立たせる

マッチ・ドットコム(Match.com)の「バンドルプラン」とは、ほかのマッチングアプリでいうプレミアムプランを、通常の月額料金に組み込んだプランのことです。

一般的なプレミアムプランは、通常の月額会員料金に追加でプレミアム料金がかかりますが、マッチ・ドットコム(Match.com)ではバンドルプランの料金だけで、追加機能を使うことができます。

ただ、追加機能としては主にメッセージの既読確認くらいで、込み込みの値段といっても月に300〜500円くらいは変わってきます。

マッチ・ドットコム(Match.com)を利用するのに、大半の人はスタンダードプランの加入で問題ないでしょう。

マッチ・ドットコム(Match.com)は、19年増税で値上げ

マッチ・ドットコム(Match.com)では、19年10月8%→10%の消費増税に合わせて月額プラン料金の値上げが行われています。

◆スタンダードプラン 増税前後 料金比較

Web決済 税抜 税込
増税前 増税後 増税前 増税後
1ヶ月 3,685円 4,081円 3,980円 4,490円
3ヶ月 2,586円 3,627円 2,793円 3,990円
6ヶ月 2,284円 2,536円 2,467円 2,790円
12ヶ月 1,620円 1,536円 1,750円 1,690円

◆バンドルプラン 増税前後 料金比較

Web決済 税抜 税込
増税前 増税後 増税前 増税後
1ヶ月
3ヶ月 3,025円 3,854円 3,267円 4,240円
6ヶ月 2,500円 2,718円 2,700円 2,990円
12ヶ月 2,037円 1,763円 2,200円 1,940円

特にマッチ・ドットコム(Match.com)では、3ヶ月プランの増税時の値上がり幅が大きいです。税抜価格で見ると、スタンダードプランでは1,000円以上、バンドルプランでは800円以上値上がりしているので、ここは残念ですね。。

マッチ・ドットコム(Match.com)では、初回クーポンで料金半額に!

マッチ・ドットコム(Match.com)では、初回の有料プランの支払いが半額になるクーポンが配られてきます。

半額クーポンは、登録した後に有料会員にならずに1〜2週間いると、マッチ・ドットコム(Match.com)側からメルマガで送られてきます

お得に利用するためにも、マッチ・ドットコム(Match.com)に会員登録したら、しばらく課金せずにいったん待ってみるようにしましょう。

マッチ・ドットコム(Match.com)の恋が始まる保証 次の半年が無料!

マッチ・ドットコム(Match.com)には「半年間真剣に婚活してみたけど、恋人ができなかった。。」という場合への保証として、次の半年間の料金が無料になるサービスがあります。

ただし、利用条件があり、以下の行動をマッチ・ドットコム(Match.com)でしていないといけません。

利用条件

① 6ヶ月プランに加入
② 6ヶ月間常にプロフィール写真を公開
③ 毎月5人以上にメッセージを送信・返信

ゼクシィ縁結びにも次の6ヶ月、12ヶ月延長料金分が無料になる「婚活成功保証」という同じサービスがありますが、そちらでは1ヶ月30人以上にいいねしなければ適用されません。

それに比べてマッチ・ドットコム(Match.com)では「毎月5人以上にメッセージを送るだけで良い」とゼクシィ縁結びよりもハードルが低いですね。

ただ、マッチ・ドットコム(Match.com)担当者によると「適用条件のようにちゃんと婚活している人のほとんどは、6ヶ月以内に素敵な人と結ばれて退会しているので、恋が始まる保証が適用されるケースはあまりありません。」とのこと。

いずれにせよ、マッチ・ドットコム(Match.com)には、ちゃんと婚活した人が結果に結びつくように保証が用意されていることは良いことですね。

マッチ・ドットコム(Match.com)のセキュリティ

マッチ・ドットコム(Match.com)は、25ヶ国で1,500万人が利用してきた歴史あるマッチングアプリだけあって、安全性に対する対策もきっちり行われています。

マッチ・ドットコム(Match.com)は、システム&目視で監視!

まず、マッチ・ドットコム(Match.com)では、会員登録のときに2段階の審査が行われます。

1段階目は、システムによる審査です。業者のパターンや過去に使われた画像から、悪質なユーザーを瞬時に判別して排除します。

2段階目は、マッチ・ドットコム(Match.com)のカスタマーケア担当者の目視による確認作業が入ります。マッチ・ドットコム(Match.com)への会員登録以降も、スタッフが24時間365日体制で常にパトロールしてくれています。

パトロール内容

✔︎ 不審なプロフィール投稿がないか
✔︎ メッセージに不適切なワードが含まれていないか
✔︎ プロフィール写真に偽の写真や芸能人の写真が使われていないか
✔︎ ユーザーからの不審者報告への即時対応

こういった対応を、専任スタッフが常時きっちりと行ってくれているので、マッチ・ドットコム(Match.com)には悪質な業者はもちろん、ヤリモクも近づきにくいセキュリティ体制となっています。

マッチ・ドットコム(Match.com)には、証明書の項目が7種類も!

マッチ・ドットコム(Match.com)には、年齢確認のほかに、7つもの証明書を登録する項目があり、相手のプロフィール内容に嘘がないかどうかの判断材料として見ることができます。

7つの証明書

①クレジットカード証明
②本人証明
③収入証明
④卒業証明
⑤独身証明書
⑥住所証明
⑦勤務先証明

マッチ・ドットコム(Match.com)のように、住所証明と勤務先証明があるマッチングアプリはなかなかありません

住所証明は、住民票・公共料金通知書で承認。勤務先証明は、社員証・給与明細・源泉徴収票で、マッチ・ドットコム(Match.com)側から承認してもらうことができます。

マッチ・ドットコム(Match.com)の良い口コミ評価

マッチ・ドットコム(Match.com)では、マッチングなしにメールできる!

マッチ・ドットコム(Match.com)とほかのマッチングアプリとの大きな違いが、メッセージのやり取りの方法にあります。

普通、一般的なマッチングアプリでは、男女どちらかがいいねを送った後、それを相手が承認すればメッセージの交換を初めてすることができます。

しかし、マッチ・ドットコム(Match.com)は有料会員であれば、いいねのマッチングなしに誰でも最初からメッセージを送ることができます

マッチ・ドットコム(Match.com)にも、一応いいねのシステムはあるにはあります。いいねをもらったり、誰からいいねをもらったのか無料会員のままでも見ることはできます。

しかし、「あなたに興味がありますよ」という意思表示の役割しかないので、はっきり言うとマッチ・ドットコム(Match.com)ではおまけのような存在です。

マッチ・ドットコム(Match.com)内でのいいねを有効に活用する方法としては、いいねを送った後、なぜ興味をもったかについてメッセージを添えてみると良いでしょう。相手もその方がメッセージの内容に対して返事がしやすいので、やり取りが続きやすいです。

マッチ・ドットコム(Match.com)ではいいねの上限はありません。いいねはメッセージと併用してたくさん送ってみるようにしましょう。
(※マッチ・ドットコム(Match.com)は以前「いいね」と「ウインク」という2種類がありましたが、「ウインク」がなくなり「いいね」に機能が統合されました。)

マッチ・ドットコム(Match.com)はLGBT(同性愛者)も対応!

マッチ・ドットコム(Match.com)では、検索の段階で男性でも男性を、女性でも女性を検索してメッセージのやり取りをすることができます。

上のように、最初の登録で相手の性別の希望を選ぶことができるのですが、性別の希望は後からでも変えることができるので、マッチ・ドットコム(Match.com)はゲイやビアンの人はもちろん、バイセクシャル、トランスジェンダーの人の出会いにも対応しています。

マッチ・ドットコム(Match.com)では、豊富な検索機能が無料!

マッチ・ドットコム(Match.com)では、相手を探すときに、無料会員でもフリーワード検索以外は全ての方法を利用することができます。

検索方法も、ほかのマッチングアプリではなかったり、ほかでは有料会員にならないと使えない便利なものが、マッチ・ドットコム(Match.com)では無料会員のままでも利用することができます。

①距離検索

マッチ・ドットコム(Match.com)では、自分が住んでいる場所から、指定した距離以内に住んでいる相手を検索することができます。近くに住んでいる人と出会いたい人に有効です。

②デイリーマッチ

マッチ・ドットコム(Match.com)では、ホーム画面上段の「マッチ」をクリックすると、AIがあなたにオススメの相手を紹介してくれる「デイリーマッチ」という画面に切り替わります。

デイリーマッチでは、オススメされた相手に対して「いいね」or「スキップ」で答えていくと、AIがその結果を解析してその精度をどんどん高めていって、次第にあなたが希望する相手を紹介してくれるようになります。

マッチ・ドットコム(Match.com)担当者によると、AIには顔認識機能もあるようで「イケメンばかり『はい』にしていたら、イケメンしか出てこなくなった」という声もあるようです。

使えば使うほど好みの相手が見つかりやすいので、マッチ・ドットコム(Match.com)に登録したら、デイリーマッチはぜひ積極的に使っていきましょう。

ただし、スキップした相手は二度と検索結果に表示されなくなるので、押すときは慎重に判断しましょう。

③想われマッチ 両想いマッチ

マッチ・ドットコム(Match.com)の検索画面には「想われマッチ」「両想いマッチ」という検索項目があります。

想われマッチでは、相手が登録した「希望する相手の条件」が自分にマッチ、すなわち相手の好みのタイプが自分であるとき、その相手が表示されます。

両想いマッチでは、両方が登録した「希望する相手の条件」がお互いにマッチ、すなわちお互いにお互いが好みのタイプだ、という相手が表示されます。

特にこの両想いマッチは、相手に求める価値観がお互いに一緒ということなので、付き合ってからも関係がうまくいきやすいです。ぜひ積極的にアプローチしてみましょう。

④豊富な並べ替え項目

マッチ・ドットコム(Match.com)では、相手の検索結果の並び替え項目は、無料会員のまま全て利用することができます。

マッチ・ドットコム(Match.com)の検索項目
Matchおすすめ AIによるおすすめ順
利用状況 相手のログインが新しい順
新着 相手の会員登録が新しい順
年齢 相手の年齢が若い順
写真数 プロフィールに載っている写真が多い順
距離 自分の住所から近い相手順

特に新着順の並べ替えでは、相手がマッチ・ドットコム(Match.com)に会員登録して間もないので、まだあまりライバルからアプローチを受けていない可能性が高く、先に自分がマッチングできるチャンス大です。

ほかのマッチングアプリでは、新着順で並び変えるためには有料会員やプレミアム会員になる必要があったりする場合が多いので、無料会員のまま新着順で並べ替えられるのはマッチ・ドットコム(Match.com)のメリットです。

マッチ・ドットコム(Match.com)の悪い口コミ評価

これまで書いてきたように、マッチ・ドットコム(Match.com)は素晴らしいところがたくさんありますが、中にはユーザーからの評価が良くないポイントもいくつかあります。

勝手にマッチ・ドットコム(Match.com)の広告に写真が使われる

マッチ・ドットコム(Match.com)には、プロフィールの設定項目に「会員スポットライト」というものがあるのですが、これがオンになっていると、マッチ・ドットコム(Match.com)の広告に自分の顔写真が掲載されてしまいます

公式HPや、マッチ・ドットコム(Match.com)がサービスを提供しているパートナー企業のHPの広告に載ってしまうのですが、なぜそんなことをするかというと、マッチ・ドットコム(Match.com)側の見解としては、

マッチ・ドットコム(Match.com)側

「ホームページや広告に掲載されることによって、多くの方にプロフィールを見てもらえることができ、良い相手に出会える機会が増えるから。」

だそうです。。
いやいやいや、サイトに登録していない不特定多数の人に顔が見られるのも嫌ですし、知り合いにもバレたくないですよね。。

※設定の確認方法

なぜか、設定を変えれるのはWeb版のマッチ・ドットコム(Match.com)からだけです。

設定の確認方法

①ホーム画面の歯車マークから「設定」をクリック
②「会員スポットライト」をクリック
③下のように「スポットライトに参加しない」となっていればOK
※「スポットライトに参加する」となっていたら、クリック。

アプリ版のマッチ・ドットコム(Match.com)からでも、「マイページ内の歯車マーク」→「ヘルプ」をクリックすることでWeb版にアクセスすることができます。そこからの手順は先ほどと同じです。

誰でも勝手に自分の顔写真を広告に使われるのは嫌だと思うので、マッチ・ドットコム(Match.com)に会員登録したら、すぐに設定を確認しましょう

マッチ・ドットコム(Match.com)は、外国人が意外といない。。

マッチ・ドットコム(Match.com)は、世界25ヶ国で1500万人が利用してきた世界的マッチングアプリアプリなので、よく「外国人が多く登録している!」「外国人と出会える!」という紹介がネットでもされていたりします。

「外国人と出会えそう!」
「外国人の彼氏・彼女がほしい!」
「外国人がたくさんいるという広告を見た!」

と期待して、マッチ・ドットコム(Match.com)に会員登録する人も多いと思います。
しかし実際には、

ユーザーの声

あれ、思ったほど外国人がいない?」
期待したほど外国人いない。。

という声が、ネット上でもかなり目立ちます。

なぜ外国人がそこまで多くないかというと、マッチ・ドットコム(Match.com)は世界中でその国ごとにマッチングサイトを展開していて、それぞれの国ごとにサイトのデータベースが異なります。

私たちが通常日本で見ているのは日本版のマッチ・ドットコム(Match.com)サイトです。

そのため、日本に住んでいる外国人全員が日本版のサイトに登録しているわけではなく、自国版のマッチ・ドットコム(Match.com)に登録している場合もあるからです。

ただ、その中でも「日本人と結婚したい」「日本に住んでいる人に出会いたい」と日本版のマッチ・ドットコム(Match.com)に登録している外国人も一定数はいます。人数自体もほかの日本のマッチングアプリよりは多いです。

そういった外国人と出会うためには、検索条件の設定がキーポイントです。

※外国人を検索する方法

マッチ・ドットコム(Match.com)には、外国人などの多種多様な人々を検索する方法が充実しています。

住んでいる国・地域・人種・言語・信仰(宗教)・髪の色・瞳の色などから絞り込みができます。(※髪の色・瞳の色はWeb版のマッチ・ドットコム(Match.com)のみ)

人種を指定せず、日本版のマッチ・ドットコム(Match.com)に登録している全ての外国人を検索したい場合は、検索画面の「パーソナル」から「言語」をクリックし、日本語以外の全ての言語に✔︎を入れます。

こうすると、外国語を話せる日本人も表示されてしまいますが、この方法が日本版のマッチ・ドットコム(Match.com)に登録している、全ての外国人を検索する唯一の方法です。

人種で選ぼうとすると、日本人を除外するときに「アジア系」の✔︎を外す必要があり、日本以外のアジアの外国人も検索結果に表示されなくなってしまいます。

「白人の外国人と出会いたい」「韓国語を話せる人と出会いたい」という細かい希望がある場合は、人種や言語から指定して検索してみましょう。

マッチ・ドットコム(Match.com)は、使い方がわかりにくい

マッチ・ドットコム(Match.com)は、元々は海外のマッチングサイトのため、仕様が完全に日本向けに最適化されているわけではありません。

ほかの日本のマッチングサイトに比べてシステムが異なっているところも多く、

ユーザーの声

使いづらい。。
検索の方法がわかりにくい。。

という声も少なくありません。

また、検索方法や決済方法などにおいて、Web版はできるけどアプリだと使えない・表示されないという項目もいくつかあり、それがユーザーの「マッチ・ドットコム(Match.com)使いづらい」という声に拍車をかけてしまっています。

少しずつ改良はされつつあるようですが、ほかのマッチングアプリを使ってきた人には、最初は慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

マッチ・ドットコム(Match.com)に向いてる人・向いてない人

向いている人

・婚活したい30〜50代男性
・有料でもちゃんと出会えるサイトで婚活したい女性
・実績のあって安心なマッチングアプリを使いたい人
・外国人やLGBTの人と出会いたい人

向いてない人

・気軽なお付き合いがしたい人
・無料で出会いたい女性
・20代と出会いたい人

マッチ・ドットコム(Match.com)は、結婚に対する意識が高く、婚活本気度の高い人たちが集まるマッチングアプリです。

男女とも30代以上が多く、女性も料金がかかりますが、世界中で利用されている実績があり、セキュリティ体制や保証制度も充実しているので安心して利用することができます。

「使い方がわかりにくい」という口コミ評価もあったりしますが、慣れれば問題なく使えます。「信頼できるマッチングアプリに登録したい」という人にはマッチ・ドットコム(Match.com)はとてもオススメ。ぜひ一度登録して活動してみてください。

ぜひ、このブログを参考にしてみて、次の素敵なパートナーとの出会いにお役立ちできればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました