【結論】シンママが再婚するならマッチングアプリを勧める3つの理由【シンママに合ったアプリも紹介】

離婚直後は「もう結婚はコリゴリ。再婚なんて絶対しない。」と決めていても、時が経つにつれて、

このままずっと1人は寂しい

子供が出ていった後に、一緒に人生を楽しむパートナーがほしい

と感じて、再婚したいと決意したシンママは大勢いると思います。

しかし、そこで多くのシンママが悩むのは「どこで再婚相手を探すべきか」ということです。
 

 
出会いの場は、婚活パーティ・結婚相談所・友人からの紹介・職場での出会いなど、いろいろありますが、筆者からは

シンママにこそ、マッチングアプリでの再婚活がいいですよ

ということを、3つの理由を解説しながら断言したいと思います。

ただ、マッチングアプリを勧めるとよく聞かれるのが「シンママがアプリで再婚活するのって、ヤリモクとか業者とか、安全面で不安。。」という、ネガティブな意見です。

今日は、そのあたりの安全面もカバーできていて、なおかつシンママの再婚に適した相手を探すことができるオススメのマッチングアプリもご紹介します。
 

この記事を読むメリット
  • シンママが効率的、効果的に再婚できる方法がわかる
  • シンママにとって、一番自分に合った再婚相手が見つかる

 

シンママが再婚を目指す時にマッチングアプリが良い理由

① 育児の隙間時間で出会える

シンママが再婚を目指す時にマッチングアプリが良い理由

まず、シンママが再婚を決意した時にマッチングアプリを勧める理由が、「忙しい中でも出会える」ということです。

シンママで「再婚したいけど、仕事と子育ての毎日で出会いの場に行く暇なんかない!」という人は、大勢います。
 

 
合コンや婚活パーティにしても、開かれるのはたいてい夜です。そうなると、保育園は閉まってしまうので、シンママは実家などに子供を預けなければいけません。

いくら再婚が目的といえど、何回も飲み会を理由に実家に子供も預けるのは、親にも気がひけますよね。

それにもし子供が嫌がると、合コンや婚活パーティーを直前にドタキャンしないといけない可能性あります

しかし、マッチングアプリならそんな面倒はありません。スマホ一つで場所も問わず、家事や育児のちょっとした合間に、再婚相手を探すことができます。

なので、子育てと仕事で忙しいシンママにこそ、マッチングアプリでの再婚活は向いています。
 

② コスパが良い

② コスパが良い

次に、シンママが再婚を目指す際にマッチングアプリを勧める理由は、「圧倒的にコスパが良い」ということです。

再婚したくても、毎月の子供の養育費・教育費で、「出会いの場にかけれるお金なんてない!」というのは、ほとんどのシンママが感じているはずです。
 

 
まず、再婚を目指すシンママから人気の高い結婚相談所ですが、やはりネックなのはその高い料金です。

初期登録の費用で、どれだけ安くても3万円はかかります。3万円もあれば、マッチングアプリなら、女性有料のものでも1年くらいは再婚活ができてしまいます。

さらに、月額の料金でも5千円はとられます。これは、1人で子育てをしなくてはならないシンママにとっては、経済的にかなりキツイ金額ですよね。

もちろん、その分結婚相談所のスタッフが手間ひまかけて、シンママに合った再婚相手を探してくれるわけですが、この記事で紹介するマッチングアプリを使えば、自分に合った人とアプリでもちゃんと出会えます

次に婚活パーティーですが、

登録料もなく、マッチングアプリと同じ月々2〜3千円で再婚相手を探せるんなら、シンママにも良いんじゃない?

と思う人もいるでしょう。

しかし、1回の婚活パーティーで会えるのはせいぜい20人です。合コンになると、4,5人とかです

その点マッチングアプリなら、どんなに地方にいても、大手のアプリなら200人くらいは再婚相手の候補を検索できますコスパの差は10倍です。

また、

じゃあ、友人の紹介ならタダで済むんじゃない?

という人もいるでしょう。

もちろん、友人から良い人を紹介してもらえたら、それに越したことはありません。

しかし、友人からいつ紹介してもらえるか分からないですし、友人側からすると、知り合いにシンママを紹介するのって、現実はなかなかハードルの高いことだったりします。

なので筆者からは、再婚を目指す上で友人からの紹介というのは、サブ的なポジションで考えておくことをオススメします。

マッチングアプリを利用しながら、「仮に友人から良い人を紹介してもらえたら会ってみる」みたいな感じで良いと思います。
 

③ 出会いの選択肢が多い

③ 出会いの選択肢が多い

シンママが再婚相手を探すときにマッチングアプリを勧める3つ目の理由は、「出会いの選択肢が圧倒的に多い」ことです。

先ほども触れましたが、基本的にオフラインの婚活サービスだと、対面で相手を知れるメリットはあるものの、頑張っても出会える人数はぜいぜい20人くらいです。

その点マッチングアプリだと、大手のアプリなら都市部だと2,000人くらい、地方だとどれだけ田舎でも200人くらいは、再婚相手の候補が見つかります。

シンママの再婚相手の選択肢が、10倍〜100倍にもなります。

これって、シンママの再婚相手探しには、すごく大きなことだと思います。なぜなら、シンママが将来の再婚相手を考えるときの判断基準は、当然「相手のことを好きかどうか」だけではないからです。

  • シンママとの出会いを希望しているか?
  • 結婚意識はあるか?
  • 子供も含めて、受け入れてくれる人か?
  • 誠実な人か?

など、いろんな部分が気になるはずです。

その場合に、再婚相手の候補がたくさんいた方が、自分にあった相手を見つけやすくなります。

なので、シンママにとって最適な相手を探すためにも、たくさんの選択肢があるマッチングアプリでの再婚活がオススメです。
 

以上、シンママが再婚を目指すときに、マッチングアプリが良い理由を3つご紹介しました。

しかし、それでもマッチングアプリに対するネガティブな意見は少なからずあると思います。

マッチングアプリってなんか怖い。。

登録したことあるけど、「シンママは出会いに飢えてるんでしょ?」みたいに思って、近づいてくる人が多かった。。

 
たしかにマッチングアプリには、遊び目的の人や悪質なユーザーも、残念ながら中にはいます。

しかし、悪質なユーザーが少ない、もしくは真面目な人とそうでない人を判別できるマッチングアプリをちゃんと選んでいれば、シンママにとって理想的な再婚相手を見つけることは可能です。

では具体的に、シンママが再婚を目指す時にオススメのマッチングアプリ、オススメしないマッチングアプリを、それぞれ紹介していきます。
 

シンママが再婚を目指す時にオススメしないマッチングアプリ

シンママが再婚を目指す時にオススメしないマッチングアプリ

シンママが再婚を目指す際に、オススメしないマッチングアプリはこちら。

  • 20代が多い
  • 恋活向け
  • 再婚向けのプロフィール項目が少ない
  • 独身、収入などの証明書の提出機能がない

順番に解説します。
 

① 20代が多い

20代が多いマッチングアプリだと、シンママにとっては出会いのハードルが高くなってしまうのでオススメしません。

やはり、ライバルが若くて初婚となると、シンママには厳しい状況です。また、異性の相手も同じ20代で初婚の相手を望んでいる場合が多いです。
 

② 恋活向け

恋活向けのマッチングアプリも、シンママが再婚目的で利用するには不向きです。

同じシンママでも、「結婚はもういいけど、単純に出会いがほしい」という人なら恋活向けでもアリです。しかし、再婚を目指すシンママなら、恋活向けアプリは避けた方が良いです。

シンママのマッチングアプリを使った口コミで、

体の関係だけで、捨てられた

出会った相手がヤリモクだった

という声は、たいてい恋活向けのマッチングアプリでよく聞かれるものだったりします。

そして悲しいことに、男性の中には「シンママは出会いに飢えているからヤレる。」と考えている人は少なからずいます
 

 
そういった男性は、婚活向けより、恋活向けのマッチングアプリに多くいる傾向があります。
 

③ 再婚向けのプロフィールが少ない

マッチングアプリのプロフィール項目に、再婚向け・シンママ向けのものが少ないアプリもオススメしません。

再婚向け・シンママ向けのプロフィール項目って何?というと、具体的には下のような項目のことです。

シンママ向けプロフィール項目
  • ギャンブルは好きか?
  • 引越しは可能か?
  • 共働きの希望は?
  • 自分の親との同居希望は?
  • 理想の結婚は?
  • 結婚で譲れないことは?
  • 結婚後、子供はほしいか?

    ※再婚.jpのみ(会員バツイチのみ)
  • 離婚理由は?
  • 前の結婚生活で学んだことは?
  • 養育費は?
  • 子供の年齢は?
  • 供の性別は?
  • 子供の性格は?
  • 次の結婚で相手に求めることは?

こういったプロフィール項目って、シンママが再婚相手を探す上で、

「相手の情報として知りたい」
「自分の情報として知っておいてほしい」

ことだったりするはずです。

それに、このようなプロフィール情報が事前にわかっていれば、出会った後に「先に聞いていればよかった」といったような、ミスマッチが少なくなります

また、相手もシンママの情報について知った上でマッチングすることになるので、理解者と出会いやすくなります

しかし、残念ながら20代が多い・恋活向けのアプリには、このようなプロフィール項目は用意されていません
 

④ 独身・収入証明の提出機能がない

マッチングアプリによっては、独身証明書や収入証明書を提出できる機能があります

証明書を提出していると、その人のプロフィールに「証明済み」というマークが入り、「あっ、この人はちゃんと独身なんだな」「高い年収になってるけど、本当なんだな」という判別ができます。

年収証明マーク

主に男性の既婚者や、ウソの年収を書いている人を見抜くために有効で、シンママにとっては再婚を目指す中で、不誠実な男性との出会いをシャットアウトすることができます

しかし、やはりこれも、20代が多い・恋活向けのマッチングアプリには機能がありません。
 

シンママが再婚を目指す時にオススメできるマッチングアプリ

シンママが再婚を目指す時にオススメできるマッチングアプリ

シンママが再婚を目指す時にオススメできるマッチングアプリは、オススメしないアプリの反対の特徴を持つものになります。

  • 30代以上が多い
  • 婚活向け
  • 再婚向けのプロフィール項目がある
  • 独身、収入などの証明書の提出機能がある

そして、これらを満たすオススメのマッチングアプリは下の3つです。

  • マリッシュ(marrish)
  • 再婚.jp
  • ユーブライド(youbride)

この3つのマッチングアプリで、シンママに特にメリットがある特徴は下のとおり。

マリッシュ(marrish)
  • 女性料金が無料
  • バツイチが多い(7割) → 初婚のライバルが少ない
  • リボン機能で、シンママの再婚に理解がある人を見つけやすい
再婚.jp
  • バツイチとの出会いを希望する人しかいない
  • いいね申し込み側が料金負担なので、無料で出会える
  • シンママが再婚で知りたいプロフィールが充実
ユーブライド(youbride)
  • 「相手に子供がいても気にしない」男性を検索できる

これらのマッチングアプリの詳しい機能・料金・口コミについては、下記の記事にまとめているので、ぜひご覧ください。
≫ 参考:【断言】シンママの出会いこそマッチングアプリ【オススメは3つ】

またその他、再婚意識はそこまで高くありませんが、下のマッチングサイトなんかもオススメです。

パートナーズ(partners)
  • 「相手に子供がいても気にしない」男性が多い

  

シンママにとってベストな再婚相手を見つけよう

シンママにとってベストな再婚相手を見つけよう

シンママが再婚を目指すとき、初婚のときのように「好きかどうか」「年収が高いかどうか」だけで相手を選べばいい、なんてことはありません。

まず第一に考えるべきことは、子供のことです。そして、シンママである自分と子供の両方にとって、ベストな再婚相手を探そうとすることが大切です。

そして、シンママが再婚するとステップファミリー(血の繋がりがない親子関係がある家族)になるわけですが、実際に幸せな家庭を築いている芸能人のステップファミリーから、相手を探す際のコツを学ぶことができます
≫参考:3人の女性芸能人のステップファミリーから学ぶ、シングルマザーの恋愛・子連れ再婚で大切なこと

 
今回は、そんなベストな相手を見つけやすい方法として、マッチングアプリでの再婚活と3つのオススメアプリをご紹介しました。

もし、ペアーズ(pairs)やOmiaiなどの20代が多い・恋活向けアプリを使ったことがあり、

「全然出会えなかった」
「ヤリモク被害にあった」

というシンママがいたら、それだけで「アプリでの再婚活がダメ」と決めつけるのではなく、ぜひ今回ご紹介したアプリで再チャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました